« 岐阜公園 2 板垣退助 | トップページ | 『たった一度の人生だから』 日野原重明 星野富弘 »

2014年4月14日 (月)

完成 我が家の工芸品 

0003 今日の文章は「ニュース」という分類です。

 なぜかと申しますと、器用でない私が大工道具を使って作品を完成できたからです。これは、我が家では大きなニュースなのです。塗装などの仕上げは家内です。 

 先日、近くの図書館に行きましたら、子どもたちのための読み聞かせの会が開かれていました。 長年、練習を重ねておられるグループが大型絵本などを子どもたちに読んでおられました。

 紙芝居もあり、内容も楽しかったのですが、そこで目にとまったのが、紙芝居の舞台です。持ち運びやすく、紙芝居を引き抜きやすいように工夫されていました。 お願いしてお借りし、早速その足で、材料を買いに行き、手本を見ながら作り上げたのがこの作品です。

 夫婦で音楽療法の訪問をするとき、紙芝居をすることがあり、以前から舞台があるといいなと思っていましたので、それを作ることができて喜んでおります。これをニュースと言わずして、何といいましょう。 

 家内は、この舞台にカーテンを付けたいと申しておりますが、さて、そんな難しいことができるでしょうか。 

 今日も、よい日となりますように。

|

« 岐阜公園 2 板垣退助 | トップページ | 『たった一度の人生だから』 日野原重明 星野富弘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完成 我が家の工芸品 :

« 岐阜公園 2 板垣退助 | トップページ | 『たった一度の人生だから』 日野原重明 星野富弘 »