« グレン・グールドに会いに行った熊本マリさん | トップページ | 地道な積み重ねの確かな成果 »

2014年4月 8日 (火)

フレッシュ

0003  今年度の初出勤途上で、入学式に向かう子どもと保護者の姿を見受けました。

桜も少し冷えた気温にめげず、さきわう感じで、一幅の絵を見る思いがいたしました。 

 岐阜大学も、4月7日が入学式・・・初々しい顔にたくさん会いました。

 フレッシュ ・・・ そうフレッシュな気持ちになりました。 フレッシュマンという言葉もありますが、考えてみますと、物理的な年齢はともあれ、誰でも心はフレッシュさを保つことが出来ます。

 「青春」というサミュエル・ウルマンの詩があり、ダークダックスが歌っています。およそ、こんな内容です。

 青春とは 人生の限られた時期を指すのでなく、心の在り方をいう。

 夢を持つことによって人は若々しく、夢を失うとき、人は老いる 

   教育学部への道は桜が、そして入り口には、Photo_3

この日のために準備をしてくださった方々の心のこもった花々が美しく咲いて迎えてくれています。 私も励みます。

 2014年度も始まったばかり、佳き春、そしてよき日々となりますように。

|

« グレン・グールドに会いに行った熊本マリさん | トップページ | 地道な積み重ねの確かな成果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュ:

« グレン・グールドに会いに行った熊本マリさん | トップページ | 地道な積み重ねの確かな成果 »