« 『金持ち脳と貧乏脳』 茂木健一郎 | トップページ | 岐阜公園 2 板垣退助 »

2014年4月12日 (土)

岐阜公園 1 句箱

0013_2  岐阜市の金華山一帯の岐阜公園を久しぶりに訪れました。 

 桜、松の木、池・・・池には、桜の花びらの花筏(はないかだ) ・・・ 広く、そして落ち着いた素敵な公園だと改めて思いました。  

 歴史博物館、昆虫博物館、ロープウエィ ・・・ そのロープエウィの乗り場近くに、訪れた人が俳句を投函できる句箱が設置されていました。

 この句箱は開けられて、岐阜新聞 0007_2

で紹介されます。 

 俳句といえば、芭蕉がこの地を訪れて詠んだ俳句の句碑が建てられています。 

 これからは緑が勢いを増し、金華山の名の由来となったツブラジイがその名の通り、黄金色に輝く季節を迎えます。

  気温がだいぶん上がるようになって来ました。花粉症の方には無理は申し上げられませんが、もし、機会がありましたら、訪れてくださいますように。

 今日も、よい日となりますように。

  明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

 

 

 

|

« 『金持ち脳と貧乏脳』 茂木健一郎 | トップページ | 岐阜公園 2 板垣退助 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜公園 1 句箱:

« 『金持ち脳と貧乏脳』 茂木健一郎 | トップページ | 岐阜公園 2 板垣退助 »