« 楽しいコンサート G5 | トップページ | 『でいごの花の下に』 池永 陽 »

2014年4月18日 (金)

音楽環境 

0002

 ムーミンパパの音楽鑑賞環境です。

  お借りしていた海外メーカー(今をときめくデンマークで製造されたもののようです)の素敵なスピーカーを三月末にお返しし、消費税の上がる前に、インターネットで下調べをして、これぞとねらいをつけたスピーカ-を仕入れました。

 スピーカーの評価は、海外製のものがインターネットで見ても高いのですが、その中に国産品を見直したとコメントされていた品物がありました。

 買いに出かけるときは、その実物に出会えたら嬉しいのだけれど、まずそんな調子には行かないだろうと思って、それでも胸を弾ませておりました。行き先は家電の量販店です。オーディオの専門ショップには、音質のよい、そして値段も私の思いよりゼロが三つ、時には四つも多いような海外製がならんでいますから、もし、足を運べば、あのライン川のローレライの歌声に呼び寄せられて、あわれ激流に呑まれる舟人になってしまう恐れが大いにありますから、近づかないように自戒しております。

 さて、K量販店のオーディオコーナーに行き、目を疑いました。あったのです。メモして置いた型番のスピーカーそのものが ・・・ しかも、インターネットで見ていた価格の半値ほどです。 はやる胸を落ち着かせて、店員さんに試聴の依頼をし、持参していた大好きなダークダックスのロシア民謡をかけてもらいました。 

 むむっ、いい音だけれど、左の音が聞こえてこない ・・・店員さんに申し出ると「すみません、こちら側のケーブルがしっかりつながっていませんでした」と、配線をし直してくれました。

 うーむ・・・気に入りました。 国産品を見直したとコメントされていた音 という先入観が私にはしっかりとありましたが、とにかくそれと同時に、なんと言ってもインターネットで下調べした価格の半分ほどですから、ますます気に入りました。 

 「これを買わせていただきます」と言うと、若い店員さんが箱、付属品を倉庫に探しに行きました。ダークダックス、そして持参の他のCDを聞きながら待つことしばし・・・「すみません、箱が見つからないので、コードは当店のケーブルをおつけします。展示品ですし、箱や説明書がないので、2割、引かせていただきます。」 

 おお、渋い顔をするともっと値引きされたかも知れませんが、正直な私は思わずにこり・・・ 今日から自前のスピーカーのオーナーになれる千載一遇の出会い ・・・ 車に運んでくれる店員さんもにこり 「長い間売れずにあったんです」 ・・・むむっ・・・、喜んでいいのでしょうね そのおかげで巡り会えて値打ちに購入できたのですから・・・。 

 スピーカーは、しばらくCDなどをかけて、エイジング・・・車でいうと慣らし運転をすると音がよく出るようになるとのことで、現在、その期間中です。でも最初から気に入っていますので、ますますよい音になってくれればと楽しんでいます。 

 写真は、CDの音をスピーカーから出しながら、ノートパソコンにあるダークダックスのレコードジャケットの写真を24インチのディスプレイに表示して雰囲気に浸っているところです。ノートパソコンの文字を見やすい大きさにするための環境をこんなことにも活用しています。

0004   スピーカーの下に専用のインシュレーターとかいう振動防止の物があるそうですが、百円ショップの消しゴムと堅い円形のゴムを組み合わせて、スピーカーを乗せてみました。

 効果があるかって・・・高価ではありませんが、多分、効果はあるのだと思います。そう思っているほうが気分もよいですし・・・ 

 あまり長時間聴きすぎないよう、そして音量も必要以上に大きくしないよう心がけ、長くつきあっていきたいと思います。

 個人の喜びに長くつきあっていただき、ありがとうございました。

 

 今日も、よい日となりますように。

0006

 

|

« 楽しいコンサート G5 | トップページ | 『でいごの花の下に』 池永 陽 »

コメント

すばらしいです!
おめでとうございます!

それにしても「エイジング」がいい意味で使われるのも なんだかうれしいものですね!

※ ムーミンパパより
 コメントありがとうございます。
 
  いい音楽にふれる時間をもつと、その時間も嬉しいですし、心がしなやかになっているのに後で気がつきます。大切にしたいと思います。

 ことばに新しい意味の広がりが加わるのも楽しいことですね。「人生をデザインする」とか、「年齢が加わると真昼の空には見られなかった麗しい星々が輝きを放ち始める」というような・・・

 きょうも、よい日となりますように。

投稿: kei | 2014年4月19日 (土) 00時42分

ムーミンパパが恋い焦がられておられたスピーカーと巡り会えた喜びがー杯のブログ、とても楽しく読ませていただきました!!何だか私までうれしくなりました・・・末長くムーミンママと楽しまれますように!!!!

※ ムーミンパパより  コメントをありがとうございます。

  食べ物に関しても雑食性の私ですので、音楽についても多種多様です。基本的にクラシック向けとか演歌向けとかいうことをスピーカーやアンプは言わないのではないかという意見がインターネットに出ていたので、私もそれに賛成です。とにかく、おおらかに幅広い音楽を楽しんで余生を暮らしたいと思います。 機会がありましたら、おいでくださいまし。音楽カフェの雰囲気で、ムーミンママとおもてなしさせていただきます。

  ムーミンママは、それらしいエプロンを作ろうかと、材料を検討し始めております。ハンドバッグは、小型のですが、手に入れました。・・・本物のムーミンママのハンドバッグの中身は謎めいていますけれど。

投稿: ひだ小町 | 2014年4月18日 (金) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽環境 :

« 楽しいコンサート G5 | トップページ | 『でいごの花の下に』 池永 陽 »