« 干し柿 | トップページ | 『ゼロから始める人の俳句の学校』 »

2014年5月27日 (火)

山の幸

00050004  敬愛するクリスチャンの先輩が招いてくださって、山菜採りを楽しませていただきました。

 みどりの中にすっくりと立つワラビ・・・おお、こうした光景にしっかりと向き合うのはいったい何年ぶりでしょう。

 ヨモギ、ミョウガ、ミツバ、サンショウ・・・あふれるほどの山の幸に感動している私の籠はスペースたっぷり、お招きくださったかたの籠はぎっしり・・・

 そんなに歓待していただいてよかったなあと羨望の的になるのは勇気が要るのですばらしいおもてなしのことは、とっておきの宝とさせていただきます。世の中には、お宝鑑定団には登場しないこうしたお宝がどれほど満ちていることでしょう。

 いただいた山菜の鮮度が保たれている内に、たとえばウドは、以下の写真のように食卓待ちとなりました。

山菜そのものも感謝ですが、恵みに満ちた自然の中に憩わせてくださったお心遣い、本当にありがとうございます。

今日もよい日となりますように。

0006

|

« 干し柿 | トップページ | 『ゼロから始める人の俳句の学校』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の幸:

« 干し柿 | トップページ | 『ゼロから始める人の俳句の学校』 »