« 青田と麦畑 | トップページ | 「台所の祈り」 »

2014年6月 4日 (水)

ムーミンパパ 家庭人として目覚める?!

 
 Photo
   ムーミン谷の住人は冬眠し、スナフキンは、その間、旅に出るようです。

  さて、このブログの執筆者のムーミンパパは冬眠こそしませんが、4月から社会人としての登板回数が少し少なくなって、その分、家庭人として目覚め始めたかも知れません。 ↑

どなたですか、冬眠はしないかもしれんけど一年中、寝ているんじゃないかって ← シーッ そんなことは言うものじゃありませぬ。武士の情け。 

 さて、ある晴れた日、「換気扇を取り外して掃除したから綺麗になったでしょ」と家内に言われて、うーむ、自分は何をしようと考えました。出窓に置いてあった電子レンジの置き場所を変えたら「わあ、明るくなった。このほうが断然いい」とのこと。これに気をよくして、流し台の上の棚の中身を取り出して棚板などを磨いてみました。

 これも好評だったので、今度は棚の取っ手をはずして新品に取り替えようかと提案しました。家内は、「油汚れが気になっていたけど、外してもらったので磨いてみる」と、クエン酸とか何とかを用いて、いそいそと・・・しばらくすると油汚れなどが落ちていました。  取っ手を取り付けると、先刻までとは、だいぶん見栄えが変わりました。「磨くまでは、綾小路きみまろさんじゃないけれど、あれから40年・・・という感じがしていたのが、とても綺麗になって気分がいい」とのこと。 

  あまり、喜んでもらえて、褒められて、うーん、これだけのことも今まで自分はしてこなかったのか、と反省の念がわいてきました。 

 長年、場所をふさいでいたものを少し片付けると認めてもらえるので、遅まき・・・とっても遅まきですけれど家庭人としての自分を育てていこうと心に決めました。

 今日という日、少しでも新しい自分に目覚めることが出来ますように。

|

« 青田と麦畑 | トップページ | 「台所の祈り」 »

コメント

私も目覚めました。
青田と麦畑の写真に感動し、「麦立てり 踏まれし跡を とどめずに」の句に深く己を反省させられ、色々学ぶ時をいただきました。
私も残る人生短くなりました。先生のように、まず身近で支えてくれた、家族を大切に、そのうえまだ、エネルギーが残っているようだったら、謙虚に何か私でできる範囲、(他人に迷惑をかけず)でお手伝いできたらいいな。と思いました。ここにたどりつくまで皆様の大きな愛をかんじています。

※ ムーミンパパより
 コメントありがとうございます。夢希さんは、すてきに歩んでこられていると本当に頭が下がります。
 どんなに大きな氷の塊も、零度より高いところに置き続ければ、必ず溶けます。

 ご自身の健康にも留意され、夜明けの太陽のように美しくのぼって光と熱を周りの方に注いでくださいますように。

  今日、岐阜大学管弦楽団の6月7日のコンサートのご案内を郵送しました。当日までの時間的ゆとりがあまりありませんが、もしお役に立てば幸いです。 それでは、また。

投稿: 夢希 | 2014年6月 4日 (水) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムーミンパパ 家庭人として目覚める?!:

« 青田と麦畑 | トップページ | 「台所の祈り」 »