« 発酵博士に教わった 納豆どんぶり | トップページ | 幸いなるかな 平和を作り出す人は »

2014年7月19日 (土)

『ディズニーの魔法のおそうじ』

0002  『ディズニーの魔法のお掃除』

 安孫子 薫 著
 小学館 101新書
2013年6月8日 初版 第1刷 発行
 著者は元東京ディズニーランドの運営部長、キッザニア東京の副支配人も務めた方だそうです。
 掃除のための掃除をするのでなく、お客さんに幸福感と安全を提供することを目的とする 汚れる前に美しくする ・・・ テーブルの上と床では、安全確保を優先して、床を先に綺麗にする 毎日が大掃除 初舞台
 などなど、印象的なことばがたくさん出てきます。
 ちなみに保ちたい美しさの基準は、「赤ちゃんがはいはいできる」だとのこと。
 
 働いているみんなが誇りをもって力を合わせて 子どもの喜ぶ世界を創造・維持して提供し続けている心意気と具体的にどんなことをしているかが記されています。
 「ファーストフード店のトレイの上に婚約指輪を置き忘れてしまった」・・・職員がさがすこと約1時間・・・およそ4トンのゴミの中からその指輪を発見し、ゲストにお渡しできた・・・  発見できてこそ「夢の国」と、必死だったことなどが書かれていて説得力があります。
 ♪「魔法使いの弟子」という曲がありますが、ほうきやモップなどに魔法をかけて働かせるのでなく、「座っていてはパークは綺麗にならない」という当然のことを全員で実行しているからこそ、、リピーター率およそ90%という他の追随を許さない実績が築き上げられてきたのだそうです。
 今日も、かけがえのない人生の初日のステージのような日となりますように。
 
明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

|

« 発酵博士に教わった 納豆どんぶり | トップページ | 幸いなるかな 平和を作り出す人は »

コメント

先週 教会のお掃除当番でした。最後に 講壇を拭こうとしたら いつついたのか 黒い筋状の傷が何本もついていました。
たぶん マイクのコードかなにかの上に 重い聖書卓をのせたまま 誰かが引きずってしまったのだろうと思います。
みんなが眼にする場所ではないため 見落とされていたのでしょう。ちょっとやそっとでは この汚れはとれそうにありませんでした。でも、しめらせた布をしばらくその汚れの上に置き、時間をかけて何回もこすっていたら、だんだん薄くなっていきました!
特別な塗料が落ちてしまわぬように、けれども 染みは取りたいと 手が痛くなりましたが 時間をかけていたら・・・なんと 不可能かと思っていた染みが綺麗にとれました!
びっくり!そして 大変な 心地良さが与えられました!
すっきり!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これは 快感!今 初めてムーミンパパに打ち明けましたが、こころ踊る素敵な秘密!(笑)そして、象徴として なにかの 教訓ともなりそうな出来事でした(おおげさ?笑) 掃除っていいものですね!(ふだんしないから はじめて気がついたのよ と どなたかがおっしゃりそ~)

※ ムーミンパパより  コメントありがとう。

 この達成感・充実感 かけがえのないものですね。天にも地にも大きな喜びが生まれた時間・・・ ちゃんと見ていてくださる方がおられます。 心と労力と時間を注いで整えられた礼拝堂でこの日曜日、礼拝をお捧げ出来ること、感謝ですね。

 休日の学校をボランティアで訪れてトイレ掃除をしておられる方々がおられます。大きな会社の社長さんたちもメンバーに何人かおられるようです。「見違えるように磨き上げたときの爽快感、手応えは、代えがたい喜び・・・」
 心を込めたお掃除には確かに何か大きなことが象徴されているように思います。

 今日もすてきな聖日、よい日となりますように (^J^)

投稿: kei | 2014年7月19日 (土) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ディズニーの魔法のおそうじ』:

« 発酵博士に教わった 納豆どんぶり | トップページ | 幸いなるかな 平和を作り出す人は »