« あるラジオで語られた「日本のおじさんへ」 | トップページ | 詩 「薪をくべよ」 »

2014年8月27日 (水)

目をつむる 見るべきものを見るために

 

深くふかく目を瞑(つむ)るなり 本当に吾らが見るべきものを見るため

  高木佳子(よしこ)さんの短歌集 『青雨記』 より
  高木さんは、福島県いわき市に暮らしておられるかただそうです。
 本当に見るべきもの ほんとうに聴くべきもの  あふれ、押し寄せるようなもののなかから、出会うべき大切なものを 見出すことができる今日となりますように。

|

« あるラジオで語られた「日本のおじさんへ」 | トップページ | 詩 「薪をくべよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目をつむる 見るべきものを見るために:

« あるラジオで語られた「日本のおじさんへ」 | トップページ | 詩 「薪をくべよ」 »