« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

『毎日がときめく片づけの魔法』

0001 『毎日がときめく片づけの魔法』

近藤麻理恵  著
サン・マーク出版
2014年1月10日 初版 発行
  整理好きの家内が書店でこの本に出会い、ゆっくり読みたいと申しましたので、誕生祝いにしようかなと思いました。 けれど、調べてみると、図書館にあり、借りることができました。
 整理のための本を購入して結果的に荷物が増えないように、ということもあったかもしれません。
 これは、整頓好きの家内用と思っていたのですが、ふっと手にとって開いてみましたら、著者は整理の方法だけでなく、生き方の哲学のようなところを大事にしている人なんだなと感じましたので、そのページから引用・紹介させていただきます。
 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆
片づけには,人生を変える力があります。
たんに、おうちが片づくだけではないのです。
いったい何が一番変わると思いますか?
仕事や恋愛がうまくいく人もいれば、結婚が決まる人や、やりたいことが見つかる人もいます。
でも、数ある片づけ効果の中で、何よりもすごいこと。
それは、自分のことが好きになれることです。
ときめくモノを残し、ときめかないモノを手放すことを通じて
「選択する力」「決断する力」「行動する力」が身につき、自分に自信ができるのです。
自分は何にときめき、何にときめかないのか。
その問いかけを繰り返す中で、一番大切なモノは何か、一番大切なことは何か、が見えてきます。
自分のことが好きになれると、気持ちに余裕ができ、毎日の暮らしを楽しみたくなります。
☆   ☆   ☆   ☆   ☆
 表紙の見返しにこう書いてあります。
断言します。誰だって「理想の暮らし」を送ることができるのです。
 おことわりしておきますが、私、ムーミン・パパが言っているのではなく、親しみを込めて「こんまり」と呼ばれている著者が、元気いっぱい、ときめきを感じながら語っていることです。
 よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

『夢をさがし続けよう スティーブ・ジョブズ』 その2

 関心のある方は、ご自分でお読みになるでしょうから、この本の中で、いいなぁと感じたジョブズの言葉をいくつか、列挙させていただきます。

 ・自分の心にないものは、人の心に響かせられない
  ジョブズは、プレゼンテーションの達人としてしられています。けれど、大変な時間をかけてそれを準備、練習していたことを知る人は,それに付き合わされたごく一部の社員だけでした。
 ・わかってほしいのなら、わかるように話すことだ
 ・ 一番我慢ならない時が、一番我慢しなきゃならない時
 ・立ち直るには、顔を上げて、未来を見るんだ
 ・できない言い訳を考える時間に、出来る方法を考えよう
 ・自分と違うタイプの友人を持とう。
 ・勉強が出来る人よりも。努力のできる人と組もう
 ・君の生き方は、人に見えないところで試される
 こんな文がこの章にあります。
 あるエンジニアがジョブズに言いました。「プリント基板がどう見えるかなんてだれが気にするんですか? 大事なのはどれだけうまく動作するかってことでしょう」
 もっともな疑問でした。しかし、ジョブズはこう言ったのです。
「ぼくが見るんだよ。ボクはたとえ箱の中に入っているものでも、可能な限り美しくあって欲しいんだ。すぐれた大工はキャビネットの裏に使うからといって、質の悪い木を選んだりしないものさ」
 ・模倣するほうが楽かもしれない。でも、世界はよくならない。 人の考えをコピー・ペースとしても、自分の頭はよくならない。
 ・「ダメだった」で終わるな。「ダメだったけど」とまた始めよう
 ・父が自分にしてくれたように、自分も子どもにしてあげたい
 
 いかがでしょうか。
 2011年10月にジョブズが亡くなったとき、オバマ大統領までもが追悼のメッセージを出しました。 ジョブズは、あの発明王エジソンと並び称されていたそうです。
 
 アップル社の多くの社員がジョブズにこう問いかけられたそうです。
 今日が人生最後の日だったら ・・・・それでも君は まずそれをやりたいと思うのかい?
 ジョブズ自身、いつも自分自身にそう問いかけて、何が優先事項かを決断して選び取って日々を歩んでいたそうです。
 さて、今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

『夢をさがし続けよう スティーブ・ジョブズ』

Photo 『夢をさがし続けよう スティーブ・ジョブズ』

桑原晃弥(くわばら てるや) 著
PHP研究所 2013年1月7日 第1版第1刷 発行
 アップルという会社を創業し、マッキントッシュ(愛称マック)というパソコンとその関連のソフトを世に出し、iPod・ iPhone・ iPad などをつくり、世界に大きな影響を与えたといわれるのが、スティーブ・ジョブズという人です。
 もうひとりのスティーブ、スティーブ・ウオズニアックと組んで、ガレージから会社を立ち上げたことも,よく知られています。
 その友だちと別れたいきさつが、聞くところによるとあまりいい印象のものではなかったので、ジョブズのことを好きになれないでいました。
 けれど、彼は2011年に56歳で多くの人に惜しまれながら亡くなっていますし、「友情のマック」というイメージが私の中でこわれたのも、ひょっとすると彼の成功をねたんだ悪質な噂だったのかも知れないと彼に対する評価を私は変えつつあります。
 若いときに、マックを購入して,しばらく使ったことがある私が再びマックを買うかどうかはまだ自分にも分かりませんけれども。
 前置きが長くなりました。すみません。
 さて、この本の著者は、ジョブズに惹かれ、持ち上げすぎているところもあるかも知れませんが、ジョブズの残した業績、前向きの生き方、ことばを端的に、たくさん記しています。
 ジョブズは個性の強い人で、アップルの発展のために彼自身が口説いて会社に入ってもらった人に自分の作った会社から追い出されたこともあります。
 けれど、ショックを受けながらもめげないで、創業したピクサーという会社からアニメ映画、「トイ・ストーリー」などをヒットさせました。後にピクサーは、ディズニーに買収され、ジョブズはディズニーの筆頭株主になりました。簡単には,めげない人なのですね。
 次回は、この本からジョブズの言葉をいくつか紹介させていただきますね。
 今日も、よい日となりますように。 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

『ベートーヴェンの日記』

0002  『ベートーヴェンの日記』

メイナード・ソロモン 編

青木やよひ・久松重光 訳

岩波書店 2001年10月12日 第1刷 発行

 ベートーヴェンは1812年、42歳ころから時折,日記を付けていたそうです。原本は失われていますが、グレーファー写本に基づいてこの本は書かれています。

 ベートーヴェン本人には、日記を発表する意志は毛頭なかったとのこと。

 それで、二箇所だけ、本書から引用させていただくにとどめます。

 朝5時半から朝食まではいつも勉強すること

 この一文からも、ベートーヴェンの真摯な生き方が感じられますね。

◇ 子どもは杓子定規な学校などにいると、千もの美しい瞬間が消え失せてしまう、一方家庭で優れた両親と一緒にいれば、最晩年までも残る魂のこもった豊かな記憶を受け取ることができる。

 これは、おそらく何かの本からの引用文らしいのですが、甥のカールをジャンナタジオという学院から退学させようと計画した1817年ころ,日記に書かれているようです。 

 甥のカールの養育・教育には苦労しつつ、誠実に取り組んだベートーヴェン、そのベートーヴェンの教育観がうかがわれ、粛然とした思いになります。

 今日も、よい日となりますように。 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださると、神様が喜んでくださいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

『はじめての看護実習 基礎からステップアップ 看護 コミュニケーション』

Photo 『はじめての看護実習 基礎からステップアップ 看護コミュニケーション』

高橋清美 編著
へるす出版 2014年2月1日 
第1版 第1刷 発行
 1946年生まれの私が今、看護師を目指している ・・・ のではありませんが、仕事とするかどうかは別として、看護を受ける人の身になってコミュニケーションを成立できることは、どのかたにとっても意味のあることではないでしょうか。
 そう考えて、岐阜県立図書館の新着図書コーナーにこの本があるのを見た私は借りてきてしまいました。
 できるだけ早めに返却したいと思っています。
0002 画像をクリックすると少し大きくなるかと思います。
 看護師さんだけでなく、一般化できる面が含まれていると思います。
 出典を明らかにしていますので、あと二つ、引用・掲示させていただきます。おゆるしください。
 いかがでしょうか。特に意識することなく、こうした配慮が出来ている方もいらっしゃると思います。
 スキルかもしれませんが、それが生きるかどうかは,心にかかっていると思います。
 教育実習生の場合にも、4枚目の画像の内容は,大切なことだと思います。
 多くの図、分かりやすい記述に学ばせていただきました。 ありがとうございます。
0004 0005 私と家内の場合も今は、幸い健康ですが、将来的に老老介護という場面もでてくるかもしれません。 参考にさせていただきます。
 今日も、よい日となりますように。

続きを読む "『はじめての看護実習 基礎からステップアップ 看護 コミュニケーション』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

『ピアノの森』 第24巻

24  『ピアノの森』 第24巻

一色まこと 著
講談社 2014年5月23日 第1刷 発行
 いよいよ、ショパン・コンクール本選で主人公 市ノ瀬 海(かい) がショパンのピアノ協奏曲第一番を弾き始めました。
 ところが、突然、会場の照明が消えました。 ワルシャワ・フィルは一瞬戸惑います。何しろ、指揮者が見えないのですから・・・。
 けれど、カイのピアノにリードされて、管弦楽団は演奏を続け、聴衆も動揺を収めて、闇の中で聴き入ります。
 さあ、カイのピアノはオーケストラを、そして聴衆をどこへ連れて行くのでしょうか。
 テレビの料理番組を見ていても,出来上がった料理を視聴者は、それを食べることは出来ません、ひとくちも。けれど、作り手のことば、アナウンサーのことばと料理の映像を通して、実際にその料理を味わったような感じになります。
 このコミックを読んでいても実際の演奏を聴くことは出来ません。レコードやCDではないのですから。
 ところが、筆の力、台詞の力によって、聴こえてくる世界に身をおいているような状態に導かれるのです。素晴らしい音楽が展開されます。  作品の力とそれによって引き出されるイマジネーションの世界 いずれも、すごいと思います。
  入れ込みすぎでしょうか。
 それはそれとして、今日もよい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

サワコの朝  指揮者 佐渡裕さん

 土曜日の朝、サワコの朝という番組に佐渡 裕(さど ゆたか)さんが登場しました。

  特に心を打たれたのは、2011年3月11日に日本に大震災が起きて4日後ほどに、佐渡裕さんにドイツのケルンとデュッセルドルフのオーケストラが、大きな災害の起こった日本の人のためにベートーヴェンの第九を演奏したい、その指揮をして欲しいと連絡が入ったとのお話です。
  その演奏会は2011年3月26日に開かれ、佐渡さんはクライマックスでは祈りを捧げる形で指揮をされていました。
 音楽は今を一緒に生きているあかし、人の歌声は一番身近な音楽 母親の子守歌がおそらく最初に出会った音楽 という言葉が胸に残りました。
 芸術の秋 ・・・9月21日夜のBS放送「日本の歌」も粒ぞろいの渾身の歌が聴かれたように思います。
 こうした感動を音楽療法の時間にご一緒に創り出せたらと強く思いました。
 今日も、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

期待ふくらむ コーヒー豆

 マリア・カフェのドリンクは、紅茶、コーヒー、緑茶など。もうしばらくはゴーヤジュースもございます。いつも備えがあるわけではありませんけれど、新しいコーヒー豆は、お湯を注ぐとふくらむのですね。

Photo_4
 コーヒーに詳しい方々には常識なのかと思いますが、そんなことを新鮮に学びながら歩んでおります。 機会がありましたらどうぞ。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

マリア・カフェへの小道

 アルファベットタイルのほかに、家内はレンガと黒板で、こんな小道をこしらえました。

Photo_3
 実際に開店しているわけではありませんけれど、友人・知人の方は、連絡くだされば日時をお約束して、ご一緒にティータイムをすごさせていただきます。
 生活の中に、ささやかながら、心が温まるやすらぎのときを作り出せたら、と願っています。
 朝夕は,少し肌寒いときもありますが、すごしやすい季節になってきましたね。
 今日も、よい日となりますように。

続きを読む "マリア・カフェへの小道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

プロの手作り  アルファベットタイル

 家内が友人とのティータイムを楽しむ自称 マリア・カフェ、 おしゃれなアルファベットのタイルを入手したいとのリクエストに応えて、さがしますと・・・ありました、ありました。

Photo
 注文して、短期日で届いたタイルを家内は喜んでいろいろにレイアウト ・・・写真はケーキ型の中の「MARIA」 白色セットです。
 実は、私の思い込みで、あんなに固いタイルを切り抜くのは大変だなぁ、よっぽど腕力の強い人に違いない、と恐れ入っていたのです。
 けれど、やがて、タイルを焼く前の粘土の状態で切り抜くことが判明して、なあるほど、何と頭のよい方法だと,感じ入りました。
 えっ、普通そうだろう、ですって ・・・あっ、私と一緒に感動してくださっているかたもおられますね。ああ、あなたは優しい方です。ありがとうございます。
 白色セットの他に、配色をおまかせのミックスセットもお願いしました。これが、またすてきPhoto_2 なのです。いかがでしょうか。
 一緒に写っている十字架は、今小学3年生の孫娘が幼稚園時代に作ったクラフトです。
 すてきなセンスのアルファベットタイルを私も欲しいという方は、下記のURLへどうぞ。
http://hacorieten.cart.fc2.com/ca6/15/p-r6-s/
ハコリエ というお店です。
 ちなみに、費用は、大きいタイル MARIA 2セットで
100円 × 10枚 = 1000円
送料が 定形外郵便で 140円でした。
支払いは、郵便振り込みで振込料金は、こちらもち。
 よろしかったら、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

葡萄 ブドウ

0003  NHKの朝のドラマ ・・・連続テレビ小説というのでしょうか。「花子とアン」も27日に完結だそうです。 戦争が終わり、甲府の家に、あにやんが戻ってきて、お父からぶどう酒の作り方を習うことに・・・

 写真は、甲府ではなく、岐阜市の長良川沿いのぶどう園を撮らせていただいたものです。 商品として出まわるものか、そうではないのかを尋ねそびれましたが、豊かな実がたくさんなっておりました。
 深まる秋 ・・・ 柿・栗もそれらしい感じになりつつあります。
 私の学びも熟しつつあるのでしょうか。それはどなたかにお聞きしても返事にお困りになりますよね。
 えーっ、話題転換。 よろずによろしいさわやかな秋がきたように思われます。
 できるだけ、健やかで、いろいろなことをいたしましょう。
 さしあたって、秋の味覚を満喫したいのですが、体重と相談しながらにいたします。 それと、読書に励んで、昼間、眠たくなることがあります。 気をつけます。
 今日も、よい日となりますように。 明日は日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

『無鹿』

0002_3 『無鹿』

遠藤周作 著
文藝春秋社 1997年5月30日 第1刷
 書名の無鹿に目がとまってこの本を手にしました。 無鹿(むしか)は地名で、大分県延岡駅前からバスで行けるところのようです。
 NHKの大河ドラマに、西郷隆盛と官軍が決戦したところとして登場したこともあるとのこと。
 無鹿は、音楽を表すラテン語のムジカから、キリシタン大名、大友宗麟が築こうとした理想郷に付けた名前だそうです。
、英語でミュージックですね。
 おそらく日本人として初めて西洋音楽を聴いたのが大友宗麟で、豊後の府内(現在の大分市)に宣教師トルレスや修道士アルメイダたちが建てた教会を永禄5年に訪れたときのことと記されています。数人の少年のヴィオラ演奏だったようです。永禄5年を調べてみますと1562年でした。シェイクスピアが生まれたのが1564年だそうです。
 その音楽の美しさに感銘を覚え、ムジカという言葉も大友宗麟の心に刻まれたのが、後の理想郷の命名につながったと、この書には書かれています。
 一度訪れてみたい地名ですが、大友宗麟は薩摩の島津軍に敗退し、理想郷の夢もむなしくなってしまったので、現在の無鹿は本当にここがそうかと思われるほど素朴なところのようです。地名の由来だけを覚えておくほうがよいかもしれませんね。
 今日も,よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

考える人 美しい環境の中で

Photo  教育の世界でも実りの秋が展開しています。綺麗な花たち、その右奥に・・・そうです、考える人がたたずんでおります。

 体育大会の練習が重ねられている高山市の中学校の校庭 ・・・ けれど、ごらんのとおり、美しい環境が保たれ、考える人の思索も深まっているのが感じられます。
 こうした環境の中で、学ばせていただける教育学部の実習生たちの幸せを改めて思います。
 校庭には、全力疾走で集合し、きびきびと開会式の練習に臨む生徒たち、それを指導する先生方、実習生の姿がありました。
 私も、心身の引き締まる思いでした。 ありがとうございます。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

和菓子の魅力

0001_2  朝な夕なに涼やかな風がわたるようになって、実りの秋、進行中。

 さて、いただきました栗で家内が和菓子を作りました。えーと、どこかの国にこのお菓子によく似た名前の人、大統領がおられましたね。・・・ すみません、こんな古いギャグネタで ・・・ お菓子の名前はクリキントン。みどり色の葉は練った抹茶で作られています。
 栗をくださった方のお話によりますと、栗林にはイノシシが栗を食べた後に栗の皮が残されているそうです。
 あのいかついイノシシがどんな表情で皮をきれいに剥いて栗を食べているのかを想像すると ・・・ 何とも言えない気がいたします。  そうしたイノシシの害をも乗り越えて、たくさんの栗をくださって、ほんとうにありがとうございます。
 先日の新聞で、今年はドングリが極端に少なく、食料を得られないクマが山里にたくさん降りてくることが予測されると報じられていました。
 うーむ、どんな対策を講じたらよいのでしょう。 食料があれば、クマもわざわざ降りて来なくてもよくなることは、はっきりしていますよね。
 今日も、よい日となりますように。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

錦織 圭 選手 と音韻法則 その2

 お待たせいたしました。 母音が省略されるときの法則 解明の日です。 ← もったいぶって、すみません。

  歌う前の発声練習で 「ア エ イ オ ウ 」 「ウ オ イ エ ア 」と歌われた経験をお持ちの方は多いのではないかと思います。
「ア エ イ オ ウ」 は、発音するときに一番大きく口を開ける 「ア」を先頭にして、一番口の開け方が小さくなる「ウ」 まで を 口の開け方の大きい順に並べられています。不等号で表すと
 A > E > I > O > U
 母音が省略できるときは、直前の母音と省略される母音の口の大きさが > か = の時です。
 ANATA  → ANTA   これは、A = A で後のほうのAが省略されたのです。
 SONATA が SONTA にならないのは、 直前の母音が O で O < A という関係だからです。
 さて、肝心の  NISHIKIORI  →  NISHIKORI  は I = I  ということで、この法則に当てはまります。
 おもしろいことに、これは母音の数などが異なる外国語でも、今のところ、例外なしにあてはまるので「音韻法則に例外なし」と言われているそうです。
 実は、私の学生時代の恩師が、このことを講義で教えてくださったのです。
 ・・・この方は,方言学の大家で、あの松本清張の『砂の器』で東北弁に聞こえた会話が、東北以外の地では、こういうところの言葉だと刑事に示唆する役割で登場しています。
 国語っておもしろいな、と目を開いていただいた講義でしたので、二回にわたって書かせていただきました。 ここまでおつきあいいただいてありがとうございます。
 お近くの地名、人名などでお確かめくださり、そし例外がありましたら、大発見としてお教えくだされば幸いです。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

錦織 圭 選手 と音韻法則

0001  テニスの全米オープン男子シングルスで準優勝した錦織 圭 選手・・・お祝い申し上げます。テニスの四大大会で日本人初の快挙・・・すごいですね。

 スポーツ界での栄誉を称えつつ、さて、今日は、その苗字の読み方について国語的考察を ・・・ 「錦織」は普通に読めば「にしきおり」ですね。 でも、今回多くの方に広まったように「にしこり」と読みます。

 このことを素材にさせていただいて母音の省略されるときの法則をお話ししたいと思います。説明の都合上、ローマ字を登場させていただきます。

 にしきおり     にしこり

 NISHIKIORI → NISHIKORI 省略されたのは、「I」という母音です。

 こういうことは、実は、たとえば、「あなた」→「あんた」 というときにも起こっているのです。

           あなた      あんた

 ローマ字で、  ANATA  →  ANTA

 でも、ちょっとお待ちください。「あなた」とよく似た「そなた」は、「そんた」とはなりませんね。 「SONATA」 は{SONTA」 にならない。

 母音が省略されるときには、法則があるのです。 気を持たせてすみませんが、解説は明日、ということにさせていただきます。 その間に法則を見つけ出すかたがおありかもしれませんね。 それは、素晴らしいことです。

 今日もよい日となりますように。

 ※ 錦織選手の写真は2014年9月14日(日)岐阜新聞朝刊から引用させていただきました。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

実りの秋 来たる

Photo  日中は気温が上がりますが、夕方から明け方にかけて、涼しいというよりはちょっと寒いほどの感じの岐阜市です。

 ゴーヤの花は、咲いていますが一時のような勢いは薄れ、写真のゴーヤジュースは、冷凍しておいたゴーヤとバナナから作りました。 ← 家内がです。
 岐阜市内の小学校を訪問していて、枝になっている実を見つけました。飛騨育ちの私には懐かしい光景・・・ナツメです。
 もう少し,実が赤くなってくると見やすいのですが・・・
 成長期にこのナツメを食べると花粉症にならないという説を聞いたことがあり、私はそれに該当していますので、今のところ、あたっているかもしれないと思っています。
 このままいけるといいのですが・・・ ちなみに我が家で花粉症になっていないのは私だけです。
棗の実(なつめのみ) Photo_2
棗(なつめ) 青棗(あおなつめ《あをなつめ》)
 
「秋-植物」の季語
棗はクロウメモドキ科の落葉樹で、実は二~三センチの楕円形。秋に紅熟したものを砂糖漬けや生で食べ、乾かして薬用にする。中国北部原産。茶道具の棗はこの実の形からついた名。
 
よもすがら鼠のかつぐ棗かな 暁台
棗盛る古き藍絵のよき小鉢 杉田久女
ふるさとや昨日は棗ふところに 長谷川双魚
朝風の棗はひかるばかりなり 川島彷徨子
なつめの実青空のまま忘れらる 友岡子郷
合本 俳句歳時記 第四版  (C) 株式会社角川学芸出版 2008
 ナツメだけでなく、いろいろな実が実り始めていますね。 コオロギの声も聞かれるようになってきました。
 今日も、よい日となりますように。 
日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

ピアニスト 小山実稚恵さん

0002_2  「マイ・ベスト・アーティスト 小山実稚恵(ピアノ)」は、私のお気に入りのCDです。

 ショパンのノクターン変ホ長調・シューマンのトロイメライ・ドビュッシーの月の光などなど、何度繰り返して聴いても、飽きないのです。どうしてだろうと考えてみました。
 1982年のチャイコフスキー国際コンクール、1985年ショパン国際コンクールでいずれも上位入賞ということ・・・豊かな音楽性、確かな技術の持ち主ということでしょうか。
 仙台に生まれ、盛岡市育ち・・・3.11の震災当日は北海道の函館で公演に備えていたけれど、中止、翌日の八戸、翌々日の盛岡公演も中止・・・東京への帰途、飛行機から見えたふるさとは、明かりが消えて不安になるような闇。 
  惨状が分かってくるにつれて、自分は音楽を好きで、こんなに素晴らしいものはないと思っていたのだが、この震災の時に何て役に立たないのだろうと無力感に襲われたとのこと。  
 けれど、、やっぱり音楽は自分にとってかけがえのないもの、そしてピアノを弾くことで被災地の人たちに希望と勇気を与えることができるならというメッセージをふるさとの新聞に送り,被災地への訪問演奏会が開始されました。
 震災から2か月後、釜石市と宮古市の小学校での演奏会 ・・・こんな時にドレスなんてまずいと思い、両校の校長にどんな服装がいいですかと尋ねると「一番派手で、一番きれいなドレスを着てきてほしい」という答えがそろって返ってきたそうです。


 それを聞いて、私は何も分かっていなかったと思った。子どもたちが、わぁーっと喜ぶのが一番うれしいと言われて、よく分かりました。そこの場に行って、同化したように同情したって意味がない。ともかく楽しいこととか、きれいなこととか、うれしいこととか、それをするのが音楽の一番の力だなっと思った。それによって、自分の中でもすごく変わりました。

 「僕たちも頑張っているので、小山さんも頑張ってください」 演奏後の感想文に、そういう言葉が多い。その心を思うと切なくなりますね。でも、子どもたちはほんとうに頑張っているのだろうと思います。
 本日のブログは、かなりの部分を2014年4月9日 岐阜新聞朝刊 より 引用させていただきました。ありがとうございます。
 最初の問いの答えが 私の心に浮かんできました。
 音楽を心から好きで、一つ一つの曲を心から好きで,、聴き手にも最高の姿で届けてその曲を好きになってもらいたいという祈りを込めて弾いておられるからだ と思います。
 ここまでお読みいただいてありがとうございます。
 
 今日も、よい日となりますように。
 
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

指揮者 カラヤンが 小澤征爾に語ったこと

 小澤征爾さんの『ボクの音楽武者修行』にこんな一節を見つけました。

 若き日の小澤さんは、パリで3週間勉強し、働き、ベルリンで1週間カラヤンのレッスンを(オーケストラ付きで !)受けるという生活をアメリカに引っ越すまでの期間続けたそうです。
 そのころのカラヤンの教えです。
 シベリウスやブルックナーのように,今まであまり日本人には縁のない作曲家のものと取り組むときにはその作家の伝記を読むのがいい。なお、ひまと金があれば、その人の生まれた国、育った町をぶらつくのがいい。そうして音楽以前のものに直接触れて来い。
 うーむ、こう語ったのは、カラヤン自身がそうしていたということでありましょう。
  私も、音楽だけでなく、心惹かれる詩人や感動した作品の生まれた地、風土に身をおいて呼吸してみたくなりました。 言葉という葉の幹や根っこ、その樹の生い育った土壌、大地をまるごと感じとることと同じように・・・・・。
 今日も、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

歌人 安立スハルさん

 まだ実感はわいてこないのですが、ともかくも芸術の秋到来ということで、今日も歌人のことを。

 安立(あんりゅう)スハルさん ・・・ 京都に生まれ、後に岡山に暮らす。宮柊二さん、吉野秀雄さんを尊敬。
七十のわれより九十二の母の手が迅速にそら豆をむく
七十二が九十三を介護する急ぐなよ階段を踏みはづすなよ
七十四となりたる今も欲しきものの一つにて天体望遠鏡あり
七十五が九十六を介護するかくありて無事に生き延ぶるらし
一刻も無駄には出来ぬはずのわれ小鳥屋に鳥を見てゐたりする
若き日に読みし本よりいただきし種がいまごろ芽を吹けるらし
オリーブをかがやかせつつ吹く風はこの夏山を吹きのぼりゆく
花にあらず鳥にもあらず人間のかたちいただく不思議を生きる
したくないことはしないと心決まり身内ほとほと和らぎわたりけり
死んでのち五十年ほどたつたころのこる歌一首あらば幸せ
 ☆  □  ◇  ○  ※  ○  ◇  □  ☆
 どこか、サザエさんの作者、長谷川町子さんと通う作風、お人柄を感じます。
 おりにふれて,読み親しみたい歌人です。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

歌人 小島ゆかりさん

 テレビ、NHK短歌の毎月第一週の選者でもある歌人、小島ゆかりさんの歌を二首。

みどりごはまだわれのもの 風の日の外出(そとで)にあかき帽子をかぶす
                       小島ゆかり歌集『水陽炎』より
われを出でてもっとも遠くゆく者よ 五月の朝の紺の制服
 自立とは、自分にもっとも身近な者からの隔絶ということばを読んだことがあります。テレビでは笑顔を絶やさず、優しさ、明るさいっぱいの小島ゆかりさんの内に揺るがずピシッと貫かれている子育ての覚悟が愛情深く伝わってくる想いがいたします。
 第一首に続いて詠まれている歌も紹介させていただきます。
 みどり児がわれを見分けて笑まひし日 天(そら)よりしきり木の葉降り来る
 うーむ ・・・ このみどり児だったお嬢さん、今は成長されて歌人だそうです。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

トランペッター ニニ・ロッソ

0002  イタリアのトリノ生まれのトランペッター、ニニ・ロッソのCDを聴きながら、このブログを書いています。

 明るい曲は底抜けに明るく、「夜空のトランペット」や「夕焼けのトランペット」などは、果てしなくもの悲しく ・・・ 日本にも数多くのフアンがいますね。
 私は、謙遜でなく上手ではないトランペッターでした。でも、トランペット、そしてトランペッターに今もあこがれをいだいています。
 トランペットとの出逢いは、牧師だった父が多分、天幕伝道と呼ばれていた大きなテントを町の広場に張って、タンバリンや太鼓を叩きながら讃美歌を歌って町の中を歩き、それに興味を覚えてついてきた人たちをテントに入れて聖書の話をする伝道のために、トランペットを購入したことです。
 私が小学6年の運動会の時、PTAのかたたちが即席のブラスバンドで応援の曲を演奏してくれていたのですが、その中にトランペットを吹き鳴らす父の姿がありました。
  ちなみに私とピアノの出逢いは、小学校に上がる前の私に食事中、父が何かを話しかけ、もぐもぐしていた私は何のことか聞きもらしたのですが、とにかく返事をと思って「はい」と答えたのがピアノを習いに行くきっかけとなったのでした。
 父は、私が大学1年生の冬に51歳で天に召されましたが、読書好きになる道やクリスチャンになる道、楽器への道など、いろいろ手引きしてくれたのだな、と今、改めて感謝とともに思い返しています。
 トランペットの支払いや、ピアノ教室への往復、手を引いたり、当時は3本10円だったみだらし団子を練習帰りに買ってくれたりしたのは現在93歳の母親が苦労をいとわずにしてくれたのですけれど ・・・ これも、感謝です。
 
 同窓会の影響でしょうか、懐古調のブログとなりました。ここまでおつきあいくださいまして、ありがとうございます。
 さて、今日も,よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

同窓会

 ふるさと、高山に来ています。(日曜日の夜に、卒業した中学校の学年同窓会 ・・・ 実は、それに出かける前にこのブログを書いているのですけれど。)

 住んでいる岐阜からそれほど遠いわけではありませんが、定年退職前は、勤務との関わりやなんやかやで、同窓会の案内をもらっても,あまり出席していませんでした。
 ところが、ある年の同窓会通知は、今年は出てみようかな,という気にさせる文面でした。あのとき、「言葉には人を動かす力がある」ということを実感したのです。
 何と書いてあったか ・・・・。 こうです 「あと何回お目にかかれるでしょうか」 まいりました。 それから、何回目にかは「最後の同窓会になると思います」・・・ これにも出席いたしましたら、不思議なことに、その会の結びには「次回の幹事が決まりました」 ・・・ うーむ、同窓生には、すばらしい知恵者 ・・・軍師のつとまるような人がいるようです。
 ここだけの話ですが ・・・ 不思議なことに中学時代に憎からず思った人は、年数を経て対面しても、それなりに ・・・ それで、川柳まがいの五七五を作りました。
 同窓会 むかしの 彼女に 会いに行く 
 いえいえ、これでは、家内に出会う前の人といっても気が引けますね。
 それで、 同窓会 むかしの 自分に 会いに行く   と改作しました。
 いえ、どこにも発表する気も、そしてよくテレビドラマにあるような展開もありませんが、同窓会ってよいものですね。快く世話をしてくれる幹事の方々、ありがとうございます。
  私たちが卒業する年度に学校の名前が変わりましたので、この同窓会は、高山市立松倉中学校最初の卒業生の同窓会ということになります。 よき師、よき友に恵まれた中学時代です。
  これを書いているときには、まだ始まっていませんが、読んでいただくときには終わっていることになります。 不思議ですね。
 ややこしいことを書きました。 言わぬが花 という言葉を思い出しましたけれど・・・。お読みいただいているあなたの同窓会は、いかがでしょうか。
 今日も、よい日となりますように。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

ムーミンパパ・ムーミンママ

Photo  先日、生地を入手したとこのブログで書きましたムーミンママのエプロンが出来上がりました。

 今度の活動からこれを登場させていただきます。
 ムーミンママのハンドバッグには何が入っているのでしょうね。 テレビで一度,その一部が登場していたような気がするのですが、なかなかの中身だったように思います。
 えっ、どら焼きも入っているかって ・・・フィンランドのムーミン谷にどら焼き、それではドラえもんになってしまうような ・・・
 まあ、お楽しみということで (^J^)
 お目にかかりましょうね、いつの日か
今日も、よい日となりますように。  日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

『ボクの音楽武者修行』 小澤征爾 著

0001_3 『ボクの音楽武者修行』

小澤征爾 著
新潮文庫 昭和55年 7月25日 発行
平成14年11月20日 31刷 改版 
平成19年6月10日 41刷
 この本の原本は音楽之友社から昭和37年4月に刊行されたもので、私は高校時代に音楽に詳しい友だちからその本を借りて読んだのでした。
 この本に書かれている小澤さんは24歳、若々しいエネルギーと冒険心に満ちていて、貨物船で60日あまりの船旅をし、その後、日の丸を立てたスクーターでパリに到着。
 ブザンソン国際指揮者コンクールで入賞1位を果たしたのがきっかけで世界の小澤への道が開かれていきます。
 豊臣秀吉が、木下藤吉郎時代に書いた自伝のようなもの というと語弊があるでしょうか。
 体調が悪くなって医者に行くと、「パリの毒気に当てられたらしい。さっそくパリから逃げるんだなぁ」と、しゃれた診断。お金がないと答えると、頭が冷やせてただでめしを食わして泊めてくれる」とノルマンディの修道院に紹介状を書いてくれたそうです。
 ここだけの話ですが、家内は修道院にあこがれていて、もし、今もこんなふうに泊めてもらえるのなら,すぐにも出かけてしまいそうです。  ただし、ストーブもないところで小澤さん、頭だけでなく、全身が冷えたようですよ。 でも、健康は回復されたとのこと。
 かなり読まれている本らしいことが版を重ねていることからもうかがえます。
 今日も、よい日となりますように。 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。  小澤さんのお母さん、さくらさんはクリスチャンだったとのことです。男ばかり4人兄弟で、おかあさんの指導で讃美歌を合唱したのが小澤さんの音楽原体験のようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

からっと晴れる一日は・・・

 何とも申しましょうか、8月以来のお天気を ・・・ 陽光がさす時間はあっても、一日、からっと晴れる日があったでしょうか。あったかも知れませんが、なんだか、梅雨状態のように思えて仕方がありません。

 からっとさわやかに晴れ渡る日が少しは続いてほしいと思います。うーむ、ここだけの話、私は中日ドラゴンズが勝ったときに限ってフアンですが、このところ、負けた時を雨天の気分とすると、ドラゴンズもほとんど雨続きの状態ですよね。

 書いてみても仕方のないことを、読んでみても仕方がないわけで、申し訳ありません。

 そうそう、 いいことは、ショパンの「雨だれ」をピアノで練習していても違和感がないので、以前よりはフラットの多い楽譜に戸惑わずに、それらしく弾ける箇所が増えてきたことです。まだ、全曲を通すにはいたりませんけれど。

  ともかく、今日もよい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

音楽と朗読で 楽しい時間を

0001_2  岐阜県音楽療法士のムーミンパパと、介護福祉士のムーミンママがユニットを結成いたしました。

 講師にお招きいただいたときには、ムーミンパパは、体型などが似通っているので、特にそれ用のグッズは用意せず、頂き物のぬいぐるみを提示。
 ムーミンママは、大きめのハンドバッグを携えてご挨拶 ・・・ でも、せっかくだから、とこのイラストにあるようなエプロンを作ろうと先日、生地を入手いたしました。
 音楽担当は、ムーミンパパ、リズム運動や発声練習、詩の朗読、そして紙芝居などをムーミンママが担当しています。
 
 プログラム内容は、季節にあった童謡や懐かしのメロディ、滑舌をよくし、顔の筋肉を運動させる早口言葉、詩の朗読、紙芝居、音楽に合わせてスカーフを振るなどの軽いリズム運動、日野原重明医師の著書などに基づく健康のお話、リズム楽器などを用いた合奏などです。
 本拠地は岐阜市で、あまり遠くには出かけられませんが、ご縁がありましたら、うかがわせていただきます。 どうぞ、よろしくお願いいたします。
※ 連絡方法 このブログへのコメントに、メールアドレスを添えてご質問などをお送りいただければ、そのコメントは公開せずに、ムーミンパパからメールを送らせていただきます。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

美味しいコーヒーの淹れ方

 岐阜市の柳ヶ瀬でコーヒー店を営んでおられるプロに、美味しいコーヒーの淹れ方をうかがってきました。

 コーヒーのお好きな方は、既に、これぞ最高とお考えになる淹れ方を確立しておられることと思いますので、どうぞ、ここに書くことにとらわれないで我が道をお進みになってください。

美味しいコーヒーの淹れ方  

1.生産地・生産者が分かっているコーヒー豆を用いる 

  氏・素性が確かな豆が、確かで安心。味もよい。

 コーヒーの生い立ちや特性からいって、熱帯地方・高地・火山性の土壌のところがよい

 〔例〕 コロンビア ウイラー州

・豆以外のことで、どう手段を講じて美味しさを引き出そうとしても、もともとない袖は振れませぬ。

2.お湯の温度は90度  一人分のときは、細い口の容器で淹れる。

(量が少ないので3分ほどで淹れるには少量ずつお湯が出るほうがよいという意味)

3.豆は、冷凍庫に保存

 二酸化炭素を逃がさない。保存状態がよいと、淹れるときに膨らむ

 ◇  ○  □   ☆   ※   ☆  □  ○  ◇ 

 たかがコーヒー

 飲む人が、楽しんで淹れ、美味しいと思って飲むならば、それが一番。 

 されどコーヒー   

 人に喜んで飲んでもらおうというときには、自分なりに最善を尽くす 

 およそ、上記のことを話してくださいました。 一杯300円。有益な話を聞かせていただき、そしてたいへん美味しかったです。 時間があれば、熱いうちに飲むのでなく、40度くらいにして味わうのがよいそうです。 岐阜市柳ヶ瀬のいしぐれコーヒーさん、ありがとうございました。

 なお、アイスコーヒーの場合は、深煎りの豆を使い、容器の周囲に氷を入れておいて、淹れるのがよいそうです。

※ あくまでも、個人の嗜好で楽しめばいいのだけれど、コーヒーは糖尿病によいそうだと言いながら、たっぷりと砂糖を入れて飲む、というようなことはせず、できれば、コーヒーそのものをクリームや砂糖を入れず、おつまみなども参加させずに楽しんでいただきたいとのことでした。 

 今日も、よい日となりますように。

続きを読む "美味しいコーヒーの淹れ方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

障がいをもった子どもの親を力づけたことば

 先日、このブログで書いた『わが子は発達障害』 ー 心に響く33編の子育て物語 ー には、心に響いてくるところがたくさんあります。 障害のある子を育てている保護者の方が、くじけそうになった言葉、そして支えられた言葉を紹介いたします。

□ 「お母さん、もっとがんばってください。」 ・・・ 言い返さないけど、これ以上、何をどう頑張るの そして、あなたは何をしてくれるの という思いになった。

◇ 「障害のあるお子さんがいると、大変ね」 ・・・ 相手には悪意がなく、励ましてくれているので、嫌な顔も出来ず、笑顔でお礼を言わなくてはいけないような雰囲気になるので、好きな言葉ではない。 我が子はそういわれるほど特異に見えるのかと深い落とし穴にズドンと突き落とされる気持ちになることもある。

  けれど、このかたは結びにこう書いておられます。 今の私は笑顔で答えます。「はい! 大変で幸せなことです」と。 健常であろうがなかろうが、子育てで大切なことは同じ。子育ては大変で、幸せで、そして喜びなのです。

☆ 初めて見た夫の涙 ・・・ 施設の先生との面談で、長男に臨むことを尋ねられたご主人が しばらく押し黙った後で、ゆっくりとつぶやくような声でこう言われたそうです。

「何か一言でもいいから喋ってほしい」・・・「長男は相変わらず叫ぶ以外の言葉は言いません。体が小さい内はどんなこどもも喋らへんからいいんやけど、日に日に体は成長し、風呂上がりに体を拭いているときや、抱っこしているとき、ああコイツ大きくなってきたなあと嬉しく思う反面、大きくなってきたのに何で喋れへんのやろう。先生ホンマにいつか喋れるようになるんでしょうか」と告げながら、ポロポロと涙を流していました。結婚する前にも後にも、主人が泣いている姿は私にとっては初めてのことであり、しかも人前で泣くとは思いもよらず、私ももらい泣きしていました。 ・・・

※ 張り詰めた緊張を解きほぐしてくれた加配の先生の一言。

「障がいのことはわかりませんが、私も○○くんのお母さんになります」この言葉にどれだけ救われたことか・・・。

      ○  ◇  □  ☆  ※  ☆  □  ◇  ○ 

 いかがでしょうか。

 長く、教育に携わってきている私は、どれだけ、支えになる言葉をお話しできたか、むしろ、その逆のことが多かったのではないかと身が縮む思いです。 

 でも、悪気のないことばは、きっと分かっていただけるものです。いたらないところを心配して、言葉を口にすることをひかえてしまうことなく、心からの言葉を交わし合いましょう。

 

 心に発した言葉は、相手の心に達し、通ずる   そう思います。

 

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

郡上踊り 仮装コンクール

 9月のスタート ・・・ 学校が始まると,暑さは子どもたちが集まっているところが好きなのか、それとも「俺たちも二学期だ。頑張ろうぜ」と思うのか、暑さがぶり返すように例年思うのは、私だけでしょうか。

 さて、郡上踊りもあとは踊り納めを残すだけとなりました。8月30日には、仮装コンクールというのが行われました。  何でも団体の部の優勝は10万円、個人の部では5万円の賞が出るとのことでなかなかの盛り上がりでした。
 子どもたちの扮するきつねたち、そして「ウオーリーをさがせ」チームの出番前の写真をご紹介いたします。
0002 0005 0008 楽しい熱気を感じていただければ嬉しいです。
 今日も、よい日となりますように。 暑さに負けぬ 熱き心で (^J^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »