« ノート | トップページ | 三か月ぶりの歯医者さん »

2014年10月15日 (水)

卓球 ピンポン

 せっかくの秋だというのに、スポーツの秋を話題にしないのは、もったいない ・・・ そんな気になりまして、今日はスポーツ ・・・ 卓球のことを。

 実は、中学と高校と私は卓球部員でした。(大学でも卓球部に入りましたが、管弦楽団と両方ではいそがしすぎることに入ってから気が付き、1週間だけの部員でした。)
 親子でキャッチボールするのが夢、というj言葉はよく聞きます。卓球も、こちらが打ち、相手の台に入れば応答して返ってきます。ゆっくりと楽しんでピーン ポーン と打つことも、パカーン パカン と厳しくスマッシュを交わし合うことも出来ます。 台の上でのキャッチボールが出来る感じと申しましょうか。
 足の速くない いえ、はっきりと遅い私が卓球で少しだけ有利な面があったのは左利き・・・サウスポーであることでした。 世界チャンピオンになった日本選手は何人もおられますが、その中には右利きなのに左で練習を重ねて世界チャンピオンになった方もおられます。
 卓球のよいところは、人気番組、「笑点」のメンバーにも卓球を続けている方がいるように、年齢が高くなってもプレーすることが出来ることではないかと思います。
 おなかが台につっかえないくらいにはスリムになって、多くの人、そして昔の卓球友だちと息長く楽しめるようになりたいと思います。
 皆様も、いかがでしょうか。いつの日か卓球をご一緒に楽しめたら嬉しいです。
 今日もよい日となりますように。 風船を団扇で打ち合うというようなゲームでも結構、スポーツの秋の気分が味わえると思います。うーむ、まずは、そういうことから始めて見たくなりました。

|

« ノート | トップページ | 三か月ぶりの歯医者さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卓球 ピンポン:

« ノート | トップページ | 三か月ぶりの歯医者さん »