« ある音楽家の青年時代の像 | トップページ | 礼拝におけるオルガン奏者の役割とは »

2014年10月26日 (日)

詩 「かがみ」 まど みちお さん

 今年、104歳で召された まどみちおさんの詩に感銘を受けましたので、紹介させていただきます。

  「かがみ」      まどみちお
    この地球のうえには
    ほうぼうに置いてあります
    海や
    川や
    湖水など
    さまざまな美しいかがみが
    それが そこに置いてある…
    ということよりも相応わしいことは
    この世の中にないかのように
    それは 私たち
    生き物だけのためにでしょうか
    山や
    雲
    太陽や星たちでさえ
    じぶんの顔を見たくなることが
    あるからではないでしょうか      
 
 詩人の感性って すばらしいですね。
 今日も,よい日となりますように。 
 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

|

« ある音楽家の青年時代の像 | トップページ | 礼拝におけるオルガン奏者の役割とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩 「かがみ」 まど みちお さん:

« ある音楽家の青年時代の像 | トップページ | 礼拝におけるオルガン奏者の役割とは »