« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

詩 「うたをうたうとき」 まど・みちお

 104歳で天に召されたまど・みちおさんの書かれた「うたをうたうとき」という詩に出会いました。
「うたを うたうとき」  まど・みちお
うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎすてます
からだを ぬぎすてて
こころ ひとつに なります
こころ ひとつに なって
かるがる とんでいくのです
うたが いきたい ところへ
うたよりも はやく
そして
あとから たどりつく うたを
やさしく むかえてあげるのです
 ◇   ◎   □   ☆  ※  ☆  □  ◎  ◇
 11月下旬に岐阜市社会福祉協議会主催の五感健康法教室の講師をムーミンパパ・ママのユニットで務めさせていただきました。 参加者は70代の方、20数名です。
 キャッチフレーズは、「心身しなやか音楽時間」。
 その日、初めて顔を合わせたかたたちとの90分 ・・・ さいわいにして、和やかな雰囲気が生まれ、笑顔であいさつを交わして帰って行かれたように思います。
 未熟でいたらないところばかりの私たちなのに ・・・ と省みていたときに、まど・みちおさんの詩に出会って、ああ、音楽のよさ、歌の力なのだなぁと気づきました。
うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎすてます
からだを ぬぎすてて
こころ ひとつに なります
こころ ひとつに なって
かるがる とんでいくのです
 初対面の方たち同士だけれど、そうしたことをぬぎすてて、一堂に会して
一つの歌を歌っていると心が結ばれていく ・・・ そういうことなのではない
かと、改めて思いました。
 音楽療法というより、一緒に音楽時間を過ごすという思いで精進し、励みたいと思います。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

冬季限定 の 水ようかん

0002  水ようかん、というと夏が定番と私などは思いがちですが、おいしいものは時空を超える ? と申しますか、冬期こそ、どうぞ、という 斬新なアイデアがあっても、いいですよね。

 前置きが長くなりましたが、ムーミン・ママが水ようかんを作ってくれ、美味しく食べました。
 冬期もアイスクリームは売られていますので、いろいろな食べ物がいろいろな季節にあってもいい ・・・ ここまで書いてきて、食べることに関して 私はほとんど敷居と申しますか、そうしたものがない存在であることを再認識いたしました。 お読みいただいてありがとうございます。
 今日も、よい日となりますように。11月29日を「いいふく」と読んで、お魚のフグの日なのだそうです。
 明日は、日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

鶏肉とゴボウのつみれ

0004  鶏肉とごぼうのつみれ ・・・ NHKの料理番組で、料理研究家、高山なおみさんが作り方を放送され、その翌日、家内が実際に作り、好評だったので、以来、食卓に乗るようになりました。 ダイナミックなのです。 そして、おいしいのです。

 先日、テレビの連続ドラマに登場する料理を高山なおみさんが担当され、そのドラマに登場する家庭によく似合ったメニューで、ドラマの世界に奥行きを創りだし、そしてとても美味しいことが評判になり、撮影が終わると出演者、スタッフが楽しみながら食事したとか ・・・ すてきなエピソードですね。 
 我が家も高山さんのレシピの恩恵にあずかっています。ありがとうございます。
 さて、今日も、よい日となりますように。

続きを読む "鶏肉とゴボウのつみれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

白玉椿

Photo  白玉椿が咲きました。

  つばきは、漢字で、木へんに春ですが、年賀状にも「初春のお慶びを申し上げます」と書くことがありますので、特にフライイングということではないのですね。きっと。
 すぐそばの侘助も咲きました。冬のことを「春隣」(はるどなり)とも呼んだ古人の感性、知恵はすてきですね。
 よき11月のフィナーレ、そして12月デビューとなりますように。
 今日も、よい日、良い時間を (^<^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

すてきなシチュエーション

0008  11月22日、一般に「いい夫婦の日」といわれる日に、羽島市でムーミンパパとムーミンママの音楽タイム。

  主催は、エンジョイライフむすぶ・・・「諸人集いて大志を抱こう」というテーマのもとに高い志を持った方々のお世話のもとに多様な活動を展開しておられます。
 張り切ってうかがいますと、素敵なウエルカム・ボードが ・・・  会場も、真心こもったセッティングでお迎えいただき、 明るく楽しい活動を展開することが出来ました。
 「いい夫婦の日」に私たち夫婦も元気に羽ばたく力をいただきました。
ムーミンパパが羽ばたくとしたら、どんなに丈夫で大きな翼だろう なんてつぶやいている方は、おられませんよね (^<^)
 あたたかいおもてなしも、ありがとうございました。
 本日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

映画 「月光の夏」

 11月23日(日)の夜、テレビで、映画「月光の夏」が放送されました。  小学校にグランドピアノがあると聞いた特攻隊員が、出撃前にぜひピアノを弾きたいと訪れ、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」を弾いて帰って行くことが中心となっています。  時代の波、それも戦争という嵐の時代に、生きた証しとして今まで打ち込んできたピアノを演奏したい ・・・ その思いが痛いほど伝わって来て心を打たれました。

 DVDにもなっているのでしょうか。戦争の時代が出てくる映画やドラマは辛くて、なかなか正視できないのですけれど、目を離したり、つむったりしているだけではいけないのだと思います。 世界のどこにも戦争、紛争のない平和が訪れることを願うものです。  
  今日も、よい日となりますように。

【聖書】 平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

『アヴェ・マリアのヴァイオリン』

0006 『アヴェ・マリアのヴァイオリン』

香川宜子 著
KADOKAWA  2013年 12月20日 初版発行
 これも図書館でお借りした本です。今年度の小学校高学年の課題図書のようです。←失礼しました。高校生の課題図書でした。
  フィクションなのですが、主なエピソードは実際の出来事を元にしているとのこと。
作品中に、アウシュビッツの生活を生きぬいたチェロ奏者が語る場面があります。
 内心、いやだと思いながら見せかけのことをやっていると、心の中に音楽は響いてこない。毎日練習していると、なにかの時にも神の愛を感じるようになる。そうなると、我々音楽を愛する者は、神の愛を裏切れないのさ。・・・心の中にいつもモーツアルトやシューベルトがいる。音を奏でていなくても、心の中で音は聞こえている。いっさいの理屈を超えた、大きくて温かい満ち足りた世界の中に漂っているよう・・・
 他の人からではなく、アウシュヴィッツの生存者から聞く音楽の意味ほど深く理解できるものはない。
 音楽が好きだというのと、心の中に音楽があるのとは違うんだよ。万人が音楽は好きさ。しかし、演奏する我々は、音にも命があることを知っている。イライラしながら楽器を弾く音はおこっているし、やさしい心で弾くと音は限りなくやさしい音色になる。目は心の窓というが、音も心の窓なんだよ。傲慢な心、いやしい心、ねたむ心、すべて音色に出てくるんだ。
           ◇  ○  ☆  □  ※  □  ☆  ○  ◇
  この本には、第一次世界大戦の時に中国のチンタオにいて日本軍の捕虜になったドイツ兵たちが、徳島の収容所で、畑を開墾し、野菜を育て、家畜を飼う自給自足に近い生活を送り、手づくりの楽器が多かったようですが、音楽を演奏して楽しむことも許されていたそうです。捕虜と監視する人たちとの心の交流があり、ドイツ人の焼いたパンを地域の人たちに売ることも始まって、そのことを通して温かいつきあいも為されたそうです。
 状勢が変わって、本国へ戻れるようになったときにベートーヴェンの第九を演奏して日本人と涙の別れをしたことも書かれています。 こうした奇跡のような出来事が実際に戦争中の世界の中で起きていたのです。
 『アンネの日記』やいろいろなことを想起して、心が痛む場面がありますが、感動するところもたくさんありました。
 読み応えのある課題図書だと思います。
 今日も、よい日となりますように。
 今日は、絵本展などを開くこともある本好きの妹の誕生日、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

『糸車』

0005 『糸車』

宇江佐真理 著
集英社 2013年 2月10日 第1刷 発行
  江戸の深川の裏店に、松前藩にゆかりのある女性、お絹が住み、小間物の行商をして生計を立て始めます。
 お絹の夫は松前藩の家老だったのですが、参勤交代の藩主の供をして江戸へ上がり、どういうわけか亡くなって、その上、夫に同行した長男の勇馬は行方知れず。無事に生きていれば15歳です。
 慣れない江戸で行商をしながら、お絹は勇馬をさがします。 さて、どうなるのでしょうか。
 苦労しながら、希望、志を失わずに生きる人間が描かれている時代小説を書かれる宇江佐真理さんは、1949年函館生まれとのこと。 この方の著書を図書館で見つけると読む習性が私にはあります。
 まだ知らない作家、作品がたくさんある世の中 ・・・ 広いですね。楽しみです。
 今日も、よい出会いの日となりますように。 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。
【聖書】 わたし(神様)の目には あなたは高価で貴い。わたしはあなたを愛している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

『天使は清しき家に舞い降りる』

0004 『天使は清しき家に舞い降りる』

  エンジェルは すがしき家にまいおりる
カレン・ローガン 著 
佐光紀子(さこう のりこ) 訳
集英社 1998年 3月10日 第1刷 発行
 すてきな物語が展開しそうなタイトルですね。
 実は、自然な素材を活用してのお掃除と洗濯について、とっても具体的に書いてある本なのです。
  そこに込められているのは、地球自身が繰り返している浄化の営みそのものを見習って自分の家を小さな地球と考えて自然な素材でヘルシーにという大きなメッセージです。
 素敵な友人にいただいたこの本を家内は喜んで読んでいます。
 今日も、すがすがしいよい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

挑戦 ローストビーフ

 テレビで、ローストビーフの作り方を浜内千波というかたが伝授しておられましたので、大胆にも、挑戦して作ってみました。

 テレビでは、100グラム 百十数円の牛肉ブロックが材料とのこと。 それに塩・こしょうを擦り込んで、アルミ箔でしっかり包み、ほぼ長方形にして、熱したフライパンで、一つ面を100グラム当たり1分ずつ温めます。 4百グラムの肉だと、一面4分×4面で16分ほど熱するわけです。
 我が家では、スーパーでアメリカ産の牛肉ブロックおよそ4百グラムを5百円少しで仕入れ、
塩・こしょうの擦り込みとソースは家内が担当。焼くのは私ということで取り組みました。
Photo
  このような仕上がりとなり、夕食と翌日の2回で食べることにしました。ドキドキ ・・・
うーむ、おいしい (^<^)
 多少のことには目をつむって、おいしいことにするという暗黙の了解の元に食べました・・・。 そうそう、ソースは焼くときに出た肉汁と赤ワイン、醤油少々だそうです。
 時々、レパートリーを広げる挑戦が出来たらと思っています。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

芝生の上でランチ

0002_2  毎週水曜日、私の通っているキリスト教会では、午前10時半から、聖書の学びと、祈りの時間がもたれています。 11月19日は、旧約聖書のイザヤ書からキリストの誕生につながる箇所を学び、お祈りをしました。

 そのあと、陽ざしも暖かでしたので、教会の庭の芝生のうえにテーブルをセットしてランチタイムとなりました。心づくしの手作りメニュー ・・・ ここにフランスパンが加わりました。
 魂には聖書の言葉、体には持ち寄りランチ・・・身も心も満たされて、感謝のひとときでした。
 ありがとうございました。
 さて、今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

ピアニスト グレイス・オー さん

0003  グレイス・オーさんは、韓国生まれ、アメリカで博士号をとられたかたで、ジミー・カーター元大統領にも讃えられた世界的なピアニストとのことです。

  生まれたときから全盲で、世をはかなんだこともおありだそうです。10歳からピアノを弾き始め、練習を始めるのが遅かったのと、手が小さいから、ピアニストになるのは無理だといわれたこともあるそうですが、懸命に練習し、意欲的に学ばれて、今は世界各地で演奏しておられます。
  このかたが、先週の土曜日、私の住んでいる近くのキリスト教会でコンサートをされ、聴きに行くことが出来ました。念入りに調律されたアップライトピアノは、「今日は、私のピアノ生涯でハイライトの日だ」という感じで、グレイス・オーさんとすてきに歌っていました。
 アレンジの才能も天才的との評価があるとのことで、初めに弾かれた「アメイジング・グレイス」は、途中からジャズ風になり、一気に聴衆は魅了されました。
 飛行機の都合や、いろいろなことがあって、30数時間かけてアメリカから岐阜にたどり着かれ、睡眠も十分でないコンディションだったことを克服し、すばらしい音楽に浸らせてくださったグレイス・オーさんに、そしてこのコンサートの実現に、祈りつつ尽力してくださった方々に心から感謝申し上げます。教会の方々の珈琲や手作りのケーキなどのおもてなし、
本当にありがとうございました。
 
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

キノコ 星野富弘さんのユーモア

0004  筆を口にくわえて、詩を書き、絵を描かれる星野富弘さん、こんなユーモアがおありになるんだと感じた作品に出会いましたので、ご紹介いたします。 写真をクリックしていただくと少し大きくなる可能性もあります。

  静かな秋の夜が、静かにふけてよかった(^J^)
  きのこ採りの名人も、「大丈夫かな」と初心にかえることが大事なのですね。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

世界に一つのポシェット

  ほぼ2か月に一度開催されている「小さなクラフト展」で出会ったお店に、ムーミンパパがピアノを弾いている図柄の作品をとリクエストしました。

 お話しした瞬間に、こんな作品を、とイメージがわいた表情をされました。 それから40年、いえいえ綾小路きみまろさんではありませんから、他のところで開催されるマーケットで一か月後にとの約束の日がやってきました。
 さて・・・・・ おお、期待を遥かにしのぐ作品が ・・・・・
0003
 いかがでしょう  夫婦で依頼したので、「ムーミン・ママもちょっと入れてみました」とのこと。 とっても気に入りました。  世界に一つの作品 ・・・ お値打ち価格で、本当に貴重なお気に入りの一品・逸品となりました。
 どこかで見かけたら、どうぞ、お声をかけてくださいまし。
 今日も、よき出会いのあるすてきな日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

エビイモ

0002   晩秋から初冬へバトンが渡りつつあるのを実感するこのごろですね。この時期、食卓には、やはり暖かいものが・・・。

  いただいたエビイモをこのように。
 ほっこりして、身も心も暖かになりました。
 ありがとうございます。
 どうぞ、あなた様も、あたたかくしておすこやかでお歩みください。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけ下さい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

『三国志 外伝』

0002 『三国志 外伝』

宮城谷昌光 著
文藝春秋  平成26年 5月15日 第一刷
 筆無精な作家もおられるのかもしれませんが、宮城谷昌光さんは刻苦精励して執筆活動を進めておられるかただと思います。
 宮城谷さんの三国志は、全12巻で完結しましたが、それに収められなかった12人の学者や武将がこの外伝に書かれています。
 蔡琰(さいえん)という女性も登場していて、琴の名手、そして父の蔵書となっていた4千巻ほどの蔵書が時代の波で四散してしまったけれど、4百余巻を暗記していて見事に復元したとこの書に書かれています。
 巻末に宮城谷さんが自作した年表が掲載されています。
 三国志に記されている有名な人物を何人かその中から抜き出してみます。
曹操 西暦155年 誕生  劉備 161年 誕生   諸葛亮 (孔明) 誕生 181
劉備と諸葛亮が会う 207年    赤壁の戦い 208年
関羽 死す 219年  曹操 死す 220年
 改めて思います。 広い国 長い歴史 たくさんの人々を。
 今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

菊薫る

0008   教育学部の学生たちが実習している小学校を訪問。すると 正面玄関に、素敵な菊が・・・・・。

 地域の方がお世話くださってこのように咲いているのだとのこと。
 お米という漢字は、たくさんの世話、手間をかけて稲が育てられて収穫されることから八十八で構成されているのだとか。
 菊という字にも「米」が入っているのは、「菊のこやしは、育て主の足音」といわれるほど、手間をかけるとそれに応えてくれることに由来するとの説を聞いたことがあります。
 子どもたちが通う学校に地域のかたがお世話くださって菊が薫っているということ、本当に心強く、すばらしいことです。
 実習中の学生たちの表情も明るさと意欲が感じられました。感謝と大きな温かさに満たされつつ辞去いたしました。
 今日も、よい日となりますように。
 今日は、身内の一人の誕生日です。おめでとう (^J^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

ペコちゃん

0006 不二家レストランの店頭にペコちゃんがごらんのような衣装でたっておりました。

 テレビのお宝鑑定団にも登場することがあるように思いますが、現役なのですね。

 明るい表情で、がんばり続けて下さい。

 今日も、よい日となりますように。

 インターネット上の辞書、ウイキペディアのは以下のようにペコちゃんは次のように書かれています。なかなかの歴史を持っているのですね。

 よろしければ、お読みください。感謝しつつ冒頭部分を引用させていただきました。

不二家マスコットキャラクターとして使用されている架空の少女である。当初は1950年に発売された同社の菓子「ミルキー」の商品キャラクターとして誕生し、後に同社全体のマスコットとなった。

「ミルキー」およびその関連商品で用いられているペコちゃんのデザインは他の不二家製品のものとデザインが異なる。

また、ボーイフレンドポコちゃんについても本項で述べる。

概要[編集]

不二家の各店舗には「ペコちゃん人形」が置かれるなど、同社を代表するキャラクターとなっている。また商品づくりの精神や企業理念を表した、前文および8章からなる「ペコちゃん憲章」[1](2010年11月現在、不二家公式サイト内には同憲章の記述は見られない)が制定されており、不二家レストランは俗に「ペコちゃん食堂」と呼ばれている。「ペコちゃん人形」は1998年立体商標第1号として特許庁より認められている[2]

ペコちゃんのプロフィールは次のようになっている[3]

  • 出身:地球上のどこかにある夢の国
  • 名前の由来:仔を表す東北方言「ベコ」から。舌なめずりをしているところから、「腹ペコ」から由来したという説は誤り。
  • 年齢:永遠の6歳 - 1950年(昭和25年)生まれ。
  • 性別:女の子
  • 身長:100cm
  • 体重:15kg
  • 体形:バスト58cm、ウエスト55cm、ヒップ63cm
  • 好きな遊び:野球、ホッピング
  • 好きな動物:子犬

一方、ポコちゃんのプロフィールは次のようになっている[3]

  • 年齢:永遠の7歳 - 1951年(昭和26年)生まれ、ミルキー発売と同時に。
  • 名前の由来:幼児を表す室町時代の古語「ぼこ」を西洋風に
  • 性別:男の子
  • 身長:100cm

ペコちゃんが舌を出しているのに対してポコちゃんは出していない。また2人の共通の友達として、Dog(ドッグ)という名の(オス)がいる。ドッグもペコちゃん同様に舌を出している。向きはポーズにより異なる。キャラクターの誕生は1995年とペコちゃん・ポコちゃんに比べて遅い。

台湾ではPekoとローマ字で書かれる他、俗に「ミルキー」との関連で「牛乳の女の子」を意味する牛奶妹 (ニウナイメイ)(niúnǎimèi)という呼ばれ方もしている。また、ポコちゃんを兄と解釈し、二人で牛奶兄妹と呼ばれることもある。

2009年現在のペコちゃん人形は高さ110センチメートル、重さ11キログラム、時価4万円相当[4]で、不二家から各店舗に1体ずつ貸与されていて[5]、年に数件程度の盗難被害に遭うこともある。店舗によっては、浜松町駅小便小僧像のように、季節によって衣替えをするフィギュアもある。衣替えは基本的に年8回で、衣装を担当するのはオンワード樫山[6]。世相を反映したファッションをすることもある。

ペコちゃんの一人称は「ペコ」で、不二家の店内に置いてあるペコちゃん人形に触れると喋る[7]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

干し柿

0004  実りの秋の風味の一つ、干し柿をいただきました。 「ふじ」という品種でつくると、このように( ←どのようにかは表現出来ずにすみません) 柔らかさを備えた仕上がりになるのだそうです。

 熟し具合を見はからってスタートし、仕上がるまで、天候にあわせた心遣いをするなど、いろいろなプロセスがあるのだと思います。
 それは、よく分からないながら、美味しくいただいています。 ありがとうございます。
 ふっと思いました。 柔らかさを保った干し柿を作れる品種があるのだから、みずみずしさを備えた干しぶどうもあるのかもしれない・・・  のんびりしている私の考えるのは、ここまでです。 そういう干しぶどうが既にあるのかどうかを確かめたり、なければ自分が作り出そうと情熱を燃やしたりすることはないという特質を備えております。
 それはともかく、今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

『神様は手話ができるの?』 先天性難聴のわが子に

0003 『神様は手話ができるの?』 ー先天性難聴のわが子に

トマス・スプラドリー&ジェイムズ・スプラドリー 著
山室まりや 訳
 早川書房 昭和55年3月15日 初版 発行
 リンという女の子が生まれ、少し時間がかかりましたが、先天性難聴であることがあっきりしてきて、それからいろいろな経緯を経て彼女の家族にとって手話は第2の言語となり、生涯学び続けるであろう言葉になりました。
 おばあさんが孫である凜とコミュニケーションするために手話を覚え、「ごきげんいかが?」とリンにたずねたとき、リンはとても喜んで手話で答えた。 「元気です」
 そのおばあちゃんが亡くなったとき、8歳のリンは、家族に尋ねます。
「おばあちゃんは、なぜ死んでるの?」
「おばあちゃんは、まだ死んでるの?」
そして、神様のところにおばあちゃんは行ったと聞くと、彼女は尋ねました。
「神様は手話ができるの?」
 この本が発行されたのは30年以上前のことで、今はテレビで手話講座、手話ニュースなどが放送されていますが、関心のある方は、お読みになってください。
 コミュニケーションの方法を身につけることを通してお互いのことを今まで以上にわかり合えるようになるのは、大切で、すばらしいことだと思います。
 今日も、よい日となりますように。 
この本の帯に書かれている黒柳徹子さんの言葉を紹介させていただきますね。
0004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

『現代秀歌』 永田和宏

0001 『現代秀歌』

 永田和宏
 岩波新書 
  2014年「10月21日 第一刷 発行
  著者は1947年滋賀県に生まれ、京都大学物理学科卒業 現在 細胞生物学者 京都大学名誉教授 ということなのですが、 歌人でもあります。 歌人 河野裕子さんのご主人であり、息子さんも娘さんも歌人です。
 2年ほど前に、『近代秀歌』を著され、次は,現代秀歌をと予告されていたのが実現したのが本書です。
 この本の帯にも引用されている「はじめに」
にはこう記されています。
 
 歌の力は,誰かに読まれることによって、さらにいきいきとした力を発揮する。・・・本書でとりあげた歌人たち、そして短歌作品を、わたしは100年後まで残したいと願っている。200年残ればもっとうれしい。私たちが古典和歌と呼ばれる歌を、千年を経た現代において読み、味わえる喜びを、私たち自身が次の世代に受け渡していく必要があろう。
 この願いを、まずはどんな歌人、歌が取りあげられているのかを楽しみながら読み親しみたいと思います。
  今日も、歌の生まれるような、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

『スケープゴート』 幸田真音

0004 『スケープゴート』

幸田真音 (こうだ まいん) 著
中央公論社 2014年10月10日 初版発行
  主人公の三崎皓子(みさき こうこ)は、ある大学の大学院で政策科学研究科の教授をしていて、内閣府の仕事をしています。
 若いときには外資系の証券会社で企業買収の仕事をしていて、テレビの情報番組の「「その分野に詳しい専門家」としてのコメンテーターを8年ほど続けているやり手の科リアウーマンとして好評を博していました。
 そこへ、思いがけず、総理大臣と会食をとの招きがあり、あれよあれよという間に内閣府特命担当大臣金融担当の重職に就くことになります。
 速いテンポで政治のこと、外国とのからみ、家族との歩み などが進んでいきます。
 題のスケープゴートはいけにえ、上役の代わりに罪を負わされる部下などの意味があります。
 1951年生まれのこの作者は、米国系銀行や証券会社などの勤務を経て、作家に転身した方だそうで、その経験も生かして書かれたこの小説からは迫力が伝わって来ました。
 政治の世界に引きずり込まれることになった主人公は、知識と行動力に満ちていて、政界の抗争の中でも見事に志高く、自分の理想の実現へと道を切り拓いていきます。
 この本以外の本も読んでみたくなりました。 新聞に前回の東京オリンピックの招致と実現に関わる小説を連載中でもありますので、それも読んでいるところです。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

『湖底の城 5 』

0003  『湖底の城 5 』

 宮城谷昌光 著
 講談社 2014年 9月18日 第1刷 発行
  「小説現代」という月刊誌2013年8月号から2014年7月号に掲載されたものを単行本にして発刊された本です。
 主人公は、呉 子胥 (ご しせい)という人物で、体も、そして心も大きな人物です。 洞察力や民を思う心に優れ、彼の周りにはその志を慕って優れた人物が多く集まってきます。
 最初に書きました事情から、1年に1巻ずつ出版されるので、先に読んだ巻を時々読み直して内容を思い出しつつ、新しい巻の登場するのを楽しく、待っています。
 待ち受けていて図書館から借りて読むので、読み進むのは,嬉しく、そして残りのページ数が減っていくのが惜しいほどです。
 この5巻では、かつて呉 子胥の兄が善政を行った地を訪れて、世の中の乱れに巻き込まれて兄の治績も風化してしまい見る影も亡くなっているのを嘆いていた彼の前に、銀色に輝く花が風に運ばれてきらめき落ちてきたところが印象的でした。
 その花は、兄の善政のあかしである橘園(きつえん)を、他へ移住せよと強制されたのに、舞い戻ってきて心を込めて耕し、世話をし続けてつややかな緑の地を保っていた管理人との再会の場面への序章でした。 ・・・ その喜びがさわやかに伝わって来たのです。
 人の本質を洞察し、たちまち未来を画いてみせる能力がありながら、少年や部下などからも謙虚に学び、感動する呉 子胥 は、志高く、乱世を生きていきます。
 また、1から5巻を読み返しながら、来年の第6巻を今から楽しみにする私です。
 今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

歌人 雨宮雅子さん 

    家内が長年、心を惹かれ、その歌に親しんできた歌人 雨宮雅子さんが10月25日に天に召されたと、新聞で知りました。心に残る歌の中から数首を記して、偲ばせていただきます。 
 トーストの焼きのほどよきあしたにて東京に薄くみぞれ降りしと
 夕映の海のみの絵を壁とせる珈琲店けふ閉店す
 誇り高く生き終へたしと思へるは父より継ぎしただひとつにて
  雨宮さんのように優れた歌を詠んで生きたあかしの足跡とすることは、なかなかできませんけれど、いのちの一日、一日を大切に歩みたいと思います。 今日も、よい日となりますように。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

ムーミン谷は そろそろ冬眠の支度でしょうか

0004  秋が日々深まりつつありますね。

 フィンランドのムーミン谷は、そろそろ冬眠の支度でしょうか。
  その時期になると、スナフキンは旅に出かけ、ムーミンたちは、冬眠中に空腹にならないようにおなかを満たして春まで眠るようです。
 うらやましいような気もします
 でも、たしか、冬眠のときお腹にあるのは松葉だそうですから、そういうところはあまりうらやましくありませぬ。
  ムーミンパパのシルエットを続けていますと、ムーミングッズをいただくことがあります。今回のドロップも、その一つです。 ありがとうございます。
 今日も、よい日となりますように。 暖かくしておすごしください。 
0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

遠来の客 カモ 

A  今年も、私の通わせていただいている教会近くの池に、カモが飛来しました。どこか,寒い地方からくるのでしょう。

 農業用水の池ですが、オシドリやカイツブリなどもやってきます。
 鶴や白鳥は今まで見かけたことがありません。 多分、来ないようです。
 元気に冬を越せるといいですね。
B 今日も,よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

聖徒の日 信仰の先輩たちを偲んで

Photo  11月の最初の日曜日は、聖徒の日とされていて、毎年、召天者記念礼拝が献げられます。

  キリスト教では、人はこの世での生を終えても、人であって、拝む対象とはなりません。

  法事というのも特に設けませんが、信仰の先輩たちを偲んで、記念の礼拝を献げます。
 家族の方が主催して、記念会が開かれることもあります。聖書を読み、讃美歌を歌って、エピソード、想い出を語り合い、偲ぶひとときとなります。
 写真は、私の通わせていただいている教会の納骨堂と、飾られた花々です。
 静かなうちに、神様への信頼と感謝に満ち、先に天に召されたクリスチャンの方々を偲ぶ記念礼拝となりました。
 冬が近づいています。どうぞ、暖かくしてお健やかでお歩みください。
 今日も,よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

同窓会 パート2 想い出とバックミラーは,よりよき前進のために

 うーん、教え子たち、元気でした。 それぞれ、苦労しつつ生きてきていると思いますが、いい表情をして、語り合い、カラオケも迫力のある熱唱が続きました。

 40年前の球技大会で,クラスオリジナルの応援歌が作られたのですが、お母さん方も応援に来てくださっている写真があって、おお、そうだったのかと,懐かしく思い出しました。その歌が元気に歌われて,当時のことが,つい先日のことのようによみがえってきました。
 その中学校は、移転して、校舎も運動場も残っていません。けれど、40年前に生き生きと生活した想い出はしっかりとひとりひとりに息づいています。嬉しいですね。
 おお、そうでした。この2年8組に配属になった教育実習生さんは、好印象を受けて、後にこの学校にお子さんを通わせたいと、この校区に居を構えられました。昨夜の同窓会では、そのことを話しませんでしたけれど、また、機会があるだろうと思います。
 さて、2回続けて同窓会の話を書きました。 でも、想い出とバックミラーは、よりよき前進のために生かすものです。 大切にしながらも、それに見入ることなく、新しい今日を切り拓くエネルギーにしたいと思います。
 今日も、よい日となりますように。

続きを読む "同窓会 パート2 想い出とバックミラーは,よりよき前進のために"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

タイムカプセル 担任したクラスの同窓会

 人間では仕組めない巡り合わせ、という経験は、どなたにもおありではないかと思います。いえ、これから書くのは,こういうことなんです。堅苦しいことではありませぬ。

 私にも28歳というときがありました。 たまたま、その年に中学2年生を担任したのですが、それは、2年何組だったでしょう?
 ピンポーン あなたは鋭いかたです。 そうです。2年8組だったのですね (^J^) 賞品を用意してなくてすみません。
 11月1日(土)は、そのクラスが同窓会を企画したので、これから行ってきます。中学2年生は誕生日を迎えると14歳になります。 28歳だった私はそれから40年を歩んでいますので、このクラスの生徒だった中学生は 今は○○歳ということになりますね。 受け持った当時の私よりも年上になった教え子たち ・・・家庭においても、社会においても元気に活躍していてくれるのが何よりも嬉しいです。
 ふつう、同窓会は卒業したときのクラスで開催しますが、このクラスが3年生になったとき、超大規模校だった学校は二つに分離したので、それを惜しみ、懐かしんで同窓会を開いているということなんです。珍しいケースで、それだけ、情熱とエネルギーのあるメンバーが集まっているということでもあります。
 それでは、楽しみに行ってきます。 2次会にも,といわれたので、同窓会に出かける前にこの記事を仕上げて準備いたしました。
 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。 よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

『音楽で脳はここまで再生する』

0002 『音楽で脳はここまで再生する』

奥村 歩 著
人間と歴史社 2008年5月20日 初版第1刷発行
 音楽療法の効果を科学的に証明せよ ・・・ こういう要求が、悪意からではなく、医療保険の対象として音楽療法が認められるようにという,後押しの立場から寄せられます。
 言葉を失っていたかたが、昔親しんだ音楽に反応し、歌詞を正確に歌い、表情も和やかになってくる こういうことはたくさん実例があるのですが、それを科学的に、数値などで立証するのは、難しいのですね。
 この本は、そうしたことに脳神経外科の医師が音楽療法士と力を合わせての歩みをもとに答えておられる本です。
 岐阜県の美濃加茂市にある木沢記念病院でこうしたことが進められているのは、岐阜楽療法士の一人として、心強く思います。
 脳が損傷して言葉による理解、表現の力が大きく損なわれているかたに、言語よりもタフな面を持つ音楽する機能が残存していることに希望を持って働きかけるとうとい営み ・・・ 快い ということを大切にし、薬を使わないで認知機能の回復に根気よく、患者さんとともに歩む 専門的なことはおまかせしつつ、成果を少しでも、ムーミンパパとムーミンママの音楽時間のプログラムに採り入れて歩みたいと願っています。
 ゆっくりだけれど とまらない ・・・ 11月スタート、今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »