« ペコちゃん | トップページ | 『三国志 外伝』 »

2014年11月14日 (金)

菊薫る

0008   教育学部の学生たちが実習している小学校を訪問。すると 正面玄関に、素敵な菊が・・・・・。

 地域の方がお世話くださってこのように咲いているのだとのこと。
 お米という漢字は、たくさんの世話、手間をかけて稲が育てられて収穫されることから八十八で構成されているのだとか。
 菊という字にも「米」が入っているのは、「菊のこやしは、育て主の足音」といわれるほど、手間をかけるとそれに応えてくれることに由来するとの説を聞いたことがあります。
 子どもたちが通う学校に地域のかたがお世話くださって菊が薫っているということ、本当に心強く、すばらしいことです。
 実習中の学生たちの表情も明るさと意欲が感じられました。感謝と大きな温かさに満たされつつ辞去いたしました。
 今日も、よい日となりますように。
 今日は、身内の一人の誕生日です。おめでとう (^J^)

|

« ペコちゃん | トップページ | 『三国志 外伝』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊薫る:

« ペコちゃん | トップページ | 『三国志 外伝』 »