« カメとウサギの話から | トップページ | タイムカプセル 担任したクラスの同窓会 »

2014年11月 1日 (土)

『音楽で脳はここまで再生する』

0002 『音楽で脳はここまで再生する』

奥村 歩 著
人間と歴史社 2008年5月20日 初版第1刷発行
 音楽療法の効果を科学的に証明せよ ・・・ こういう要求が、悪意からではなく、医療保険の対象として音楽療法が認められるようにという,後押しの立場から寄せられます。
 言葉を失っていたかたが、昔親しんだ音楽に反応し、歌詞を正確に歌い、表情も和やかになってくる こういうことはたくさん実例があるのですが、それを科学的に、数値などで立証するのは、難しいのですね。
 この本は、そうしたことに脳神経外科の医師が音楽療法士と力を合わせての歩みをもとに答えておられる本です。
 岐阜県の美濃加茂市にある木沢記念病院でこうしたことが進められているのは、岐阜楽療法士の一人として、心強く思います。
 脳が損傷して言葉による理解、表現の力が大きく損なわれているかたに、言語よりもタフな面を持つ音楽する機能が残存していることに希望を持って働きかけるとうとい営み ・・・ 快い ということを大切にし、薬を使わないで認知機能の回復に根気よく、患者さんとともに歩む 専門的なことはおまかせしつつ、成果を少しでも、ムーミンパパとムーミンママの音楽時間のプログラムに採り入れて歩みたいと願っています。
 ゆっくりだけれど とまらない ・・・ 11月スタート、今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« カメとウサギの話から | トップページ | タイムカプセル 担任したクラスの同窓会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『音楽で脳はここまで再生する』:

« カメとウサギの話から | トップページ | タイムカプセル 担任したクラスの同窓会 »