« 詩 「うたをうたうとき」 まど・みちお | トップページ | 歌手 中島啓江さん のこと »

2014年12月 1日 (月)

鍋物 大根しゃぶしゃぶ

  まだそれほど寒いというわけではありませんが、冬の食卓の準備運動・・・ ?! という訳で あまり理由になっていませんけれど 我が家に大根しゃぶしゃぶが登場しました。

0003 うすい板状に削られた大根、ざるに入れられて炊かれるのを待機しているお米、いずれもふるさと高山の大地育ちです。
 大根は、兄夫婦が家庭菜園で育てて収穫したもの お米は、こだわりを持って懸命に育てた方の、なかなか入手できない逸品とのことです。
 本当にありがとうございます。 
0005 温め加減は自己責任ということで、熱が通ったかなというのをピックアップして、ポン酢に、そうそう、ゆず胡椒もいい働きをしてくれました。
 お魚が下のほうで、そろそろ食べ頃に ・・・うーん、いい季節になりましたね。
 おお、そういえば今日から師走。どうぞ、暖かくしてお健やかでお歩みください。よい日々となりますように。

|

« 詩 「うたをうたうとき」 まど・みちお | トップページ | 歌手 中島啓江さん のこと »

コメント

お鍋で大根をこのように切って食べると、食べやすく、時間もかからず美味しそうですね!勉強になります!さっそく真似します。

※  ムーミンパパより
  ピーラーといいますか、それを使って大根を削ると、いい調子ですね。  美味しく食べられますように。

  ご存じかも知れませんが、余談です。大根は、食あたりをしないということで、そこをもじって「大根役者」という言葉が生まれたとか。(芝居に出てもあたらないという意味だそうです)

投稿: rommy | 2014年12月 3日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍋物 大根しゃぶしゃぶ:

« 詩 「うたをうたうとき」 まど・みちお | トップページ | 歌手 中島啓江さん のこと »