« 粘り強さ・・・ ピサの斜塔 | トップページ | 『高砂』 宇江佐真理 著 »

2015年1月31日 (土)

安立すはるさんの短歌  一語のごとし

 立春も間近になりましたが、冬も意地を見せていますね。冬らしい冬の後には、いっそう春らしい春が来る ・・・ そんな気持ちもわいてまいります。

 歌人、安立スハルさんにこんな短歌があります。
   瓶にして今朝咲きいづる白梅の一りんの花一語のごとし
 写真は、『婦人之友』の読者の方たちの集まりである「友の会」の方たちにムーミン・ママが教えて0003 いただいて作った落雁です。
 ありがとうございます。
 今日も、よい日となりますように。
 あすは、日曜日。
キリスト教会の礼拝におでかけくださいますように。

|

« 粘り強さ・・・ ピサの斜塔 | トップページ | 『高砂』 宇江佐真理 著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安立すはるさんの短歌  一語のごとし:

« 粘り強さ・・・ ピサの斜塔 | トップページ | 『高砂』 宇江佐真理 著 »