« お年玉切手 2015 | トップページ | 冬のダリア »

2015年1月21日 (水)

女優 高峰秀子さん と辞書

Photo  『クロワッサン』という毎月2回発行される雑誌があります。2014年4月25日号に、この記事は掲載されていました。松山善三さんと高峰秀子さんご夫妻の養女、斎藤明美さん執筆の「高峰秀子の引き出し」という連載記事の第7回目 辞書という文章です。

 写真も、「クロワッサン」2014年4月25日号から引用させていただきました。ありがとうございます。

  司馬遼太郎さんや、井上ひさしさんが、高峰秀子さんの知識、才能の豊かなことなどに、どんな教育をすれば高峰さんのような人間が出来るんだろうと異口同音に感嘆したそうです。それほど、博覧強記の方だったのですが、実は、学歴と言えるほどの学歴がない高峰さんだったそうです。
 5歳から子役として働き、自分を養ってくれるはずの養父母を養い、13歳からはさらに十数人の親戚の生活を担ったそうで、小学校に延べ一か月、そして今の中学に相当するお茶の水文化学院に数日というのが、86年の生涯における学歴の全てなのだと記されています。
 小学一年生・二年生の担任、指田先生は、地方ロケに出発する高峰さんに、汽車の窓から、「秀子ちゃん、これ」と絵本を差し入れてくれ、それを車中で見ながら文字を覚えたのだそうです。新婚の夫、松山善三さんは国語辞典を渡し、ひき方を教え、かけ算、割り算などを教え、高峰秀子さんは熱心に学び続け、司馬遼太郎さんたちにも驚かれるほどの域に達したのだとのこと。
 女優、高峰秀子さんの熱心なフアンの一人だった人が松山・高峰夫妻の留守宅を訪れ、名刺を置いて帰って行かれたことがあったそうです。 なんと、「広辞苑」を編纂した新村出さん ・・・ 帰宅したご夫妻は、驚き、喜んで、すぐに宿泊先の新村さんを表敬訪問したというエピソードも記されていました。
 26冊の著書を世に送り出した高峰秀子さんの文机の傍らには、多くの辞書・・・広辞苑・大辞林・英和辞典・和英辞典・仏和辞典・広東語辞典・中国料理用語辞典 ・・・があったそうです。「一冊だけ本を選ぶとしたら」と取材で尋ねられたとき、高峰秀子さんは「厚い辞書、広辞苑」と即答したそうです。
 心を打たれました。
 今日も、よい日となりますように。
 

|

« お年玉切手 2015 | トップページ | 冬のダリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女優 高峰秀子さん と辞書:

« お年玉切手 2015 | トップページ | 冬のダリア »