« 『星やどりの声』 朝井リョウ 著 | トップページ | 焼売 (シュウマイ) »

2015年1月25日 (日)

さよなら セルロイド

  卓球の全日本選手権大会が開かれ、そして終わりました。今までの大会と大きく変わったのは、使用するピンポン球がセルロイドからプラスチックに変わったことです。

0003
  安くて、弾力や復元力に優れているセルロイドでしたが、発火の危険性があるのだそうです。国際卓球連盟では2014年の7月から、変更したとのこと。
  直径40ミリのピンポン球 ・・・ プラスチック球は、セルロイドに比べ、回転がかかりにくく、割れやすい傾向があるそうです。
※ 2015年1月14日(水)岐阜新聞 朝刊
から画像・記事の内容を引用させていただきました。ありがとうございます。
  中学、高校と卓球部だった私ですが、このところ卓球から遠ざかっていました。けれど、ウオーキングとは別の良さがあるので、このたび、もう一度、ピンポンする機会を作ろうと考え、用具の準備をいたしました。動きが少し緩やかなラージボールも人気が出ているとのことで、そちらのボールも試しに買ってみました。少しでも筋力アップに努めたいと思います。さて、どうなりますことか・・・
 セルロイドと言えば、この歌にも登場していました。
「青い眼の人形」
野口雨情 作詞・本居長世 作曲

 

青い眼をした お人形(にんぎょ)
アメリカ生まれの セルロイド

日本の港へ ついたとき
一杯
涙を うかべてた
「わたしは言葉が わからない
迷子
になったら なんとしょう」

やさしい日本の 嬢
ちゃんよ
仲よく遊んで やっとくれ
仲よく遊んで やっとくれ

 なごり惜しいですが、さよなら セルロイド

 今日もよい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

|

« 『星やどりの声』 朝井リョウ 著 | トップページ | 焼売 (シュウマイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら セルロイド:

« 『星やどりの声』 朝井リョウ 著 | トップページ | 焼売 (シュウマイ) »