« 心臓さん ありがとう | トップページ | さよなら セルロイド »

2015年1月24日 (土)

『星やどりの声』 朝井リョウ 著

0002 『星やどりの声』

朝井リョウ 著
角川書店 2011年10月31日 初版発行
 「星やどり」という名前の喫茶店を、建築家であった夫に病で先立たれた妻がきりもりしています。
 この喫茶店には「小空」と呼ばれる星型にくり抜かれたガラス張りの天窓があります。
 人気メニューは、ビーフシチュー。そして、自家焙煎の豆を用い、ネルドリップで淹れたコーヒーは濃いめの味。
 それぞれ個性豊かな六人の子どもがお母さんとの生活を紡いでいます。
 著者の朝井リョウさんは、1989年生まれの若手作家。『桐島、部活やめるってよ』は映画化されたようです。
  青春群像を瑞々しい文体で描く作風だと思っていました。それはそうなのですが、今回のこの本は、家族それぞれの心理、生き方がとても温かい目線で書き上げられています。
 よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。
 明日は、日曜日。キリスト教会の礼拝に、どうぞ、お出かけください。

|

« 心臓さん ありがとう | トップページ | さよなら セルロイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『星やどりの声』 朝井リョウ 著:

« 心臓さん ありがとう | トップページ | さよなら セルロイド »