« 手書きとワープロソフト | トップページ | ♩ あかりをつけましょ   »

2015年2月12日 (木)

『小さいおうち』 中島京子

0002 『小さいおうち』

中島京子
文藝春秋 2010年5月30日 第1刷発行
 映画化され、出演した俳優さんの中にはこの映画で外国の賞を受賞されたかたもおられますね。 映画をご覧になった方もおありだと思います。
 原作のこの本を読んでみますと、冒頭に
 この本は「家事読本」ではない
と断り書きがしてありました。 回顧談としてこの本を書いたことに設定されている登場人物の女中さんの言葉としてですけれど。
 途中で、昭和12年の暮れと正月の準備を細かに記した箇所や、ス・フと呼ばれていた人絹はとても水に弱かったこと、それをほとんど水につけずに洗い上げる早業を見せる機会がないのは残念
 
 という記述もあるので、「家事読本」としての値打ちもあるように思います。
 招致が決定して準備が進んでいた東京オリンピックが世界大戦のため、立ち消えになったこと、それを取り巻く情勢なども語られていて、なかなか面白いところのある本です。
 よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。

|

« 手書きとワープロソフト | トップページ | ♩ あかりをつけましょ   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『小さいおうち』 中島京子:

« 手書きとワープロソフト | トップページ | ♩ あかりをつけましょ   »