« ♩ あかりをつけましょ   | トップページ | 『現代に生きる聖書』  その2 »

2015年2月14日 (土)

『現代に生きる聖書』 曾野綾子

0002 『現代に生きる聖書』

曾野綾子 著
NHK出版 2001年5月25日 第1刷発行
「NHK人間講座」で2000年7月から9月に放送されたテキストに加筆し、まとめられたのがこの本だそうです。
 とても固いタイトルなのですが、「はじめに」の冒頭をまず、紹介させてください。
 
 私は小説家になった時から、卑怯な生き方をすることに決めました。

 一私人としては世の中にできるだけ迷惑をかけないようにも心がけますが、小説家などというものはもともと片寄った精神を持っているのですから、家族以外の他人の運命を左右する立場にはなるまいと決心しました。

  政治家になる人の勇気を考えると、私の卑怯さは同じ人間とは思えないほどです。
 何とも曾野綾子さんらしい文章ですね。
続けて、曾野さんは記しています。
 聖書の話をすることも、考えてみれば、かなり恐ろしいことなのですが、それを充分に知りながら、やはり私は語ることにしました。私自身があまりにも多くのものを聖書から得たからです。
 引用が長くなりましたから、今日はここまでにし、明日は、この本の内容からもう少し書かせていただきます。
 今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« ♩ あかりをつけましょ   | トップページ | 『現代に生きる聖書』  その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『現代に生きる聖書』 曾野綾子:

« ♩ あかりをつけましょ   | トップページ | 『現代に生きる聖書』  その2 »