« 「平和を求める祈り」 聖フランチェスコ | トップページ | 高い志と 地道な練習 すてきなピアニストたち »

2015年2月18日 (水)

「雨水」 二十四節季

 2月4日に「立春」、半月後の2月19日ころから「雨水」に二十四節季は入ります。一年を24に分けるのですから、一つの節季は半月ということになるのだなあ、と久しぶりに数学的・算数的に頭を働かせた思いで納得しています。

 「一雨毎に春近づく」・・・雪や氷が溶け、水がぬるんでくる ・・・ ♫ どこかで春が生まれてる の歌 を懐かしく思い浮かべます。
 2月17日の岐阜新聞朝刊、「分水嶺」に、こんな文章がありました。
  飛騨地方の各市では除雪費が例年の2倍を超えて過去最高額になる見込み。県でも20億円を超えると「大雪」との認識が今季は30億円近くになりそうな気配だ。
 記事は、この後、除雪に携わる方々の働きと見事な技を讃え、雪による事故がないことを祈る と結ばれています。
 分かりやすく具体的な数字を上げ、気遣い、心遣いを優しく込め、安全をと願って結ぶ・・・ 心と頭を刺激していただきました。 やはり、日々、磨いておられるプロの文章はすてきですね。
 今日も、よい日となりますように。
 

|

« 「平和を求める祈り」 聖フランチェスコ | トップページ | 高い志と 地道な練習 すてきなピアニストたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雨水」 二十四節季:

« 「平和を求める祈り」 聖フランチェスコ | トップページ | 高い志と 地道な練習 すてきなピアニストたち »