« 詩 「もし私が 知っていたなら」 | トップページ | 三月の雪 »

2015年3月11日 (水)

詩 「誰がために 鐘はなる」

 3月11日 ・・・東北大震災の被害に遭われた方々のお心を想いつつ、詩 「誰がために鐘はなる」を掲載させていただきます。  祈りを込めて

詩 「誰がために鐘はなる」
                        17世紀の英国の詩人 ジョン・ダン 作
                       後にヘミングウエイが小説のタイトルとし、映画化されましたね、
 なんびとも 一島嶼(いっとうしょ 離れ小島)にてはあらず。
 なんびとも みずからにして全きはなし。
 人はみな 大陸(くが)の一塊(ひとくれ)。本土のひとひら。
 そのひとひらの土塊(つちくれ)を、波のきたりて洗い行けば、
 洗われしだけ欧州の土の失せるは さながらに岬の失せるなり。
 汝(な)が友だちや汝(なれ)みずからの荘園の失せるなり。
 なんびとのみまかり(死ぬ)ゆくも これに似て、
 みずからを 殺(そ)ぐにひとし。
 そは、われもまた 人類の一部なれば、
 ゆえに問うなかれ、 誰(た)がために鐘は鳴るやと。
 そは 汝(な)がために 鳴るなれば。  (大久保康雄訳)

|

« 詩 「もし私が 知っていたなら」 | トップページ | 三月の雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩 「誰がために 鐘はなる」:

« 詩 「もし私が 知っていたなら」 | トップページ | 三月の雪 »