« 卵のフライ | トップページ | 「春眠 暁を覚えず ・・・」 »

2015年3月19日 (木)

ミモザの花

 暖かい陽ざしに誘われて、足を運んだところにミモザの木がありました。

 この木、花のことを知りたくなって、インターネット上の辞書、ウイキペディアで調べてみました。
ミモザ

  葉に刺激を与えると古代ギリシアの身振り劇ミモス"mimos"(マイムパントマイムの前身)のように動くことからこの名がついた。ラテン語本来の発音はミモサ、英語発音はマモゥサあるいはマイモゥサとなり、日本語のミモザはフランス語発音に由来する。ここから以下のような転用により語義が広がっている。

オジギソウ(本来のミモザ)
フサアカシア(ミモザ)
  • マメ科オジギソウ属の植物の総称(オジギソウ属のラテン語名およびそれに由来する学名Mimosa)。原義。
  • フサアカシアギンヨウアカシアなどのマメ科アカシア属花卉の俗称。イギリスで、南フランスから輸入されるフサアカシアの切花を"mimosa"と呼んだ事から。アカシア属の葉は、オジギソウ属の葉によく似るが、触れても動かない。しかし花はオジギソウ属の花と類似したポンポン状の形態であることから誤用された。今日の日本ではこの用例がむしろ主流である。鮮やかな黄色で、ふわふわしたこれらのアカシアの花のイメージから、ミモザサラダやミモザカクテルの名がつけられている。 後  略   
うーむ、ありがとうございました。 勉強になりました。
Photo 一気に春めいてきましたね。
 今日もよい日となりますように。

|

« 卵のフライ | トップページ | 「春眠 暁を覚えず ・・・」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミモザの花:

« 卵のフライ | トップページ | 「春眠 暁を覚えず ・・・」 »