« 『グリップ・オブ・グレース 神の恵みの手 』 マックス・ルケード 著 | トップページ | ナルニア国物語 『ライオンと魔女』 »

2015年4月 7日 (火)

復活祭 イースター

 復活祭 イースターは、「立春後の最初の満月の後の日曜日」ということになっていて、毎年、日付が変わります。 どうしてだろう ? と関心を覚えた方は、どうぞ、お調べになってくださいませ。

0005   イースターで大切なのは、イエス・キリストの復活を喜び、祝い、礼拝し、そのことの意味を改めて噛みしめることだと思います。
 周辺的なことですが、イースターに関係があることとして比較的、よく知られているものにイースター・エッグ、イースター・ラビットなどがあり、「イースター・パレード」という映画もあります。正装してパレードをする習慣があったからこういう映画が生まれたのでしょうね。、花としては、百合の花がイースターに合う感じです。
 どれも・・・例えば、クリスマス・ツリーなどもそうですが、特に聖書に記述があるわけではありません。イースター・エッグは、せっかくのお祝いの日だし、クリスマスにはケーキがあるから、子どもたちには、ゆで玉子をプレゼントしようか・・・そうそう、庭のあちこちに隠しておいて、子どもたちに見つけさせると喜ぶかな・・・というアイデアが元になって広がったのではないかと思います。 玉子が貴重品だった時代には、らくがんがプレゼントされることもあったそうです。
  ゆで卵は孵化しないけれど、キリストは復活なさったというメッセージを込めたという意見もあります。 印象的な説ですね。
0011
 私の通う教会では、イースターの礼拝の後に、昼食会をしました。
 イースターを喜び合い、お祝いすると共に
入学、進級のお祝い、国家試験に合格した青年を祝福、そして、お孫さんが生まれたことのお祝い ・・・ ちらし寿司を作り、いろいろな具を持ちよろうというアイデアで、すてきな食事会となりました。
 写真で、紹介させていただきますね。
今日も、よい日となりますように。
0002
 

|

« 『グリップ・オブ・グレース 神の恵みの手 』 マックス・ルケード 著 | トップページ | ナルニア国物語 『ライオンと魔女』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活祭 イースター:

« 『グリップ・オブ・グレース 神の恵みの手 』 マックス・ルケード 著 | トップページ | ナルニア国物語 『ライオンと魔女』 »