« 『おとなになる日』 シャーロット・ゾロトウ  | トップページ | 日本の名随筆 50 『歌』 加藤登紀子 編 »

2015年4月18日 (土)

蒔かぬ種は はえぬ

 「蒔かぬ種は はえぬ」 ・・・ 昭和20年代、多くの学校で、「子ども銀行」という活動が設定されたように思います。子どものときから貯金の習慣を育てようという国策があったのではないでしょうか。 現在も、、「金銭教育」、「消費者教育」などにそうした活動が引き継がれているようです。

 昭和20年代、そして30年代前半ころに、郵便局や銀行に行くと、プラスチック製の貯金箱がもらえました。郵便局のは、丸い円筒形のポストの形をしていて人気があったように思います。 ムーミン・ママは、銀行の貯金箱には、小さなイラストと「まかぬ種は はえぬ」という言葉があった、と申します。
0007  前置きが長くなりました。 逆に申しますと「蒔いた種は はえる」ということで、我が家の菜園にラディッシュの目が顔を出しました。 
 雨が多いことが幸いして、順調です。
 採りたてのラディッシュの丸かじり、サラダなどは、また格別ですね。
 チューリップの球根も順調に育って
エールをおくってくれます。
 妹は、保育士時代に、園の花壇のチューリップの一つ一つに一回ずつ「チューリップ」を歌ってから帰ろうとする子どもに、にこにこと付き合うお母さんの姿を見て、なんとも温かい気持ちになったと話してくれたことがあります。
 蒔いた種は はえる  今日も、よい日となりますように。
0003

|

« 『おとなになる日』 シャーロット・ゾロトウ  | トップページ | 日本の名随筆 50 『歌』 加藤登紀子 編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒔かぬ種は はえぬ:

« 『おとなになる日』 シャーロット・ゾロトウ  | トップページ | 日本の名随筆 50 『歌』 加藤登紀子 編 »