« 黒百合 | トップページ | 素晴らしい 伊藤美誠選手 »

2015年5月 1日 (金)

♩ たーかく 泳ぐや こーいーのーぼり

0004  青空に勢いよく泳ぐ鯉のぼり ・・・ いいものですね。住んでいる校区では、学校近くに毎年、鯉のぼりを上げてくださいます。

(いらか)の波と雲の波、

重なる波の中空(なかぞら)を、
橘(たちばな)かおる朝風に、
高く泳ぐや、鯉のぼり

 ご存じのように、もう一つ、鯉のぼりの歌があります。
やねよりたかい こいのぼり
おおきいひごいは おとうさん
ちいさいまごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる
 「おとうさん」のところが「おとうさま」だったり、「おかあさん」だったり
「ひごい」と「まごい」が入れ替わっていたり ・・・ 
 調べてみても、どうも、自信がなくなりました。いろいろあって、どれもいい なんて、いけませんか。 
 あなたは、どのように歌っておられたでしょうか。どうぞ、その記憶を大切にして、元気にお歌いください。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 黒百合 | トップページ | 素晴らしい 伊藤美誠選手 »

コメント

大きいまごいは おとうさん
小さいひごいは こどもたち

私は上記でした〜

なぜか風に揺られ泳いでいる大きな鯉のぼりを見ると心が和みます。

※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとう。

 子どもたちの健やかな成長を願うお祝いと祈りが込められていることを、風にはためく鯉のぼりは感じさせてくれますね。

 広く、長く親しまれて歌われている歌詞には、いろいろなヴァリエーションが生まれてくることが多いようです。どれがよくて、どれがいけないというものではなく。にんきのある証拠ですね。

 

投稿: rommy | 2015年5月 8日 (金) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♩ たーかく 泳ぐや こーいーのーぼり:

« 黒百合 | トップページ | 素晴らしい 伊藤美誠選手 »