« ばら ばら | トップページ | 月刊誌 『短歌』 2015年4月号より »

2015年5月10日 (日)

ナンジャモンジャ ヒトツバタゴ

0012  ナンジャモンジャの木も、花盛りです。別名を「ヒトツバタゴ」 ・・・どこかで区切りのある名前かな、と調べてみましたら、一つ葉 + タゴ (トネリコ) だそうです。 木としては、どう呼ばれると嬉しいのでしょうね。

 これだけの白い風景を維持するのは、なかなか大変だろうなと、その体力・気力に頭が下がる思いがいたしました。
 
  一本のヒトツバタゴも壮観ですが、これが何本も並んでいると、なかなかの景観です。岐阜大学に向かう道は、今、そういう眺めになっています。 この写真は、キャンパス内で撮りました。
 一つ一つの花は小さいのですが、それがたくさん集まったときのすごさを目の当たりにさせてくれますね。
 今日も、よい日となりますように。
母の日・・・ こんな短歌に出会いました。
十億の人に十億の母あらむも
       わが母にまさる母ありなむや
     ー 暁 烏 敏(あけがらす はや)の短歌より ー
 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。
0010

|

« ばら ばら | トップページ | 月刊誌 『短歌』 2015年4月号より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンジャモンジャ ヒトツバタゴ:

« ばら ばら | トップページ | 月刊誌 『短歌』 2015年4月号より »