« 歌うことの効用 | トップページ | ビューrティフルサンデ- »

2015年5月23日 (土)

『一朝の夢』 梶 よう子 著

0002_2 『一朝の夢』(いっちょうの ゆめ)

梶 よう子 著

文藝春秋
2008年6月25日 第1刷 発行
  主人公、中根興三郎(こうさぶろう)は八丁堀の奉行所に勤める役人です、でもテレビで活躍する同心のようには派手な活躍はせず、地味な事務方をしています。6尺ほどの長身も、自信なげに前屈みで歩くので、風采が上がりません。
 仕事とは関係ないのですが、そんな彼も、こと朝顔にかけては、人が変わったように雄弁になり、彼の庭にはめずらしい朝顔の花がいっぱいです。 これは、彼の唯一の取り柄のようです。
 けれど、花合わせ ・・・品評会・コンクールのようなものでしょうか・・・に出品し、それで名を挙げようという気持ちは彼にはないようです。
興三郎は、こんなふうに考えているのです。
◇  □  ○  ☆  ※  ☆  ○ 
たしかに、様々な過程で思いがけない名花になることもあるが、それは自分が咲かせた花ではない。朝顔が咲いてくれたのだと興三郎は思っているのだ。だから興三郎は花合わせに朝顔は出さない。花はそれ自体、みな必死で咲いている。その花たちに優劣をつけるのは、人の勝手でしかない。
         ◇   □   ○   ☆   ※   ☆   ○  □   ◇ 
 地味な主人公ですが、井伊直弼や、いろいろな人物が登場し、事件は次々起こります。
 幼なじみの女性との思いがけない再会もあるのですが、恋の面でも、器用には動けない主人公 ・・・ けれど、なかなかに読ませてくれる作品ではありました。
 今日も、よい日となりますように。
 

|

« 歌うことの効用 | トップページ | ビューrティフルサンデ- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『一朝の夢』 梶 よう子 著:

« 歌うことの効用 | トップページ | ビューrティフルサンデ- »