« 『日本橋本石町 やさぐれ長屋』 宇江佐真理 | トップページ | 関市 菖蒲園 »

2015年6月13日 (土)

ターシャ・テューダー 生誕100年

0007 月刊 「MOE」 2015年 4月号 

白泉社 発行
 これも、行きつけの図書館で目にとまったので、借りてきました。
 生誕100年記念アメリカ現地取材
ターシャ・テューダー 憧れの暮らし
 が巻頭大特集 となっています。
 ターシャさんについては、あまりにも有名な方ですから、この号で紹介されているターシャさんのことばをいくつか紹介させていただくことを今日のブログの役割とさせていただきます。
  余談ですが、ターシャ・テューダさんを訪問し、宿泊したことのある末盛千枝子さんの『人生に大切なことはすべて絵本から教わった』という本に、ターシャという名前は、トルストイの好きだったお父さんが『戦争と平和』のヒロインから「ナターシャ」とつけたが、少し縮めて「ターシャ」となったと書かれています。
 ◇   □   ○   ☆   ※
心の充足
 みんなが本当に欲しいのは、物ではなく心の充足です。幸福になりたいというのは、心が充たされたいということでしょう。わたしは、ここの何もかもに満足しています。
 家にも庭にも、動物達にも天気にも、バーモントのすべてに。
生きていることを楽しんで
 生きていれば落ち込むこともあります。状況を好転できると思ったら、ぜひ努力すべきです。でも、変えられないなら、、それを受け入れて歩み続けるしかありません。何があっても「生きていることを楽しもう」という気持ちを忘れないで。
堂々と生きるために
 今持っている力、今興味があること、今楽しんでいる人々0004_2 との関わりに、目を向けてみたら? そうすれば、おろおろしないで、堂々と生きられますよ。
座右の銘
 わたし(ターシャ)はジョージ・バーナード・ショーの次の言葉を座右の銘として生きて来ました。
「人は自分が置かれている立場を、すぐ状況のせいにするけれど、このよで成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、見つからなかったら創り出す人である。」
  「人生は短いのよ、好きなことをしなくちゃ」 (92歳で天に召されました。) 

「思うとおりに歩めばいいのよ」

「人生は耐え忍ぶためにあるのではなく、楽しむためにあるのよ」

 今日も、よい日となりますように。明日は日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。
0002

|

« 『日本橋本石町 やさぐれ長屋』 宇江佐真理 | トップページ | 関市 菖蒲園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターシャ・テューダー 生誕100年:

« 『日本橋本石町 やさぐれ長屋』 宇江佐真理 | トップページ | 関市 菖蒲園 »