« ミュージカル 「銀のロバ」  7月10日~12日 | トップページ | 生まれた時から・・・老いる日まで »

2015年7月 3日 (金)

『ベツレヘムの星』 アガサ・クリスティー

0002   ミステリーの女王との愛称(?!)をもつアガサ・クリスティーの短編と詩、10作品が収められています。

 『ベツレヘムの星』 
アガサクリスティー 著
 中村能三 訳
 早川書店 2003年11月15日 発行
 聖書に題材をとったクリスマスブックとあります。 「クリスマスには クリスティー」という言葉が生まれたそうです。
 末盛千枝子さんの文章に、この本を愛読しておられることが記されています。
 味わい深い本だと思います。
 7月になったばかりのこの時期に、クリスマスの話 ? とお思いになるかも知れませんけれど、よろしければ、どうぞ。 ムーミン谷の住人は、冬眠をするので、長い間、クリスマスのことを知らなかったようです。 毎日、新たな心で魂にイエス・キリストをお迎えし、一年中がクリスマスというのもいいかもしれません。 以前、軽井沢で一年中営業しているクリスマス用品のお店を見かけたことがあります。
 今日も、よい日となりますように。
クリックしていただくと、下の文字たち、少し大きくなってくれると思います。
Photo

|

« ミュージカル 「銀のロバ」  7月10日~12日 | トップページ | 生まれた時から・・・老いる日まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ベツレヘムの星』 アガサ・クリスティー:

« ミュージカル 「銀のロバ」  7月10日~12日 | トップページ | 生まれた時から・・・老いる日まで »