« 『日日雑記』 武田百合子 その2 | トップページ | 『とにかく 散歩いたしましょう』 小川洋子 »

2015年7月18日 (土)

折り紙

0002   窓辺にたたずむ二人の尼僧 ・・・折り紙で、こんな雰囲気のある空間を創り出すことが出来るのは、すてきですね。

  たとえば、新品のノート、そして真新しい折り紙 ・・・ これからどんな世界を形成するのだろうと、期待感、夢を抱かせてくれます。
  私は、折り紙が得手ではなく、はっきり言えば不得手です。でも、それだからこそ、折り紙でスッスと思いがけないものを誕生させることが出来る人を尊敬することが出来ます。
 とっても素直に憧れることが出来ます。
 
 上記の尼僧はムーミンママの作品、0005 右の作品はご近所の方の作品です。うーん、すてきですね。
  少し以前、近くのスーパーの七夕飾りの短冊に、幼い文字で、ねがいごとが書かれていました。
 「ピアノがひけるように」 「運動会のかけっこではやくはしれますように」 「習字がじょうずになりますように」 「かぞく みんなが えがおで なかよく くらせますように」 「たからくじがあたりますように」
 印象に残ったのが次の短冊でした。
「とうちゃんに なれますように」
 この短冊を目にして以来、いろいろなイメージを描いております。
 今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

おりがみ

|

« 『日日雑記』 武田百合子 その2 | トップページ | 『とにかく 散歩いたしましょう』 小川洋子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙:

« 『日日雑記』 武田百合子 その2 | トップページ | 『とにかく 散歩いたしましょう』 小川洋子 »