« 笑顔の代金は | トップページ | 『日本児童詩歳時記』 »

2015年8月22日 (土)

『向田邦子 おしゃれの流儀』

0007 『向田邦子 おしゃれの流儀』

編者  向田和子  かごしま近代文学館
2015年5月30日 新潮社 発行
 向田邦子さんが飛行機事故で亡くなったのが1981年8月22日ですので、もう34年になるのですね。
 「あ・うん」「阿修羅のごとく」は最近も放送されていますし、著書の売れ行きも衰えないところに人気の高さがうかがわれます。
 この本は、新聞で紹介されていたのをムーミンママが見つけ、図書館で検索して、借りることが出来ました。
  たとえば、気に入る手袋が見つからなければ、見つかるまで寒くても手袋はしないですごす というのが、向田邦子さんの流儀らしいのです。
 もとより私は、そうしたことに言及する資質は持ち合わせていませんので、関心のある方は、どうぞ、お読みください。映画雑誌の編集・執筆にも携わったかたですので、国内、そして海外の俳優さんたちのファッションにも接しながらもともとあったセンスにますます磨きを掛けられたようです。
 無骨な私が紹介させていただくことになってすみません。
 今日もよい日となりますように。
明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。
Photo

|

« 笑顔の代金は | トップページ | 『日本児童詩歳時記』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『向田邦子 おしゃれの流儀』:

« 笑顔の代金は | トップページ | 『日本児童詩歳時記』 »