« 飛騨の桃 | トップページ | しっとりと 雨 »

2015年8月13日 (木)

トマト

0009  飛騨高山の母の住まいの入り口に、時々、そっと野菜が置かれています。私が帰省したときには、トマトが・・・

  状況は異なりますが、新美南吉の名作、『ごんぎつね』を思い浮かべました。
 名も告げずに、秘やかに置いて行かれるのですが、母や、妹たちにはどなたからの贈り物なのか、分かるのだそうです。
 たまに帰省する私には、温かい心の通い合うおとぎ話のようにも思えます。
 今は、車椅子と仲良くしている母は、そうなる前までは、借りた畑でいろいろな野菜を育てるのを楽しみにしておりました。若い体に戻れたら畑で野菜を育てたいと語っておりますので、このようにしてトマトなどをいただくと、たいへん嬉しいようです。
 優しいお心遣い、ありがとうございます。私まで、その貴重なトマトのお裾分けにあずかりました。心から、感謝申し上げます。
 今日も、よい日となりますように。
 

|

« 飛騨の桃 | トップページ | しっとりと 雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トマト:

« 飛騨の桃 | トップページ | しっとりと 雨 »