« 暑さに負けないために | トップページ | 『マルタ・アルゲリッチ』 »

2015年8月18日 (火)

あるピアニスト

2  この写真の女の子は誰でしょう? 今日の記事のタイトル「あるピアニスト」を手がかりにして、お考えください。 と申しましても、2歳半の女の子が成長して、今現在、どんな表情をしているかと考えても、まず難しいですよね。

  暑い日が続く中、ブログを訪れていただきありがとうございます。今日は、この写真が誰かという短い一言で結ばせていただきます。
 「誰か気になる」というかたは、「続きを読む」をクリックしていただくと、もう少し手がかりが用意してございます。  でも、賞品が用意してあるわけではありませんので、明日まで、この記事のことは忘れて、元気におすごしくださいませ。
 暑い夏に負けて、手抜きの記事ではないか ・・・ す、するどいですね。 そのとおりです。 すみません。
 それでは、今日も、よい日となりますように。

 おお、「続きを読む」のコーナーへようこそ。

 この女の子は、1941年6月5日に南米で生まれました。(アルゼンチンのブエノスアイレス)
1965年、第9回ショパンコンクール第一位に輝きました。1995年、別府に彼女は自分の音楽祭を創設しました。
 名前がうかんだでしょうか。 解答は、明日のこのブログで。
 暑い日に、ご多用の中、お立ち寄りいただき、本当にありがとうございました。
 よい日となりますように。

|

« 暑さに負けないために | トップページ | 『マルタ・アルゲリッチ』 »

コメント

髪の毛の天然パーマ具合と印象的な眼から、一人の女流ピアニスト、マ○○・ア○○○〇○とわかりました。
二歳半にしては、大人っぽい表情ですね。

※ ムーミンパパより
 わあーっ (^J^) さすがですね。卓球 いえ、ピンポーンです。ご名答、ありがとうございました。

投稿: ペパーミントグリーン | 2015年8月18日 (火) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるピアニスト:

« 暑さに負けないために | トップページ | 『マルタ・アルゲリッチ』 »