« 『さいこうの いちにち』 | トップページ | 「平和 平和と 鳴く 鳥」 パブロ・カザルス »

2015年8月 8日 (土)

正しいグチの言い方

 先日の『学校を災害が襲うとき ー教師たちの3.11』の著者、田端健人さんは、幅広く本を読まれる方のようで、フランクルの『夜と霧』や、哲学者ヤスパース、そしてフロイトの考え方なども引用しながら書き進めておられます。 註の一つに上岡陽江と大嶋栄子による、グチの吐き方のアドヴァイスが書かれています。( 『その後の不自由』医学書院2010 上岡陽江他)

 グチには、グチを言う人を支える機能がある ・・・グチを言うときのポイントとして、
「思いっきり自分を正当化していい」
「自分を中心に話していい」
「他人のせいにしていい」
の三つが挙げられています。
   うーん、グチの効用、正しいグチの言い方 !! 
 目が開かれた思いがいたしました。 そういえば、料理番組にグッチ裕三というかたがご自分のバンドを引き連れて登場することがありますね。(このかたの芸名には、いくつかの説があるそうですけれど。)
 言いたいことがあるのにがまんして従順に耐えるより、もやもやを表現してすっきりさせ、いい方向へ局面を切り拓く力となる正しいグチ ・・・ 聞こえよがしに言うのかどうか、誰かに聞いてもらうとしたら、聞いてくれる人のグチも聞いて上げるなど、効果的にグチを活かし合う土台作りも多分要るのだと思います。  世の中は、いろいろな考え方があって広いですね。勉強になりました。
 今日もよい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 『さいこうの いちにち』 | トップページ | 「平和 平和と 鳴く 鳥」 パブロ・カザルス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しいグチの言い方:

« 『さいこうの いちにち』 | トップページ | 「平和 平和と 鳴く 鳥」 パブロ・カザルス »