« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月28日 (月)

経過良好です ありがとうございます

  退院後の経過、良好です。10月からブログを再開させていただきます。

 さて9月28日は、27日の中秋の名月よりも、さらに月が丸い姿となって夜空に輝いています。 スーパー・フル・ムーンと呼ばれるのだそうです。
0002 それでは、また。
 9月のフィナーレ 良い日々となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

明日、退院の運びとなりました

経過良好につき、明日22日の午前中に退院の運びとなりました。

ご心配をおかけいたしました。お祈りいただきましたこと、 本当にありがとうございました。心強かったです。

退院が決まって、秋空が朝よりも、いっそう爽やかに思われました。 ということは、やはり気にしていたということで、まだまだ成長の余地のたーくさーんある私なのだということですね。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。1週間後に見届けの診療がありますし、入院中に溜まったこと、滞ったこともありますので、10月にブログを再開させていただきます。

それでは、9月の日々、よき恵みの連なりとなりますように。 10月にまた、お目にかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝利への意志 ラグビーW杯 イングランド大会

ラグビーのことは、試合終了を告げる笛を「ノーサイドの笛」…敵味方なし、…ということ、そしてピーナッツのような形のボール…どう転がるか予測がつかず、ある同僚は「最後まであきらめないで追う者が報われる形」と話してくれた 不思議なボール のことくらいしか知らない私です。

でも、24年ぶりの白星を、それも大変な強豪チームから挙げたニュースには感銘を受けました。岐阜新聞9月21日付けから引用します。

29対32の後半ロスタイム、反則をもらった日本がスクラムを選択すると、総立ちの観客が騒然となった。…スクラムに懸けよう意思統一した日本はPGでの同点を狙わず、勝ちにこだわった。

時間もない中、強豪チームに同点で並ぶ道ではなく、あくまでも勝つことを全員が目指した、ということのようです。

それは、すでに総立ちだった観客が騒然となるほどの決断だったのですね。 詳しくない私の胸も熱くなりました。 そして、…逆転トライ、ノーサイドの笛‼️

チャレンジの強い意志…せっかく用意していましたので、公開させていただきます。

それでは、本当に、10月に.またお目にかかりましよう。 日曜日には、キリスト教会の礼拝にどうぞ。 (^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

とうとい贈り物 田口福寿会から

岐阜新聞に、田口福寿会の学校への寄贈が報じられていました。
🎶カンガルーのせいのー のコマーシャル、都市対抗野球でも強い西濃運輸の創立者が、子どもたちの教育には本が何よりと学校図書館の充実のために長年、図書費を寄贈してくださり、会社の後継者もその尊いお志を引き継いでくださって、長年の累計が、11億円を越えたとのこと。

どんな本を購入するかは学校に委ねてくださるのです。『フィンランドの子どもの学力はなぜ高いか
』という本に、公共の図書館の数と質の充実が挙げられていました。

子どもたちの教育のために…。特に今の世相の中で、なかなかできることではないと、本当に嬉しく思っている一人です。 どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

今日も、よい日となりますように❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

運動会にも 病院にも

9月19日の岐阜市は、爽やかな秋晴れ。多くの小学校では運動が開催。元気な姿があふれていたことと思います。

いっぽう、病院には、病んでいる人たちの姿がいっぱいでした。 恢復途上とはいえ、私もその一人です。
人間は、身を置いたところしか、肉眼では見られませんから、運動会の会場にいると、健康的な姿が世界を占めているように感じ、病院にいると、世の中は病気の人ばかりだと思ってしまいがちです。
少なくとも私はそうなりがちです。

でも、運動会にも、病院にも、そしてこの世のどんなところにも目を注いで、私たち一人一人を愛してくださっているかたが、おられます。そう、神様です。

なんと幸いなことでしょう。「わたしの目には、あなたは高価で貴い。わたしは、あなたを愛している」 聖書より

20日は日曜日。キリスト教会の礼拝へどうぞ。

よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

元気に入院生活を

元気に入院患者しています。
1.病院食…すべて完食。
2.昼も夜も しっかり安静。
3.点滴、薬 スムーズに
4.主治医へのアピール プレゼンテーションを手短かに

1、2は、私には努力せず、できることです。自慢にはならないですね 4は日野原重明医師が、薦めておられることで、待ち時間は長く、番が来ると、パソコンに目を向けている医師がいるかもしれないが、そういうときこそ、その3分間を有効に生かしたプレゼンテーションを工夫しましょうということです。

我が主治医は、若々しく、とても優秀、そして、素早いのです。朝、夕、会いに来てくださいますが、風のように去って行かれます。ピンポイントのひとことを後に残して…。 作戦を立てました。おおわくとのつながりを確かめるクエスチョンを発することにしました。 今のところ、成功している気がしています。

どの職員も若いのにベテランに見える…ひとりひとりが勉強熱心で、連携がよくとれている そう感じて私も真面目な患者生活を送っています。

こうしていられるのも、突然の事態を温かく、さりげなくカバーし、励ましてくださっている、そして祈ってくださいます皆様のおかげです。

ありがとうございます。

今日もよい日となりますように❗️

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

感謝いたします

15日、火曜日、受け付け、何種類かの検査、そして処置、入院と、実にスムーズに進めていただき、以来、恢復途上にあります。 胆管の出口近くに石づまり…それを胃カメラと器具を入れて取り除きに向かったところ、察知したのか、石は自分で退散。周囲の手当てと養生、これからに向けてしておくとよい処置。素敵な医療の恩恵に浴し、来週には退院の見直しです、ご心配おかけして申し訳ありません。体重が少し絶食中に減って喜んでおります。 今しばらくお休みをいただきます。 感謝しつつ(^_^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

しばらくブログ更新 休ませて いただきます

 大きなことではないのですが、熱が出て、何と、このムーミンパパが食欲不振に陥りました。

何も書かずに更新がとまると、返ってご心配をおかけしますので、あらかじめ、お知らせいたします。
 振り返りますとこのブログを始めて、ちょうど十年めに入ったのではないかと思います。
 つたないブログにお立ち寄りいただき、温かいコメントもお寄せだき、感謝しております。
 お医者さんの目は、すばらしいですね。体調を崩している本人は、胃腸風邪かなとか、予測を立てたのですが、体が黄色っぽく見える ・・・黄疸ではないか、検査して貰った方がよい、とおっしゃいました。 もし黄疸だと、胆汁系の病らしいですね。初めてのことで、どれくらい、検査・治療にかかるのかわかりませんので、あらかじめ、ほんじつのきじを出させていただきました。
 どうぞ、ご心配なさらないでくださいね。 またすぐ、お目にかかりましょう。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

『科学者は 戦争で何をしたか『

0002 『科学者は 戦争で何をしたか』

益川敏英 著
集英社新書2015年8月17日 第1刷発行
 益川敏英さんは、2008年にノー部鵜物理学問を受けられたかたです。
 5歳の時、名古屋の町でご両親と避難しようとしていた益川さんの目の前にジェラルミン性のコンパクトな、しかし殺傷力の高い焼夷弾が落ちてきたそうです。 さいわい、不発に終わったので、益川先生のその後があるのです。
 多くのことが端的に書かれていますが、益川先生の師、坂田昌一先生の言葉を記させていただきます。
 科学者は可がくっ者として学問を愛する以前に、まず、人間として人類を愛さなくてはならない。

 もう一つ細菌学者のルイ・パスツールは  もう一つ、、細菌学者のルイ・パスツールは

科学に国境はないが、科学者には祖国がある

という言葉を遺しているそうです。
 科学者が人間的な有していても、挙国一致体制に否応なく組み込まれ、多くの発明が大量殺人、大量破壊の兵器として用いられてしまう怖さが、たくさんの実例を挙げて書かれています。
  ひとたび、核兵器が完成してしまうと、それを決して使わないようにという科学者の意見は顧みられることがなかったのです。
 諸刃の剣 ・・・ このことに待ったをかける国、日本になりたいと思います。
 今日もよい日となりますように。

続きを読む "『科学者は 戦争で何をしたか『"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

『俳句、はじめました』 岸本葉子

0004 『俳句、はじめました』

岸本葉子 著
角川ソフィア文庫 
平成24年12月25日 初版発行
 岸本さんは、テレビ、「NHK俳句」の司会をしておられますね。俳句を始めたのは、2008年1月にこの番組に出演したことがきっかけとのこと。俳句以外のことでのエッセイ、著書も多いようです。1961年生まれだそうですが『ちょっと早めの老い支度』など。うーん、だいぶん早いように思えますが・・・。
 内容は、初めての句会 言葉に意識的になる 類想って何だろう いざ、吟行 席題に挑戦 季語の楽しみ など。 簡明に 切り口よく ご自身の句、句会に集った方の句、選評などを 手際よく 綴ってあって、読みやすいです。
 よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

ピアニスト ・・・

  世の中には、たくさんのピアニストがいます。CDはついていない本で、とてもたくさんのピアニストを文章だけで、ひとりひとり書き分けて紹介している本に出会ったこともあります。感服の他ありません。

 今回も、CDは付いていないのですが、「こういう本を読んでみたーい」という本を図書館で見かけましたので、喜んで借りてきました。

0002 『ピアノ&ピアニスト』 音楽の友 編  音楽之友社 2013年1月1日発行

 この本に、「ヤマハ ピアノラウンジ」 というホームページが紹介されていました。
 インタビュー、コンサーとの紹介など、なかなか見応えがあります。 よろしければ訪れてみてください。
 表紙のピアニスト ・・・九人ともお分かりになる方、すごいですね。
 もう一冊あります。
『我が偏愛のピアニスト』 0004
青柳いづみこ 著 
中央公論社 2010年9月25日 初版発行
 こちらは、青柳いづみこさんの同級生、先輩、後輩、留学先で聴いたピアニスト、ピアノを教えた生徒・・・ 九人の日本人ピアニストが紹介されています。
 実は、私が読むのは、これからなので、本をご紹介することで、この文は結ばせていただきます。 楽しみです。 CDが付いていて一人一人の演奏が耳に出来るわけではありませんのに・・・不思議ですね。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

きんさん ぎんさん の ユーモア

 双子の姉妹 きんさん ぎんさん が長寿で有名になって、テレビなどへの出演でひっぱりだこのとき、こんな質問がされました。

 「あのー 失礼を承知でおたずねします。ごめんなさい。 出演料などがたくさん入ると思いますが、どういうことにお使いになりますか?」
 きんさん ぎんさん のお答えを覚えておられる方もおいででしょうね。
 答えを確かめたい方は、  「続きを読む」 をクリックしてお読みください。
 今日も、よい日となりますように。

続きを読む "きんさん ぎんさん の ユーモア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

『春や春』  森谷明子

0002 『春や春』

森谷明子 著
光文社 2015年5月20日 初版第1刷 発行
 俳句甲子園のことをお聞きになったことがおありでしょうか。この青春小説は、ある女子高校で結成されたばかりの俳句同好会がいろいろな苦労を重ねながら俳句甲子園に参加し、地方大会を勝ち抜き、正岡子規の出身地で行われる全国大会に出場する物語です。
 図書館司書の経験豊かな著者の俳句理解は豊かで、歳時記、辞書、俳句の鑑賞、批評、創作などについて、多くのことがちりばめられています。
  対戦相手が提出した句に、どう攻めたらいいんだと呆然とする場面もあります。
  ◇ 夕焼空でもほんたうに好きだった
あるいは、他の場面ですが、こんな句も。
 ◇ 桃すする雨よ昨日の一言よ
 メンバーには、書の達人、音感に優れていることで誘われた者などがおり、ディベートの練習も積みました。 さて、このチームはどう強敵たちに切り込んでいくのでしょう。
 俳句に関する参考文献が14冊、巻末に記されているなど、幅、奥行きがあります。
 よろしければ、どうぞ。
 水害、風の害は、いかがだったでしょうか。 被災された地域の方々、どうぞ、お大事に。
よい日となりますように。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

栗ご飯

 たくさんの栗をいただきました。そして、ちょうど同じ日に別のかたから「くり栗坊主」という栗の皮剥き器をいただきました。

 こうなったら、と、早速、栗ご飯に取り組むことになりました。そういうわけで、皮剥きは、私、それ以降の仕事は、すべてムーミンママという分担で、栗ご飯がその晩の食卓に ・・・。
0003
 たいへん、美味しかったです。 イノシシに食べられる前にたくさんの栗を収穫し、虫がついていないか丁寧に点検し、プレゼントしてくださったご家族 ・・・何と、たくさんの栗きんとんも作ってきてくださったのです ・・・ に感謝申し上げます。そして、タイミングよく「くり栗坊主」をくださった方に。  ありがとうございました。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

葡 萄 (ぶどう)

0003  岐阜市長良の葡萄園、その直売所には、早朝に摘んだばかりのぶどうがならびます。

  ピオーネ、巨峰 ・・・ いろいろな品種が巧みにバトンタッチしているようです。

 このところ、雨が多いので、いろいろ苦労なさっているようです。  お店の方からはそういうことはおっしゃいませんが、こちらから話題にすると、控えめにですが、配慮しておられることの一端を聞かせてくださいました。

 とても、おいしくいただいております。

 実りの秋に、感謝いたします。栽培に心を込め、年間を通して打ち込んでおられる方々に。そして、神様に ・・・ 卵などを見ても思うのですけれど、 ぶどうの一粒一粒を見事にラッピングしてあるのは、まさに神わざではないでしょうか。

  8日夜の情報では、台風の影響で、名古屋は、午前6時から午前中、雨の警戒を ・・・ そして、岐阜は・・・午前8時から午後5時まで念のために警戒を・・・えっ、これは、9日の日中全部に思えますが、どういたしましょう。 気象情報に気をつけていたいと思います。

 どなたさまも安全に留意いただきまして、よい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

「新図書館利用 居心地に満足」

 9月6日の岐阜新聞朝刊の投書欄に、岐阜市の複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」について、「新図書館利用 居心地に満足」という記事が掲載されていました。

 ※ クリックしていただくと、画像が少し大きくなると思います。 書かれたのは、岐阜市在住の桐山 桂さん(74歳)とのこと。
0006
 文中の「閉じられた本は識者を作らず」ということば、そして司馬遼太郎さんのことばとして引用されている「三行書くのに図書館いっぱいほどの本を読む」が、印象に残りました。
 私も、新しいこの図書館をとても大好きです。 
 作家、宮城谷昌光さんは、「正しいことが必ず力をもつ。これを文化という。」とある書に記しておられます。
 そうした奥行きのある文化を築くためにも、せっせと図書館に通いたいと願っています。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

初めての 「トッポギ」

0006  中学校時代からの友人が、「トッポギ」を送ってくれました。 我が家では、初めての「トッポギ」 ・・・ 有名なのかもしれません・・・「棒状のトック(お餅)をコチュジャン砂糖を使って甘辛く炒めたもので、韓国の庶民料理として親しまれ屋台の定番メニューとなっている」と、ウイキペディアに書かれています。 タレもセットになっておりまして、ネギ、さつま揚げなどとぐつぐつ煮て出来上がりです。 写真の白い円筒形が「トック」、白ネギに一見、似ています。煮くずれしない韓国のお餅といってよろしいでしょうか。 

 一緒に送ってくれた梨をデザートに・・・至れり尽くせりの友情に感謝です。
ありがとうございました。とっても美味しくいただきました。 うーむ、味覚の秋、輝かしいスタートです。 夏痩せしたら、ムーミンパパから、スナフキンに鞍替えしようかともくろんでいましたが・・・。
 本日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

秋海棠

0004  秋海棠 (しゅうかいどう) ・・・今年の秋海棠は、このところ雨が近いせいか、特に元気できれいです。 ← と、ムーミンママが申しております。 私には、ほとんど違いが分かりません。

 花より 団子 を地でいっていると申しますか・・・ いえ、自慢しているわけではありませぬ
 とっても以前のこと、あるコマーシャル ♪ダバダー (と音楽が流れ)「違いの分かる男の 何とかコーヒー」 というのがありました ・・・ 
  そこへいくと、違いの分からないこと、おびただしいのが この私です。 コマーシャルの出演依頼はもちろん、ありませんでした。
 長しゃべりをしました。どうぞ、お近くの花々をめでてくださいまし。
 聖書、マタイによる福音書6章に、こういう言葉があります。有名ですので、ご存じの方が多いかと思います。
  野に咲いているゆりの花を見なさい。 着物の心配などしていないでしょう。それなのに、栄華をきわめたソロモンでさえ、この花ほど美しくは着飾っていませんでした。
今日は咲いていても、明日は枯れてしまう草花でさえ、神はこれほど心にかけてくださるのです。 だとしたら、あなたがたのことは、なおさらよくしてくださるでしょう。
 今日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

『花野に眠る』 秋葉図書館の四季

0002 『花野に眠る』  秋葉図書館の四季

森谷明子 著
東京創元社 2014年11月28日  初版
 森谷明子 (もりや あきこ)さんは、神奈川県生まれ。 2003年に王朝ミステリー『千年の黙(しじま) 異本源氏物語』で、鮎川哲也賞を受賞。
 図書館司書の経験、知識を生かして、この『花野に眠る』では、図書館を訪れる少年や主婦の断片的に残る記憶を手がかりに、「おさがしの本は、これだと思います」とかっこよく本を差し出す場面が、鮮やかに描かれています。
 『スーホの白い馬』・『ぐりとぐら』・『だいくとおにろく』・『ゆずりうけた母の味』(辰巳芳子) など20冊ほど、登場しています。保育園に出向いてブックトーク・・・テーマを決めてそれに沿って選んだ本を紹介・・・をする場面もあります。
 松井るり子さんを通して、森谷明子さんの著書を知った妹からの紹介で読んでみました。  
 『千年の黙 異本源氏物語』も読んでみました。 藤原道長、中宮定子、中宮彰子、紫式部、清少納言 などが登場していて興味深く読めました。
 図書館で探すと十数冊、森谷さんの本が並んでいました。 読書の秋の到来 ・・・本の世界がまた広がった思いがしております。 
 今日もよい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

ペスタロッチの妻 アンナ

0003  有名なペスタロッチの奥さん、アンナのことが、『ペスタロッチ伝』 ーその思想と事業ー ドウ・ガン 著 新堀通也 (しんぼり みちや)訳 学芸図書出版社 昭和30年9月28日初版   昭和40年3月27日 修正3版 に書かれていて、印象に残りました。

  少年時代のペスタロッチがボンボンを買おうとしたとき、少女であったアンナ・シュルテスは、彼に教訓を与えたのだそうです。後にペスタロッチと結婚することになるアンナは、早くから文学や芸術の教養が与える精神と心情の喜びを理解し味わっていて、大きくなってからも、少女時代のことを生き生きとした思い出として有していたとのこと。
 この本には、73歳になった彼女が書いた美しい詩のことが書かれていますが、「我々はドイツ語のこの詩の新鮮優美な単純さを翻訳できないであろう」と記されています。 ← うーん、これは謙虚かも知れませんが、少しずるいではありませんか。 幸い、かいつまんだ内容と、結びの2行は訳されていますので、この詩の再現にチャレンジしてみたいと思います。題は結びの2行から付けました。
  ◇   □   ○   ☆  ※   ☆   ○   □   ◇
  死にたる人は 永遠に生く     アンナ・ペスタロッチ
    野辺で 私は 少女に  尋ねた
    「あなたは 何人兄弟 ?」
    「七人よ」
    「おお  お家は さぞ にぎやかなんだろうね  うらやましいよ」
    「そうよ 地上に五人  あの芝生のところに 二人 」
 
    「朝 歌を 歌っていたところかい」
    「そう  朝は 歌を  夕方には  お花に水をやりに   
             今は 一緒にパンを食べに行くの」
    「いつもかい」
    「そうよ 私たち 七人兄弟 なんだもの」
    ああ、あどけない少女よ あなたは 私に慰めを与えてくれた
    そして 確信させてくれた
    死にたる者は永遠に生く
    永遠に愛さるるその人は 
        ◇   □   ○   ☆  ※   ☆   ○   □   ◇
 会ったことのないアンナ・ペスタロッチ ・・・ その人の詩を たまたま読んだ1ページから再現しようとするなんて、無謀で、不遜 ・・・でも、おゆるしくださいね。 何もしないままでこの本を閉じたくない気持ちを、他にどうしようもなかったものですから。
 今日も、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

空 と 雲

 9月2日の岐阜市、よく晴れて気温が上がりました。

ラジオ体操をしました。夏休み中は、いろいろなところへ体操チームが巡回して放送されていたのが、スタジオからの放送に戻っていて、ああ、夏休みは終わったのだなあと感じました。
 あまり、体を動かさなかったので、夕方、ウオーキングに出かけました。 先日、NHKの「ためしてガッテン」で、歩くときに、無理でないならば、1分はゆっくり歩き、次の1分は、少しがんばって早足で歩く これを繰り返すと インターバルトレーニングになって、「ミトコンドリア」を増やす体内スイッチをオンにすることができ、疲れにくい体になると学びましたので、出来る範囲で実行しようと思いました。
 もっとも、山道のコースを、この日は選びましたので、坂道にさしかかったり、平地になったりするので、あまり、インターバルは意識しませんでした。 少し息が弾みましたが、夕空に雲が浮かんでいる光景は美しく、しばし、見とれました。
Fullsizerender_5
  ああ、ウオーキングにでかけてよかったなあと思いました。この写真は、そのとき携帯で写したものです。 歩かなければ、歩かずにすんでしまいますが、そうすると、こうした光景にも出会えずに、残念だったとも思わずに一日が終わってしまうことになるからです。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

晴れ晴れした思い

 実は、昨日から今朝にかけて、重かったのです。 

  「体重なら、いつも重いだろう!」 ← もう、早速、温かいお声をありがとうございます。それは、その通りなのですけれど、9月1日は、歯の定期検診・手入れの予約が入っていて、(自分で予約を入れたのですけれど)気が重かったのです。
 朝一番の予約 ・・・名前を呼ばれて三つの椅子がある治療室に入ると、中央の席に歯科衛生士さんが導いてくださり、問診しながら紙のエプロンを付けてくれました。 ああ、これが高級レストランなどの食事スタートのエプロンかナフキンだったら、どんなにいいだろう・・・などと思いましたが、口にはしませんでした。 なにしろ、緊張していましたから。
  歯医者さんが明るく「おはようございます。お口の中で、困ったこと、変わったことはありませんでしたか」と尋ねてくださいました。 この日の患者第一号が、私です。
  口を開けて ・・・もちろん私がです ・・・ さーっと見るなり 「よく、磨けています」と歯医者さん。 わあーっ 曇り空でしたが、心が晴れ晴れ 
Umi
  歯科衛生士さんが丁寧に手際よく掃除してくださって、見届けは再び歯医者さん。そのとき、こう、おっしゃったのです。「理想的な状態です。これを維持しましょう。」 ・・・ こういう言葉を歯医者さんからいただいたのは生まれて初めてでした。
 歯医者さんをハグして、スキップして  ← これは、大げさ ・・・ 落ち着いてお礼を言って治療室を出ました。
 晴れ晴れとした思いでした。 丈夫な歯の持ち主に生んでくれた母と父、そして根気よく歯の磨き方、手入れの仕方を教えて下さった歯医者さん、歯科衛生士さんに感謝しています。
 今日も、よい日となりますように。 (写真は使用許諾のあるプロの写真「海」です。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

夏の野菜カレー

0006  岐阜市の多くの小中学校は、9月1日から二学期のスタートです。二学期制を採用している学校は少し早く始まっているところもあります。

  ムーミンママにコーチしてもらいながら、夏野菜のカレーを作りました。子どもではありませんので、夏休みの宿題を8月フィナーレに仕上げたわけでは、ありませぬ。
 材料は、ゴーヤ、ひよこ豆などです。
 なかなか、おいしく出来たと思います。
 おーっ、今、気がつきました。 夏痩せしないで味覚の秋を迎えるパターンは、私の場合、今年も、しっかり守られたことに ・・・ いえ、喜んでいるわけではありません。
 まっ、いいでしょうか。 (うっ、 よくなーい とどこかから聞こえたような)
 大らかに  今日も、よい日となりますように。 スタートする9月がよい日の連なりとなりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »