« ペスタロッチの妻 アンナ | トップページ | 秋海棠 »

2015年9月 5日 (土)

『花野に眠る』 秋葉図書館の四季

0002 『花野に眠る』  秋葉図書館の四季

森谷明子 著
東京創元社 2014年11月28日  初版
 森谷明子 (もりや あきこ)さんは、神奈川県生まれ。 2003年に王朝ミステリー『千年の黙(しじま) 異本源氏物語』で、鮎川哲也賞を受賞。
 図書館司書の経験、知識を生かして、この『花野に眠る』では、図書館を訪れる少年や主婦の断片的に残る記憶を手がかりに、「おさがしの本は、これだと思います」とかっこよく本を差し出す場面が、鮮やかに描かれています。
 『スーホの白い馬』・『ぐりとぐら』・『だいくとおにろく』・『ゆずりうけた母の味』(辰巳芳子) など20冊ほど、登場しています。保育園に出向いてブックトーク・・・テーマを決めてそれに沿って選んだ本を紹介・・・をする場面もあります。
 松井るり子さんを通して、森谷明子さんの著書を知った妹からの紹介で読んでみました。  
 『千年の黙 異本源氏物語』も読んでみました。 藤原道長、中宮定子、中宮彰子、紫式部、清少納言 などが登場していて興味深く読めました。
 図書館で探すと十数冊、森谷さんの本が並んでいました。 読書の秋の到来 ・・・本の世界がまた広がった思いがしております。 
 今日もよい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会にお出かけください。

|

« ペスタロッチの妻 アンナ | トップページ | 秋海棠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『花野に眠る』 秋葉図書館の四季:

« ペスタロッチの妻 アンナ | トップページ | 秋海棠 »