« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

果物

0002   果物  八木重吉  

秋になると

果物はなにもかも忘れてしまって
うっとりと 実ってゆくらしい

  美濃加茂市の果樹園で実った大きな梨をいただきました。 丸々とした形を撮ればよかったのですが、タイミングを逸して、このような写真に・・・ たいへん 美味しくいただきました。 ありがとうございます。
 歩むいちにちいちにちが、果物のように豊かな実りを結びますように。
 今日も、そうしたよい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

バーモント州の秋景色  ターシャ・テューダーさん

0002 『ターシャ・テューダーの言葉 最終章 最期のときをみつめて』

ウインズロー・テューダー (ターシャさんの孫) 他 写真
食野雅子(めしの まさこ) 訳 
メディアファクトリー 
2010年11月19日 初版第1刷 発行
  この本の最初に、こう記されています。
 まだ死ぬつもりはないわ。 でも、死に向かって歩んでいるのは、みな同じよ。心配してもしかたがないわ。わたしは今生きているだけで、ありがたいと思うわ。
 2008年5月8日
 そして、翌6月、ターシャ・テューダーさんは、静かに天に召されていきました。
 自然の業ってすごいわね。自然が創る物の種類、そのデザインの多さには感心するわ。カシの葉、カエデの葉、ネコヤナギーみんなみごとよ。自然は美しいと思う。わたしは、そんな中にいられるだけで幸せよ。
 
考えるのは庭のことばかりよ。
草を取ったり、花柄を摘んだりしてやらなければ、って。それからキッチンへ行って十字パ

0003

ンを作れたらって。でも、不満はないわ。今は今で幸せだから。
 右の写真、中央に線が入ってしまって、すみません。
 日本にも、バーモント州にも そして世界に秋が来ているのですね。(南半球は春?)
 美しさを味わいつつ 今日もよい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

大学祭 

0006  岐阜大学の大学祭のゲートが設置されました。29日から始まるのですが、特に10月31日(土)・11月1日(日)の両日は、農学部・・・応用生物学部・・・が花木などを値打ちに販売する企画もあり、休日でもありますからお薦めかと思います。 よろしければ、お出かけください。 駐車場も開放されております。

  このゲート、なかなかの力作で、別面はレイアウト、配色が異なっています。
 学生たちが、ベニヤ板や木材を金槌と釘を持って、掲示板などを作り上げている光景を、そこここで見かけます。
  女子学生も、私などよりよほど釘打ちが上手に見えます。 頼もしいですね。 もちろん、それぞれ専門の学問においても情熱を注いでいるようです。
 フレー フレー  若者たち ・・・ そういえば、私の学生時代、オーケストラでは、「ブラームスの「大学祝典序曲」などを演奏したのでした。 懐かしいです。
0005
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

子どもの感性  俳句から

  芭蕉の『奥の細道』のゴールは、現在の岐阜県大垣市だということをご存じのかたは多いと思います。

 その大垣市に、俳句を投函できる「奥の細道むすびの地ポスト」が設置されていて、定期的に岐阜新聞で、投句された俳句の中から選ばれた俳句が紹介されています。小中学生の部と大人の部があります。
 10月21日付けの岐阜新聞には、小中学生のこんな句が紹介されていました。
 ありさんもやすんでいいよぼくのかげ   藤原 仁
 朝がおのたねがとれたよまたらいねん  宇野 ひなた
 流れ星みのがさないよう目をみはる    石田理歩子
 かえでさん風といっしょにすもうとる     伊藤大河
 すすきのほ風がふくたびごあいさつ     川地亜依佳
 りきまないで すなおに詠まれている句 ・・・ すてきですね。
 さんまを題材に こどもと 一般の句を ひとつずつ
 小中学生の部   サンマの目きれいに食べてとぼくに言う  関谷泉吹
 一般の部      食すより骸の多さや焼き秋刀魚       林 ひとみ
 なんだか、おもしろいですね。
 
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

黄楊(ツゲ)のテディベア

0004   ウオーキングで通る道に、このテディベアがたたずんでいることに気がつくのに、だいぶん時間が経過していました。それほど自然体だったのです。

  何と、お友だちの家でしたので、ムーミンママはおことわりしてリボンを付けさせていただきました。
  結び終わったところにちょうど通りかかったお若いかたが思わず「かわいい!」と言ってくださったそうです。
  黄楊の木がこの大きさに育つには、かなりの年月が必要です。意図と見通しを持ってテディベアに仕立ててこられたこと、すてきですね。
  別の方向からの写真を、もう一枚掲載させていただきますね。
  写真担当は、ムーミンママでした。
  こうやっておことわりしなくても、いいセンスの写真は、ほとんどそうだとお思いになってください。
0006
  今日も、よい日となりますように。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

冬への備え

0003   ひるがの高原のサービスエリアからの風景は、こんなふうでした。

  冬が来ると、積雪量はかなりのものだと思います。
  飛騨高山の冬の暖房は、石油ストーブ、電気ごたつ、湯たんぽなどが多いと思います。薪、木材の廃材が入手できるかたは、そうしたストーブや暖炉を愛用しているようです。
 私の通った学校は小学校、中学校、高校とも薪ストーブだったと思います。全校生徒が薪を手渡しで運んで、木造校舎の地面から窓の下まで薪がならぶと、「さあ、これでいつでも冬よ、来い」という気分になったものでした。
0003_2
 それぞれの地方に、いろいろな冬の備えがあるでしょうね。
 赤カブや大根、白菜などを洗って、漬けものを漬けたり、大根を干して、沢庵漬けの準備をしたり ・・・ 備えあれば憂いなし ・・・
インフルエンザの予防接種なども、冬の備えの一つでしょうか。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

飛騨の味覚

Fullsizerender_6  秋の飛騨路を走って、ふるさと高山に行ってきました。紅葉の景色への進行中・・・なかなかに綺麗でした。

   母が元気に迎えてくれ、それが何よりの大きな喜びです。いつも、早朝、夜中など、時間を問わずに祈っていてくれます。
  身も心も新しい力を満たされて岐阜に戻ってくることが出来ました。
 キリスト教会の牧師である兄夫妻の育てたミニトマト、妹がどうぞ、と持たせてくれた野菜など、そして陣屋前の朝市で求めたお餅などが食卓を飾ってくれました。
 だんだんと、冬に向かっています。健康で、前向きにFullsizerender_5
寒い季節を迎えることが出来るように体調を整え、冬支度してまいりたいと思います。
  今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。
 

続きを読む "飛騨の味覚"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

人生に、寅さんを。 『男はつらいよ』 名言集

Scan_1021201592137318pm  人生に、寅さんを 『男はつらいよ』 名言集

 キネマ旬報社 
2008年10月15日 初版 第1刷 発行
 皆様、ご存じの 寅さん  48作 と特別編
 この本の 「人生に寅さんを」ということば・・・本当に、人生において、寅さんに出会えてよかったと思うことが、たびたびあります。
 この本があることを、図書館で初めて知りました。  借りて読むと ・・・とても読みやすいのです。寅さんのかっこよい写真と、そして、じーんと心に響いてくることばで、構成されています。
0001
 ああ、この人を
 幸せにしたいなぁと思う。
 この人のためだったら
 命なんかいらない、
 もう、俺  死んじゃってもいい、
 そう思う。
 それが愛ってもんじゃないかい ?
 第16作 「男はつらいよ
         葛飾立志編」
 うーん、もう、かないません。
 寅さんには ・・・・・
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

「つわぶきの絵柄」

   「あっ、その絵柄・・・」

0009
  ある集いに、ムーミンママの持参した袋を一目見たご婦人が驚かれました。
 「その絵柄、私の父が描いたものです。
  今度は、ムーミンママが驚きました。
 このつわぶきの絵柄の袋と聖書カバーは、ムーミンママの母親がお嫁入りするときにもたせてもらった帯をリフォームしたものです。帯地は黒繻子です。
  絵を描いてくださった方のお名前を、ムーミンママは、確かに母親から聞いたことがありました。 何十年もの時を経て、思いがけないときに思いがけない出会いをもたらしてくれたつわぶきの絵柄・・・ムーミンママにとって、さらに大切な宝物となりました。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

Windows 10 の誘惑

   今、あなたはが使っておられるパソコンの基本ソフトは、ウインドウズXP、ウインドウズ7、ウインドウズ8.1 、あるいは、マックX などでしょうか。

  ウインドウズ9というのはなくて、今年の7月、ウインドウズ10が発表され、今回は、ウインドウズ7、または8.1の入っているパソコンは、全部ではありませんが、無料でウインドウズ10にアップ・グレード出来ることになっています。 もう、ウインドウズ10の入ったパソコンをお使いになっているかたも、おありかも知れませんね。
 ウインドウズ7は、2020年・・・東京オリンピックの年までは、発売元のマイクロソフトがウイルスなどへの安全対策をサポートすることになっています。ですから、それまでは使い続けることが出来ます。
 でも、改良版として出てきたウインドウズ10に脚光が当たって、進んでいくことはまちがいありません。 ウインドウズ7で動いているパソコンの大部分は無料で10にアップ・グレードできる、と書きました、 何ということでしょう 私の使っているパソコンは10にアップ・グレードできません、とわざわざメーカーからお知らせが来ました。
 妙なものです。 10に出来ませんと通知が来るまでは、2020年まで、何とか7でいこうと思っていたのに、10にできませんと知らされた途端に、10にしたくなりました。
 誰も私に向かって、「あなたのパソコンは時代遅れの7ですか」などと言わないのに、やがてそう言われるようになるような気がしてきたのです。
 さあ、私は、どうしたらよいでしょうか。
 普通、パソコンは5年ほどが寿命と言われています。私が使っているのは2010年12月に購入したものですから、替え時といえば替え時です。摩耗部分があるハードディスクが、「5年で寿命」の根拠のようです。 ハードディスクを新品に取り替えれば寿命は延びそうですが、主流が10になっていくときに、この判断は難しいところです。
 せめてもの抵抗、私は、『できるWindows 10』という本を購入して、予習を始めました。
  どんな点が改善されたのかを知って、ウインドウズ10を使っている自分を思い浮かべて多少なりとも心がときめくようになったら、買い換えなどを検討しようと思います。  なんと、はかない抵抗でしょう。0004   あるパソコン雑誌では、「10にしないようにと言われたパソコンを10に出来ないかと挑戦してみました」という記事も掲載されています。 うーむ、そこまで挑戦できる私でしょうか。 しばらく悩んでみますね。
 今日も、よい日となりますように。 パソコンとそんなにつきあわなくても生きていけますし・・・ねっ (^0^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

大村 智 さんと 山崎光夫さんの対談から

 今年のノーベル賞受賞者の一人、大村 智さんは、とても裾野の広い大きな人格を備えたかたですね。受賞者に選ばれてすぐの談話が「私は、微生物のすることを見ていただけですから、私よりも、微生物に何かあげたいですね」 ・・・ なんとユーモアのあるかただろうと思いました。

 岐阜県図書館に、ノーベル賞受賞者の著作などを紹介するコーナーが設けられており、『週刊 東洋経済』2003年11月15日 特大号も展示されていました。当時、北里研究所理事・所長をしておられた大村智さんと作家の山崎光夫さんの特別対談が掲載されているのです。
0002
 今から⑿年前の対談ですが、そこには北里柴三郎さんの業績・人柄などが詳しく語り合われており、第1回のノーベル賞には、北里柴三郎博士こそ、ふさわしいかただったと熱く語られているのが印象に残りました。
 北里博士のことは詳しくは知らない私でしたが、剣道か、柔道の道に進もうとしていたとき、外国から来ていた師が、顕微鏡を覗かせてくれたのがきっかけで、剣道より面白そうだと、医学の道に邁進されたのだそうです。
 大村 智さんが研究した微生物の作る物質がもとになって開発された薬で失明せずに治った人、死なずに済んだ人は何億人とのこと。
 医学の尊さに改めて感じ入っています。
 今日も、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

秋の趣(おもむき)

0002   ムーミンママの友人が、秋の植物を届けてくださいました。おかげさまで、一気に秋の風趣が我が家を訪れてくれたように感じました。

ムーミンママも喜んで、写真のように飾ってみました。
 前方がツルウメモドキ、後方が不老柿だそうです。
 皆さんも、秋の趣をいろいろなところで心にとめておられることと思います。
 18日の日曜日、いくつかの校区で町内運動会が開催されていました。 秋晴れの空のもと、歓声が響いて、スポーツの秋の熱気があふれておりました。
 昭和33年10月18日に日本で初めてフラフープが発売されたので、「フラフープの日」だと、「笑点」で歌丸さんが話しておられました。
 私は、ホッピングはまあまあでしたけれど、フラフープは、私の周囲の重力が強いのか、速やかに地面に落ちてしまっていました。
 読書の秋 ・・・ 18日午後、魅力にあふれている岐阜市の中央図書館に行きました。 そうしましたら、広い駐車場が満車で、たくさんの車が順番待ちをしていたので、行き先を変更いたしました。 何かイヴェントがあったのかも知れませんが、読書の秋の印象に残る出来事です。
 いろいろな秋が展開していますが、日中と朝夕の気温の開きが随分大きい日があります。 既に初冠雪した高い山も、いくつかありますね。 どうぞ、お風邪などお召しになりませぬよう、おすごしください。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

筋 肉

0002   体重を減らすといっても、筋肉が減ってはいけないと気にしていましたら、図書館でいい本に出会いました。 NHKテレビテキスト『今日の健康』の2015年9月号に 「筋肉を鍛えて 転倒・寝たきり予防」が特集されていたのです。

 かいつまんで、私のためのメモをしてみました。
 加齢や生活習慣などの影響で、急速に 筋肉減少 (サルコペニア) しないように
 20歳をすぎると、何か運動をしていないと、1年に1%ずつ筋肉は減少。これは、一般的な老化。 維持には、一日に6000歩~8000歩は歩くこと。
 筋肉減少診断の着目点は、三つ
1.筋肉量  1平方メートルあたり 男性は 7.0キログラム未満 女性は5.7キログラム未満 にならないように  手すりにつかまらなくても階段を上れる
2.歩行速度 1秒間に80センチ以下の歩行速度にならないように
         青信号の間に横断歩道を渡りきれる
3.握力  男性は26キログラム未満 女性は18キログラム未満 にならないように
         ペットボトルのキャップを開けることが出来る
 食事・運動のことにもふれられています。皆様のほうが、詳しく学ばれ、実践しておられるかと思いますが、上記の本から、要注意のタイプの三つを引用させていただきました。画像の上でクリックしていただくと、すこし見やすい大きさになるかと思います。
 体重の数値だけでなく、幅広く目を向け、実践の質を大切にして励みたいと思います。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

長良川の鵜飼い  閉幕

0002_2   清流、長良川で、5月11日から開催されていた鵜飼い(うかい)が、10月15日、閉幕を迎えました。

 多分、今も引き継がれていると思うのですが、岐阜市では、小学5年生に遊覧船に乗っての鵜飼い見学を・・・ という企画がわたしの現職時代から始まっていました。  郷土の文化を体験すると、きっと大人になったときに、岐阜市を訪れる友人、客人に勧めたり、もう一回乗ってみようということになる、という考えもあるのだと思います。
 5年生を引率して、鵜飼いの遊覧船に乗ると、遊覧船のへさきの、さらにその先端に立ちたがる子どもたちが目立った年がありました。
 さて、どういうことでしょう。
 「?!」 と思われたかた ・・・ そして 「ふーん、そうか、」と原因に思い至ったかた がおありだと思います。
 そうです。あのヒットした映画の真似をしたがったということなのですね。 映画「タイタニック」  のワンシーン の影響だったのです。 そういうことを子どもたちはちゃんと見ているのですね。
 鵜飼いの閉幕の写真は、岐阜新聞10月16日(金)朝刊から引用させていただきました、
ありがとうございました。
 今日も、よい日となりますように。 
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。
※ 記事更新の手続きをうっかりして、更新が夜になってしまいました。元気でおりますので、ご安心ください。  すみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

蒔いた 種は 生える

Fullsizerender_5   10月10日(土)に大根の種を蒔きました。 綺麗に畝を作り、筋まで付けてくださったご近所の畑仕事のお師匠さんに感謝いたします。

 そして・・・10月15日(火) 発芽 です。
 蒔かぬ種は生えぬ
 ということは
 そうです。
 蒔いた種は 生える
Fullsizerender_6 10月14日(水)には顔を出していなかったとムーミンママは申しておりますので、15日が初のお目見えということで、間違いないようです。
 大切に育てていきたいと ・・・ というか、自力で育つ大根を見守っていきたいと思います。
 蒔いた種は生える
 人生、打席に入って、バットを振らなければ ドラマは 展開しない ということであるかも知れません。
 えっ、待てば海路の日和あり とか、果報は寝て待て と いう言葉も ある ・・・
うーむ、そうですね  おっと、せっかく前向きの思いになっていますので、誘惑しないでくださいまし。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

ペンタスの花

 

0004 昨日の写真では、ペンタスの花の形がよく分かりませんでしたので、もう少し接近して撮ってみました。もっと美しく撮ることが、花への礼儀だと思いますけれど、今回はこれで、花に辛抱してもらいたいと思います。

 
一つ、言えるかも知れないこと ・・・これで、ペンタスという花の名前を覚えることができたのではないかということです。
 秋の七草の名前は言えますが、秋の野に出て、この七つを自信を持って集めることは、難しそうですけれど。心がけたいと思います。
追伸  このブログを訪れてくれている友人、中学校の同窓生が、ピンクのペンタナスの写真を撮って送ってくれましたので紹介させていただきます。 うれしいです。ありがとう(^J^) 大きく写っているのが友人作、もう一つがムーミンパパ撮影です。Img_20151014_112109
 今日も、よい日となりますように。
0006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

秋の庭

0005   暖かい陽ざしを浴びながら庭を眺めていますと、バラの葉が目にとまりました。 やや得意げに「バラの葉が紅葉している!」と申しますと、ムーミンママは、「バラの葉は紅葉しません」と教えてくれました。

 短歌もどきに、その教えをまとめてみました。
 バラの葉は 赤みを帯びて 顔を出し やがて緑に 育つのですよ
 うーむ、のんびりしていると気がつかないものですね。 反省・・・
 それから、右の写真の花の名を教えてもらいました。0006
これで、何回目でしょう。同じ花の名を新鮮に聞くのは・・・
  ペンタス ・・・ 五角形をしているので、という説明でした。そういえば、「ペンタックス」という一眼レフカメラは、五角形のプリズム(でしたか)から、その名が付いたようでしたね。
 もう少し、花弁もよく分かるように撮れればよかったのですが、すみません。また挑戦してみますね。
 観察力・記憶力・撮影術など、まだまだですみません。 発展途上と前向きに思うようにいたしますけれど、いい加減に発展しなければとも思います。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

ふるさと 高山の秋祭り

0002   私のふるさと、飛騨高山の祭りは、日本三大美祭のひとつと言われています。春祭りと秋祭りがあります。天領だったことと飛騨の匠という名人たちがいたことなどから、屋台や行列など、美しく、見事なのですね。 人形からくりで、大きな人形の肩に乗った小坊主と申しますか、それが別の所に移ってクルクルクルと前方回転してみせる文字通りの「離れわざ」には大観衆から、拍手がおきます。 今年は晴天に恵まれ、22万人ほどの人出だったと報じられています。 夜には、写真の通り、提灯をともした屋台の曳き別れ・・・ 写真は10月9日に撮影され、10月10日の岐阜新聞朝刊に掲載されたものを引用させていただきました。 ありがとうございます。

 高山では、外国のかたへのアピール、そして語学研修の成果も上がっていて、多くの方が訪れてくださっているようです。
 こういう努力の実りは、すてきですね。
 秋 ・・・いろいろなところで、美しい光景が展開していますね。
 今日も、よい日となりますように。

続きを読む "ふるさと 高山の秋祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

関 百年記念公園の秋

0003   わたしの家は、岐阜市にありますが、関市との境に近いので、山あいの道を少し歩くと、すぐ関市です。

 その関市には、岐阜県立の百年記念公園という公園があります。
 博物館、そしてサイクリングコース、菖蒲園・・・ 元気に歩いてまわりますと、ごらんのように、ハナミズキの紅葉が迎えてくれました。
 さらに、「トリム広場」というのがあって、たくさんの遊具と申しますか、アスレチックの大きな設備がたくさん整えられていました。 楽しそうなのですが、大人はやってはいけない器具のようでした。
0006  うーむ、孫と一緒に来たら、どんなに楽しいことでしょう。
 NHKの朝のドラマの「あさ」は木登りが大好きのようですが、私の孫にも、木登りがすきな子が約1名、いるのです。
 健康的に秋を満喫 ・・・ 関市は、刀鍛冶のいる刃物の町 そして少し車を走らせると和紙で有名な美濃市が現在、和紙のアート・・・あんどんと申しますか、ランタンと申しますか、その作品コンクールを、灯りフェスタとして進行中です。
 育樹祭で、岐阜県を訪れた皇太子さまも、灯りフェスタ、そして先日ご紹介した岐阜県美術館を訪れてくださったと報道されておりました。
 もし、機会がありましたら、どうぞ、岐阜県の秋を訪れてください。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

キリストの香り

  Photo  金木犀の芳香が心地よいこのごろとなりました。岐阜大学のキャンパスにも、ところどころ、金木犀があります。

 聖書にこんな言葉があります。
  私たち(クリスチャン)は・・・・・・神の前にかぐわしいキリストのかおりなのです。 
[第Ⅱコリント 2章15節]
 うーむ、いつも「かぐわしいキリストのかおり」のような言葉を語り、すてきなおこないができればよいと願うのですが、実際には、私は大いに言行不一致で、深ーいあなを掘って身を隠したいほどです。
 クリスチャンの詩人、八木重吉さんは、こんな詩を書いています。
 ねがい
 どこを
 断ち切っても
 うつくしくあればいいなあ
 今現在の心の中のどこも  そして生きてきた 生きてゆく 人生の一瞬 一瞬 が すべて美しかったら どんなにうれしいことでしょう。  そうでないことを自覚すればするほど、ねがいは 強くなり、神さまにゆだね、神さまを信頼して生きる思いが増す ・・・ そうありたいという詩なのだと私は思っています。
 もうひとつ・・・星野富弘さんの詩画を引用させていただきます。
0002
 私を過ぎていった風が どうか、さわやか 清らか でありますように。
 今日も、よい日と なりますように。
 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。
 清らかになったら、洗礼を受けよう、という順番ではなく、人には出来ないことがお出来になり、私たちを「わたしの目には、あなたは高価で貴い。わたしはあなたを愛している」と聖書を通して語りかけてくださっている神さまに出会ってくださいますように。
 洗濯物は、汚れているからこそクリーニング屋さんに、そのまま渡すのです。聖なる神さまに、人間的な努力で綺麗になってからお会いしようとすると、いつまでもお目にかかることはできません。 どうぞ、安心してキリスト教会においでください。
                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

案山子 (かかし)

 みのりの秋 ・・・ウオーキングコースの一画に、この写真の光景がありました。

クラシックな案山子は、このほかにも五人いたでしょうか。胸を張って、しっかりと実った稲を守っておりました。
 ♪「やーまだの なーかの 一本足の かかし」 ・・・ おお、ちょうど、この田んぼは、関市の山田というところにあるのです。 歌詞とぴったりの情景でした。 あなたの周囲には、どんな 秋の光景が展開していますか。   ちょっと意識して歩いたのですが、10月8日は六千歩あまり、9日は七千五百歩ほどでした。 なかなか一万歩に達することができません。  まあ、焦らないことにいたしますね。
 今日もよい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。
Fullsizerender_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

健康 「BMI」 と 「体重」 のこと

 昨日のブログの末尾に「BMI」のことにふれました。皆様のほうが「BMI」についてよくご存じかと思いますが、私の学びのためにNHKのテレビテキスト 『きょうの健康』(2015年4月号)から引用・紹介させていただきます。

0001 クリックしていただくと画像が少し大きくなると思います。
 私の「BMI」の数値は、今まで、この表、理想的なBMIの圏外でした。(もちろん、上限を超えていたということです)
 それが、この表の数値に収まってきたので、喜んでいるわけです。
 付録ですが、今年の4月から、5年ごとに見直されている「日本人の食事設置基準」が改訂されたのだそうです。 日本人の食事の傾向をみると、エネルギーと食塩を摂取しすぎていて、逆に不足しているのが食物繊維とカリウムだそうです。 ← これは、全体の傾向ですので、すでに対応して、バランスと量的にも望ましいよい食事を続けておられるかたも、たくさんおられることでしょう。
 毎日のことですので、食事の積み重ねは、とても大きい成果になることと思います。せっかく積み重ねるなら、マイナス要因ではなく、プラスの要因を楽しみながら・・・ということを我が家は遅まきでしたが、実行してまいりたいと思っています。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

大きな 副産物 入院で学んだこと

  9月、胆管炎で1週間ほどの入院生活をすごしました。痛みの原因、胆石はなくなり、高熱も黄疸の症状も治まり、快復できたことは、何と言っても一番大きな収穫・成果です。本当に感謝しております。ありがとうございました。

 そしてもう一つ、大きな副産物がありました。それは、病院食を通して学ばせていただいたことです。ひとりひとりの体格と年齢、病状などを配慮したプロの方たちによる健康によい食事 ・・・ それが、1週間、バランスを取り合って、定刻に提供していただけるのです。
Photo
  保冷車というのは知っていましたが、このお盆の右側、果物のジュースなどは、ほどよく保冷、左側のお粥、味噌汁などは暖かいのです。一枚のお盆も左側は暖かく、右側は冷たい・・・ 驚きました。
 ムーミンママが、まず、そのことに気がつき、そして量について「これだけでいいの!」と目を見開きました。 入院中、病院食は、すべて完食、そして間食は一切しませんでした。
 決してひもじくはなく、点滴装置と一緒に廊下を散歩するくらいの運動で、あとはひたすら安静(読書しているような寝ているような)状態ですごしていたのです。
 運動でのカロリー消費は、それほどないのに、体重計の数字は、着実に減り続け、ここ数年、目にしたことのない数値を指すようになりました。
  退院の時、その体重計を連れて帰りたいと思ったほどです。看護師さんは「いいですよ・・・新しいのを代わりにおいていってくだされば」と、こともなげに言われました。 まったくもう・・・短期間に誰に似たのやら(^J^)
 でも、嬉しいことに、我が家の体重計も、その傾向を引き継いで、さらに嬉しい数値を提示し続けてくれています。  リバウンドしないように、現在の食生活を続けて、健康体を作り上げていきますね。
 もしも、ムーミンパパの体型から変わってしまいましたら・・・・・そのときは、ブログ名を変更させていただきます。  「スナフキンの毎日ブログ」とか何とか・・・あまり急な変化はよくないので、ゆっくりと着実にまいります。 BMIという数字が、許容範囲に入ってきたのが励みです。
 さて、今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

ブドウ・・・ 果粉 まど・みちおさん

 あるブドウ販売店に、今年のブドウの収穫期の終わりを告げるあいさつが貼られていました。このお店は、一房ごとにグラム数に応じた値段が示されていて、一粒一粒が美味しく、何回かお世話になっています。

0007 どこか、生産者魂と申しますか、矜持と申しますか、そういう気構えが感じられて惹かれるお店なのです。
 ブドウと申しますと、テレビで、ブドウ狩りが放送され、収穫の時、指の跡がくっきりとついた場面がありました。そのとき、「果粉」(かふん)という言葉を初めて知りました。「果粉」が付いているので、指の跡がつくのだとのことでした。
 三題噺のようですが、本日の本命です。
詩人のまど・みちおさんは、生前公開しなかったけれど、心の心象風景と申しますか、絵を描いておられたそうです。NHKの日曜美術館で、まどさんの絵と詩について、谷川俊太郎さんは、絵を、氷山の海水に沈んで見えない部分、海面上に顔を出している部分が詩だったのではないかと解説されたとのこと。
  ブログの再開のお祝いに、敬愛する友人が、その詩も含めて番組のことを知らせてくれました。
  その詩を皆様と分かち合わせていただきますね。
        「詩」 ブドウのつゆ  まど・みちお

   私の中に おちてくる
   ブドウのつゆの
   この一しずくの あまずっぱさが
   こんなにはるかな 光の尾をひくのは
   そのはじめ
   かみさまの 心の中に
   生まれでた思いだからなのか
   そして私にたどりつくまでの
   なんおく年間
   そんなにまぶしい銀河の中を
   めぐりめぐって いたからなのか
 
   クモの糸よりも ほそい
   一すじの せせらぎとして
   ブドウのつゆの
   この一しずくの あまずっぱさが
   こんなにはるかな 光の尾をひいて
   星がおちるように
   私の中に きえていくのは
 改めて、すばらしい詩人だったと感じ入っています。
 今日も、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

水琴窟

  柄杓(ひしゃく)で水を汲み、それをしたたらすと・・・ おお、何とも優しく、かそけき音が耳を遠慮がちに訪れてくれます。  「水琴窟」 ・・・ずいぶん大人になってからこの言葉と、その音の魅力を知ったように思います。

0004   写真は、中山道太田宿で出会った水琴窟です。
  ちょうど、お庭を手入れしていたかたが、植物・・・ホトトギスや、秋マンサク、ミズヒキ、中国では不老不死の木と呼ばれる「ウヤク」などを 教えてくださいました。
 18日のお祭りでは、六人の姫君のお姿も見られるのだそうです。  
 駐車場や、こうした旧跡が無料開放されていることも嬉しく思いました。
  よろしければ、どうぞ。行楽の秋でもありますね。
 今日も、よい日となりますように。
0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

詩 心

Photo   美術館で、詩心を、かき立てていただいたためか、しばらくぶりのウオーキング中に、夕映えの雲を見ていて、短歌が生まれました。 肉眼で見るのと写真とのギャップはあるのですが、CG(コンピュータ・グラフィック)でも創り出せないと言われるマジック・アワーのことですので、ご自分に見える夕空でイメージしていただければ、幸いです。

 夕映えに輝く雲の彼方より
  少年我れの トランペット 鳴る
  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

芸術の秋 岐阜県美術館 「アートまるケット」 日比野克彦 館長

0001   芸術の秋・・・ 岐阜県美術館では、 「アートまるケット」日比野克彦ディレクション 「花は色の棲家(すみか)」という企画が実施されています。

 岐阜県美術館の庭に、ごらんのような一画が、日比野克彦館長がディレクターとなって、多くの人が参加しての企画です。
 植えられている庭木と、岐阜県産の木材を組み立てて創られた大きな美術作品といってよろしいでしょうか。
 ダイナミックさと繊細さとを、感じながら見てまわりました。
0005
 自然の花 、そして和紙を用いてのクラフトの花 ・・・ 見応え、見て歩き応えがあります。
 日比野館長の手書きの言葉がいくつも掲げられています。
 その言葉が、また味わい深いのです。
0008
0007
 「左目と右目で色を見比べてみよう」
 「花は 花の種を 育てている」
 
 「美とは 何だろう」
「誰にも 見られることのない 花も ある」
 などなど。
 機会を作れるかたは どうぞ。
 うーむ 芸術の秋ですね。
 ↑
 私には、こう口に出しているだけで、その気になるところがあります。 
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。
 そうそう、今日は、10月4日生まれで、ご自分でこの日を 10 4 テン し ・・・天使の日と呼んでおられる 日野原重明医師の104歳の誕生日です。 おめでとうございます。 心からお祝い申し上げます。

続きを読む "芸術の秋 岐阜県美術館 「アートまるケット」 日比野克彦 館長"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

『The Love 世界で一番 たいせつなあなたへ』 マザー・テレサからの贈り物

0002 『The Love 世界で一番 

たいせつなあなたへ』 
ーマザーテレサからの贈り物ー
文 片柳弘史  絵 RIE
PHP研究所  2015年3月15日
第1版第1刷 発行
 片桐弘史さんは、マザーテレサのもとで、活動しました。 そして、マザー・テレサから「数か月のボランティアも美しいことだけれど、もっと美しい人生があなたを待っています。それは、神さまに自分の一生を捧げることです」と神父になることをすすめられて、そして神父になった方です。現在山口県宇部市神父・幼稚園長補佐・刑務所の教誨師として働いておられるそうです。
 この本の結びに、片柳さんは次のように書いておられます。
 ◇  □  ○  ☆  ※
 ・・・外見を磨くことばかりがもてはやされるいまだからこそ、内側から輝き出す美しさを大切にしたいと思います。
 
 心が愛で満たされ、言葉、表情、仕草から喜びがあふれ出している人こそ、本当に輝いている人。その人の美しさは、年齢によって失われることのない美しさ、むしろ歳を重ねれば重ねるほど磨きがかかる美しさです。
 わたしたちの心を励まし、燃え上がらせてくれるマザーの言葉を手に、美しい人生へと旅立ちましょう。
   ◇   □   ○   ☆     ※
  読みやすい文章と、あたたかい絵です。
 マザー・テレサのことばがたくさん記されています。その一つをご紹介いたします。
 わたしは 神さまの手の中の小さな鉛筆。 神さまが考え、神さまが描くのです。
 よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。
 

続きを読む "『The Love 世界で一番 たいせつなあなたへ』 マザー・テレサからの贈り物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

『品格のつくられかた』

0004 『品格のつくられかた』 ー日本人が大切にしてきた「モラル」の伝承ー

新井えり  著
グラフ社 
平成20年7月7日 第1版 第1刷 発行
 装幀からも感じられるように、しぶい内容の本です。でも分かりやすく、丁寧な文体で、魅力があります。
 読んでよかったと思った章の一つ 人口過密には「江戸しぐさ」 について書かせていただきます。
  ◇  □  ○  ☆  ※
 江戸町人のマナーとエチケット、「江戸しぐざ」も、人口の密集した江戸という土地柄、洗練されて、磨き抜かれた「礼儀作法」と言えましょう。
  道ですれ違うとき、互いに肩を引き合って接触を避ける「肩引き」や、雨のしずくがかからないように、傘をかしげる「傘かしげ」といった身のこなしが定着したのも、江戸の通りが狭く、人の往来が頻繁だったからにちがいありません。
(中略)数々の著書で「江戸しぐさ」を紹介なさっている越川禮子さんによれば、大名行列を横切って許される唯一の例外は、□□□□だけだった。
 ・・・気持ちのよいご近所付き合いのコツは、必要な一言と余計な一言を心得ていること。 出かけてゆく人には、行き先は問わない、 「おでかけ?」すぐあとに「お気をつけて」と会釈。 「お痩せになった」「お元気そう」など見て分かることは言わない。やたらに人を紹介しない。行動の伴わない言葉は口にしない。「おいくつですか?」と年齢を聞くこともなかったし、長々と尾ひれのついた「うわさ話」も避けた。江戸の人々は、すでにプライバシーを心得ていたのです。 (以下略)
  ◇   □   ○   ☆   ※    ☆    ○   □   ◇
 私にとって、「江戸しぐさ」という言葉は新鮮でした。 こうしたことがたくさんつまったこの本、よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい人なりますように。
 そうそう、お時間のあるときに、上記の、□□□□にどんな言葉が書かれているか、お考えください。 大名行列を横切って許される例外とは何でしょうか。
 答えは、続きを読むをクリックしてください。 □の数は、答えの文字数とは無関係です。
 

続きを読む "『品格のつくられかた』"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

秋もはや 熱き紅茶と ビスケット

 10月のスタート、「ムーミンパパのシルエット」も今日からあらたな出発をいたします。どうぞ、よろしくお願いいたします。 体調は、おかげさまで快調です。ありがとうございました。

 今日のタイトルは、国語の教科書に載っていた短編 「胡桃割り ある少年に」 永井龍男 の 作品中の俳句です。 

秋もはや 熱き紅茶と  ビスケット 
Fullsizerender_1  日中は、気温が高くなりますが、朝夕は肌寒い時間帯もありますね。この俳句とよく雰囲気の通う季節になってきたように思います。
  紅茶と手作りケーキのおいしいカフェで、元気になった記念のティタイムをすごしてきました。
  紅茶とは、こんなにも豊かな色と味わいを備えているものだったのか と、嬉しい驚きを覚えました。
 ポットを包んでいるのは、オーナーのお母さんの手編みだそうです。
 静かな中、ゆったりとした時間が流れていきました。
 めりはりのある生活を建て上げて、健康を維持・増進していきたいと思っています。
  皆様も、どうぞ、お風邪などお召しにならないで、おすこやかでお歩みくださいますように。
 よき日、よき10月となりますように。
Fullsizerender
 
Fullsizerender_3
Fullsizerender_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »