« 『湖底の城』 ー呉越春秋ー 第6巻 宮城谷昌光 | トップページ | 来年の予定手帳 »

2015年11月23日 (月)

『人間の分際(ぶんざい)』 曾野綾子

0006 『人間の分際(ぶんざい)』

曾野綾子 著
幻冬舎新書 2015年7月30日 第1刷発行
         2015年9月28日 第9刷発行
 発行されてから短い間にたくさんの方が購入されている本なのですね。
 曾野綾子さんは、比較的若いときから、『戒老録』を書かれるなど、人生を冷静に見つめて思索をめぐらしてきた作家だと思います。
 色紙にサインを求められると、ある時期は「あとは野となれ山となれ」と好んで書いておられた、ある意味、気っぷのよい方でもあります。
 この本につけられた帯の別面も画像で添えて、内容の紹介に代えます。
 いえ、省エネ、手抜きをと考えているわけではありませぬ。(多分)(^_^;
 よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。
0004

|

« 『湖底の城』 ー呉越春秋ー 第6巻 宮城谷昌光 | トップページ | 来年の予定手帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『人間の分際(ぶんざい)』 曾野綾子:

« 『湖底の城』 ー呉越春秋ー 第6巻 宮城谷昌光 | トップページ | 来年の予定手帳 »