« 『人間の分際(ぶんざい)』 曾野綾子 | トップページ | 富有柿 »

2015年11月24日 (火)

来年の予定手帳

 来年の予定手帳を準備しようと、本屋さん、そして若い人たちに人気の文具のコーナーに足を運びました。 「これがいい!」と決めるまでに結構時間がかかりました。

 3年ダイアリーとか5年ダイアリー、10年ダイアリーと、複数年活用できるものがあって、どうしようかと迷い ・・・ よく考えてみるとあと何年分があるといいのか、肝心のことが分かっていないので、単年のものということにしました。
 ここまでは早かったのですが、1週間のスタートが月曜始まりのものが多く、なかなか日曜始まりで手頃なものがないのです。
 千円を越えるものは、もったいないし・・・ デザインは、ムーミン谷の住人のものもあったのですが、結局、3百円台という値段が気に入って、この写真のものにしました。
0001
 俳句を読む友人に 「慶事より まず埋まりゆく 予定表 」  という句があったのを思い出しました。(「予定表」のところは、我が手帳、あるいはカレンダーなどだったかも・・・うろ覚えで書いてしまってすみません。) 
   ↑
 ※ 作者ご本人から、コメントをいただきました。下記のように訂正させていただきます。
     慶事より白埋まりゆく新手帳

 「新手帳」が新年の季語だとのこと。 ありがとうございます。やはり、原作はぴしっと決まっていますね。
 家族の誕生日、そして叱られないように結婚記念日などなど ・・・ ぱっと出てこない日も ← それは、内緒です。家庭の平和を守るために・・・。
 あなたさまも、すてきな予定を書き込むことが出来ますように。
 今日も、よい日となりますように。
 おお、そういえば、今日は妹の一人の誕生日。おめでとうございます。保育士時代からの絵本や童話の世界への親しみをさらに深め、そして登山できる体力を維持しているのは、すばらしいね。 

|

« 『人間の分際(ぶんざい)』 曾野綾子 | トップページ | 富有柿 »

コメント

えーっと、・・・その俳句は、私の作かもしれません。自信がなく、ノートを見たのですが無く・・・先日、これまでの俳句をパソコンに入れたことを思い出し、それも見たのですが無く・・・じゃあ、どこに自分の作という根拠がと言われましてもなんですが・・・。
多分、こんな俳句です
慶事より白埋まりゆく新手帳
新手帳が新年の季語です。
季語を思い出しただけで良しということにしていただければ幸いです。

※ ムーミンパパより

 原作者よりのコメント、ありがとうございます。うろ覚えでの引用、お許しくださいまし。 本文に、反映させていただきますね。  気温の低い日が続き、そして師走となりそうです。どうぞ、皆様、お健やかでお歩みください。

投稿: yokotabi | 2015年11月26日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年の予定手帳:

« 『人間の分際(ぶんざい)』 曾野綾子 | トップページ | 富有柿 »