« ワンダフル カウンセラー | トップページ | アントワーヌ・レリスさん »

2015年12月14日 (月)

ペーパークラフト

  私の家の近くの芥見キリスト教会でマレーネさんというドイツ人宣教師さんが開催して、毎月1回開かれている「55プラス」という集いがあります。その会は、どなたもくつろげる雰囲気が好評で、多くの方が会話とティータイムを楽しんでおられます。 若いかたを遠ざけているわけではありませんが、会の名前、「55プラス」は「おおむね55歳以上の方は特にどうぞ」ということのようです。

 先日、ペーパークラフトの時間が設けられ、マレーネさんがドイツから取り寄せられた薬包紙風の青い紙を使って、すてきな飾りの作り方を教えてくださいました。

 ムーミンママは、それが気に入って、家でも作ってみようと考えました。ただし、材料の紙が特別なので、どうしようかと思っていますと・・・ その目に映ったのが、ドイツ出身のお菓子、「クリスマスシュトーレン」をくるんである白い紙・・・あっ、これだ、と作った作品と、青い紙のものを並べて飾ってみたのが、この写真です。

0013

 透けた光の模様が、いい感じですね。

 教えてくださったマレーネさんとシュトーレンの包装紙が、ドイツつながりで結びついたのも、何だか不思議です。

 マレーネさん、そして今年も高山のトランブルー製のシュトーレンをプレゼントしてくれた妹に感謝いたします。 ありがとうございます。

 いよいよクリスマスが近づいてきます。

 今日も、よい日となりますように。

|

« ワンダフル カウンセラー | トップページ | アントワーヌ・レリスさん »

コメント

懐かしいマレーネさんの登場におどろきました、笠松教会におられたとき保育園にドイツの留学生さんのお世話になりました。
  美しい飾り物を見ながら懐かしさがこみあげてきました。実は昨日から次週教会へ行くことがとてもワクワクしていたところでしたが、一層おしゃべりの華が咲きそう・・・。

※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとうございます。
 おお、マレーネさんと出会っておられたのですね。気さくで、すてきなかただと思います。 今度の日曜日はクリスマス礼拝、そして祝会も計画されています。大いに盛り上がりましょう (^J^)

投稿: 夢希 | 2015年12月14日 (月) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペーパークラフト:

« ワンダフル カウンセラー | トップページ | アントワーヌ・レリスさん »