« 『 劉 邦 』 上~下巻 宮城谷昌光 | トップページ | 「靴屋のマルチン」の劇 と ある牧師さんの涙 »

2015年12月10日 (木)

♪ 「きよし この夜」 の  エピソード

Photo  クリスマスの讃美歌のなかで、一番親しまれているのが、「きよし この夜」 ・・・ エピソードによると、この曲が誕生したきっかけは、1818年、オーストリアの聖ニコラ教会堂のパイプオルガンがネズミにかじられて音が出なくなったことだったとか。

 有名な話ですので、簡単に ・・・
 この教会のオルガニスト フランツ・グルーバーが、オルガンが鳴らなくなっているのに気がつき、ヨゼフ・モール神父に相談。
 ヨゼフ・モール神父が、2年ほど前からあたためていた自作の詩にメロディとギター伴奏を付けるようにとグルーバーに提案。
 こうして、生まれた♪「きよし この夜」は紆余曲折の後に、多くの人に歌われるようになり、写真のステンドグラスが記念会堂に飾られるほどになったとのこと。
 あの「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルとなったトラップ一家がアメリカ公演でレパートリーに入れていたことから、世界に広まったそうです。
  ネズミにオルガンがかじられたことから生まれた名曲 ・・・ あまり詮索しないで、エピソードと、この名曲を楽しむのが、ムーミンパパは好きです。
 今日も、よい日となりますように。

|

« 『 劉 邦 』 上~下巻 宮城谷昌光 | トップページ | 「靴屋のマルチン」の劇 と ある牧師さんの涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪ 「きよし この夜」 の  エピソード:

« 『 劉 邦 』 上~下巻 宮城谷昌光 | トップページ | 「靴屋のマルチン」の劇 と ある牧師さんの涙 »