« 『クリスマスイヴの木』 デリア・ハディ 文  エミリー・サットン 絵 | トップページ | クリスマス »

2015年12月19日 (土)

「体は宇宙」 武田双雲さんの書

Photo


 NHKテレビテキスト『きょうの健康』」11月号は、特集が「正しく理解 高血圧」、第2特集は「うつ病を知ろう」です。巻頭に、武田双雲さんの「元気になる書」8回目が掲載されています。 

 双雲さんは、幼い頃に天文台に連れて行ってもらって以来、宇宙のことが大好きだそうです。 そして宇宙の誕生、ビッグバンに関心を抱き、自分の体、さらにミクロの世界にも関心が向いたそうです。

 双雲さんのエッセイによると、人間の体は約60兆個の細胞でできていて、自分の体としっかりと対話してリズムを合わせていくと、まるで上質なオーケストラのように心地よいハーモニーが生まれるそうです。

 双雲さんは、この調和音楽作品のタイトルを「健康」とし、脳を指揮者だとすると、健康という作品を体と呼吸を合わせながら気持ちよく奏でていけたら素晴らしい毎日を送れることでしょう、と述べておられます。

 体に、不協和音を鳴らす部分が出てくることを病気ということになるでしょうが、それを目立たなくする全体のバランス機能も体という宇宙には備わっているように思われます。

 この11月号には、ため息を遠慮がちにではなく大きくつくと心も晴れるという文章ものっています。 そういえば、長く深い息は、長生きに通ずるような気がしてきました。

 ラジオ体操の結びの深呼吸も、気持ちがいいですね。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日。アドヴェントリースのろうそくも四本点火されます。どうぞ、キリスト教会のクリスマス礼拝にお出かけください。

|

« 『クリスマスイヴの木』 デリア・ハディ 文  エミリー・サットン 絵 | トップページ | クリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「体は宇宙」 武田双雲さんの書:

« 『クリスマスイヴの木』 デリア・ハディ 文  エミリー・サットン 絵 | トップページ | クリスマス »