« 大学のランチ | トップページ | 星は光り続ける 雲にさえぎられることは あれど »

2015年12月 6日 (日)

『波』 新潮社の月刊誌

0002 『波』 2015年12月号

新潮社 月刊誌
  いろいろな方の随筆などの連載、そして新刊図書の紹介など、冊子と呼ぶには控えめすぎるような『波』・・・とても充実していて、書店によると手にとってます。特に、しばらく前に、ある方の文章が連載されているのに気がついてからは、忘れずに毎月いただいてくるようになりました。
 ジャーン そのおめあての文章の題は「父と母の娘」、書き手は・・・末盛千枝子さんです。えっ、早く教えてくれれば私も毎月、集めるようにしたのに、とムーミン谷のほうを恨めしそうににらみそうな気配のあなた ・・・ 大丈夫ですよ。後書きに「編集室だより」にこう書かれています。
 末盛千枝子さん『父と母の娘』は今月で連載を終了して来春、単行本として刊行の予定です。ご愛読いただき、有り難うございました。
 ということですので、今から楽しみにしております。 内容については、書店で、『波』を手にお取りくださいまし。  末盛さんならではの内容と筆遣いにムーミンパパとママは息を呑みながら読み進めさせていただきました。
 12月号の表紙・・・編集室だよりに表紙の説明が次のように書かれています。 ・・・ 今月の表紙の筆跡は池澤夏樹さんです。・・・イスファーハーンとはかつてイランの都市として栄えた都市で、その美しさは真珠にも喩(たと)えられました。 写真は池澤さんから、街の中心にある17世紀の名建築アリカプ宮殿の壁画を提供いただきました。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝、そしてクリスマス関係のご案内に応えてお出かけくださればうれしいです。

|

« 大学のランチ | トップページ | 星は光り続ける 雲にさえぎられることは あれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『波』 新潮社の月刊誌:

« 大学のランチ | トップページ | 星は光り続ける 雲にさえぎられることは あれど »