« 人が歩けば 友と臘梅と柚子にあたる | トップページ | 『覚悟を決める心』 山本昌 »

2016年1月11日 (月)

美しい環境は感性・知性を陶冶(とうや)する

  ムーミンママは、整理整頓が大好きです。家の中を「さあ、整理しよう」とムーミンママが目に力を込めて眺め始めるとき、私、ムーミンパパは身を縮めています。← 整理の対象にならないように・・・見逃してもらえるように と。 いえいえ、これはジョークです。(多分)
 こんなテーマのクロワッサンを借りてきましたら、「こういうテーマ、大好き!」とムーミンママは申しました。
0003
 
 こういう本や、テレビの特集などに接していて、いつ、どこからと言えないのですが、こんな言葉が印象に残っているそうです。
◇ 一日に30分ほど、すっきりした部屋の中ですっきりした机に向かっていると頭の状態 も、心もすっきりする    ごちゃごちゃしていると逆のことが助長されるということでもあります。
 聞いて、思い出したことがあります。著書『国家の品格』がベストセラーになった数学者、藤原正彦さん・・・お父さんは「八甲田山」などを書いた新田次郎さん・・・その藤原正彦さんが、ある本で書いておられたことを。
 インドの生んだ世界的数学者三人の故郷を訪ね、美しい環境が彼らの数学的感性、知性をはぐくむ土壌となったと書いておられるのです。藤原さんの持論は、一輪の花を美しいと感ずる心が数学の原点・・・  すてきな言葉ですね。
 さて、お話を戻します。
 上のようなわけでありますから、私も、身を縮めているというところから殻を破りまして、すっきり環境の創造に加わりたいと思います。
 以前、久しぶりに帰省した次男が、混雑していた私の部屋がすっきりしているのを見て「あの部屋が窓辺に花が飾られるようになるなんて、奇跡的!」と感嘆したことがあります。  ムーミンパパも、頑張ります。← と申しましても、ムーミンママの足を引っ張らないように心がけること が、ムーミンパパにできる最大の働きかもしれません。
 今日も、よい日となりますように。

|

« 人が歩けば 友と臘梅と柚子にあたる | トップページ | 『覚悟を決める心』 山本昌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい環境は感性・知性を陶冶(とうや)する:

« 人が歩けば 友と臘梅と柚子にあたる | トップページ | 『覚悟を決める心』 山本昌 »