« 元気になる書  「遊ぼう」 | トップページ | 冬あやめ »

2016年1月 8日 (金)

年齢は足し算 内面もそうあれば・・・

 年賀状をしたためながら、こんなことを思いました。 年齢は、足し算だけ・・・そうであれば、知性や人間性、心意気なども加算するいっぽうであれば、いいのにと。

  上記のようなことを年末から年頭にかけて思いました。年々体力が減じていくことについては納得するものの・・・。 年齢が増すにつれて、目減りしないでますます積み重ねられ練り上げられていくものが自分の内面のどこかにあるべきだ、あってほしい・・・ と。

  と、ここまで、ちょっと力んで書いてみました。  星野富弘さんの詩画を思い浮かべました。

  0002
 そうだ、今まで重ねてきた年齢は年齢として、今日という一瞬の中を生きていこうと思いました。

  今日も、よい日となりますように。

  今日は私の兄の誕生日です。 おめでとうございます。

  

|

« 元気になる書  「遊ぼう」 | トップページ | 冬あやめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年齢は足し算 内面もそうあれば・・・:

« 元気になる書  「遊ぼう」 | トップページ | 冬あやめ »