« SHIHORIさん提案 おせちの盛り付け  | トップページ | 年齢は足し算 内面もそうあれば・・・ »

2016年1月 7日 (木)

元気になる書  「遊ぼう」

0002  「遊ぼう」 ・・・ 武田双雲さんの元気になる書 第9回 NHKテレビテキスト『きょうの健康』2015年12月号から引用させていただきました。
 エッセイが別のページにありまして、およそ、こんなことを書いておられます。
 ◇   □   ○  ※    ☆
 やるべきことをしっかりとやらなければならない。それはもちろんわかるのですが、「やるべきことを減らす」ことが大事だと思うのです。 ・・・ 講演を依頼されたとき、20代の頃は、当日現場について講演会が終わったらすぐにとんぼ返りというような感じだったのですが、あるときに思いました。「せっかく行ったことのない土地、会ったことのない人々と接する機会なのだからもっと堪能したいと。
  講演前日の午前にその土地に着いて、レンタカーで名所をまわったり、郷土料理や温泉などをたっぷり楽しんでから次の日の講演に臨み、その土地の素晴らしさを織り込んでお話ししたら、こちらのエネルギーは高く、本気で伝えられるからお客さんにもガツンと伝わりました。
  お互い一度きりの人生、ドキドキワクワクしていきましょう。
           ◇   □   ○  ※    ☆
  うーむ、インドの詩人 タゴールの詩の一節を思い浮かべました。
  張り詰めすぎた弦は、美しき音を奏でること、能わず(あたわず)。
 もちろん緩みすぎても 美しい音色で演奏することはできませんので、弦の張り方は微妙ですね。
 今日という日が、美しき音色を奏でることのできる日となりますように。

|

« SHIHORIさん提案 おせちの盛り付け  | トップページ | 年齢は足し算 内面もそうあれば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気になる書  「遊ぼう」:

« SHIHORIさん提案 おせちの盛り付け  | トップページ | 年齢は足し算 内面もそうあれば・・・ »