« 『消えた剛速球』 与田 剛 | トップページ | 若者の憧れとなる在り方 »

2016年1月14日 (木)

紙芝居 「金色夜叉」

0001  先日、図書館で「金色夜叉」の紙芝居を見かけ、借りてきました。 まだ新しく、ケースに「はじめてみよう 老人ケアに 紙芝居」とあります。
 ♪「熱海の 海岸 散歩する 貫一 お宮の 二人連れ」という歌詞は知っていますが、尾崎紅葉の原作には、この場面は1月17日のこととあるのだそうです。
 おお、それならば、と近々予定されている介護予防教室のプログラムに取り入れてみようと考えました。
 幸い、メンバーは顔なじみのかたが多く、気さくなかたが多いので、貫一やお宮の役をお願いしたら、快く引き受けてくださりそうです。
 と、ここまで、書いておき、1月12日に、それを実行に移しました。
 お宮の役を受けていただいた方が、貫一役に自治会長さんを選んでくださり、すばらしい好演に会場は明るく、盛り上がりました。
 こういう参加型の時間を多めに設けていくことをこれからも大切にしたいと思います。
 以前、勤務した小学校の校区での会でしたので、気心がわかり合っていたので、出来たことでもありますけれど、温かくお力添えいただいて、たいへん嬉しいひとときとなりました。
 さて、1月14日は、あのシュバイツアー博士、そして51歳で天に召された私の父の誕生日にあたります。 私にとりましては、心を静めて、いろいろなことを思う日です。
 今日も、よい日となりますように。

|

« 『消えた剛速球』 与田 剛 | トップページ | 若者の憧れとなる在り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙芝居 「金色夜叉」:

« 『消えた剛速球』 与田 剛 | トップページ | 若者の憧れとなる在り方 »