« ゴム手袋で マットの手入れ | トップページ | ♪「早春賦」 「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降るまちを」 »

2016年2月 3日 (水)

節 分

Photo  節分 ・・・ 季節の分かれ目 ですね。 冬のことを春隣(はるどなり)というなど、目からも、語感の面からも、先人のすてきなセンスが伝わってくるように思います。

 
 山眠る 冬から 山笑う 春へ 始動する日 と申しますか・・・けれど、 はぐくむこと 春のごとし といわれる春は、きっと目に見えない地中において すでに始まっているのでしょうね。
  地中に広く、深く根を張ってこそ、地上に葉を茂らせ、枝を張る大樹が育ちます。
  私もまず、自分の内面に大きな分母を育て、かさばりすぎない分子を表面に咲かせる、安定感のある真分数のような歩みを築く春とできたら、と願っています。
 今日は、これからの人生で、一番若い日、そして一番成熟している日・・・いつスタートしても遅すぎるということはありませぬ(^J^)
 今日も、よい日となりますように。

|

« ゴム手袋で マットの手入れ | トップページ | ♪「早春賦」 「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降るまちを」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節 分:

« ゴム手袋で マットの手入れ | トップページ | ♪「早春賦」 「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降るまちを」 »